渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
渋谷駅地区駅街区開発計画の完成イメージパース[出典:JR東日本プレスリリース]

 昨日、東京急行電鉄(東急)、東日本旅客鉄道(JR東)、東京地下鉄(東京メトロ)の3社から、8月より渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の工事に本格着手するとプレスリリースがありました。

 この「渋谷駅街区開発計画」は2013年6月17日に東京都より都市再生特別措置法に基づく都市再生特別地区の都市計画決定がなされ、着工に向けて準備が進められていましたが、来月の8月から本格着手となります。

▼JRに東日本:プレスリリース(2014年7月17日)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の工事着手について [PDF/952KB]

渋谷駅地区駅街区開発計画
 「渋谷ヒカリエ」から見た約1ヶ月前の渋谷駅です。このように東横線の旧渋谷駅ホームや東急百貨店東横店の解体工事が進められています。この渋谷駅の上などが「渋谷駅街区開発計画」で、手前が東棟、JR渋谷駅の上が中央棟、駅を超えたところが西棟といったように、3棟のビルが建設されます。今回、着工するのは東棟です。

渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
 「渋谷駅街区開発計画 東棟」の建設地です。この場所に地上46階、高さ228.30mのオフィスフロアと商業施設フロアなどからなる渋谷では最も高い超高層ビルが建設されます。2019年度の竣工予定で2020年の東京オリンピック時には完成しています。また、挟の中央棟、西棟の竣工は2027年度の予定でまだまだ先の話しです。

東急百貨店東横店解体工事
 「東急百貨店東横店」の解体工事です。この建物の中には東京メトロ銀座線の渋谷駅がありますが…

銀座線移設工事
 東京メトロ銀座線の渋谷駅は渋谷ヒカリエ側に約130mほど移設されます。営業しながらの移設となるので完成は2021年度予定とかなりの期間を有します。

渋谷駅地区駅街区開発計画 東棟
 歩道橋から見た「渋谷駅街区開発計画 東棟」の建設地です。今はバス停があったりもしますが、どんな手順で工事が進んで行くんでしょうね?また近いうちに見に行ってこようと思っています。

■渋谷駅地区駅街区開発計画の物件概要■
名称:渋谷駅地区駅街区開発計画
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地・24番地、渋谷道玄坂一丁目1番地、渋谷区道玄坂二丁目1番地 他
用途:物販店舗、飲食店舗、事務所、駅施設、駐車場等
階数:地上46階、地下7階
高さ:228.30m
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,192.10
延床面積:268,368.69屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2028年3月末竣工予定(東棟は2019年度竣工予定)


 本当は昨日、東京都より発表された品川・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014案についてのブログ記事を書きたかったのですが、PDFを読む時間がなかったので明日からの連休中に資料を確認して書こうと思います。

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ