ホテルオークラ東京の空撮
 「ホテルオークラ東京」が地上38階、高さ195mの複合ビルへの建て替えるというニュースが入って来ました。日本経済新聞などの記事によると、このT字型の「ホテルオークラ東京」の本館を2015年8月をめどに営業を休止し、地上38階、高さ200mでホテルとオフィスとなる複合棟と、地上13階、高さ80mのビルの2棟へ建て替える計画とのことです。総事業費は約1000億円で2019年春の営業を再開を目指します。
 地上38階の複合棟は4階〜21階までがオフィスフロア、22階以上が客室となります。また、高さ80mのビルの方はホテル専用となり、両棟合わせた客室数は約550室となります。2020年の東京五輪に間に合うよう色々なところで再開発が進みそうですね。

▼日本経済新聞(2014/05/23)
ホテルオークラ、五輪にらみ建て替え 1000億円投資

ホテルオークラ東京方面の空撮
 「ホテルオークラ東京」がある場所は周辺にはこのように超高層ビルやタワーマンションが建ち並び、せっかくの好立地の場所でも眺望とかはあまりなさそうでもったいないと思っていましたが、高さ200mへ建て替えとなれば眺望も凄そうですね。ただ隣の白いタワーマンション「虎ノ門タワーズ レジデンス」(地上41階、最高高さ153.47m)の前にある空き地では、森トラストによる「(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト」(昔の記事では高さ約180m)があり、「ホテルオークラ東京」の右の方では「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上37階、高さ200.58m)や、「(仮称)虎ノ門二丁目計画」(地上36階、高さ約179mと地上19階、高さ99mの2棟)があります。
 まとめると「ホテルオークラ東京」も含めてこの辺りにはまだボコボコと超高層ビルが出現します。

ホテルオークラ東京方面の空撮
 反対側から見た「ホテルオークラ東京」です。T字型の本館の右側が別館で、この別館はこのまま営業を続けるそうです。

<追記です>
 「ホテルオークラ東京」からプレスリリースが出ました。それによると本館は2015年8月末で閉館し、同年9月から建替え工事を開始、2019年2月に新本館竣工、同年春に開業予定です。新本館は地上38階、地下6階、高さ約195mとなります。また、建替え後は、敷地の約半分が緑地となります。

▼ホテルオークラ東京(2014/05/23)
プレスリリース:ホテルオークラ東京 本館 建替について(PDF)

ホテルオークラ東京

プレスリリースより新本館の完成予想図

 完成予想図を見ると「大倉集古館」は解体されずに残るようです。高さ約195mの新本館は現在の本館のある敷地の別館側に建設されるようです。



 「超高層ビビル4日本編2」発売中です!amazonにようやく表紙が表示されるようになりました。よろしくお願いします!


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ