りそなマルハビルの解体工事
りそなマルハビル」(地上24階、高さ107.95m)の解体工事です。

鹿島建設の「鹿島カットアンドダウン工法」によって
だるま落としのように下からどんどん解体が進められています。

元は24階建てのオフィスビルでしたが残り8階程度です。
元のビルを知らない人にはまだ違和感がないかもしれませんが
当初のビルを知っていると物凄い違和感があります。

りそなマルハビルの解体工事
恒例の「りそなマルハビル」の解体の横並びです。
24階建てだった頃が懐かしいです。

三菱東京UFJ銀行大手町ビルの解体工事
隣(北側)で解体工事を行っている
三菱東京UFJ銀行大手町ビル」(地上25階、高さ99.7m)です。

三菱東京UFJ銀行大手町ビルの解体工事
反対側です。

全体がシートで覆われているので
解体が進んでいるのかどうかイマイチわかりませ。

りそなマルハビルの解体工事
りそなマルハビル」と
三菱東京UFJ銀行大手町ビル
の解体工事全景です。

両ビルの解体後の跡地は「(仮称)大手町1-1計画」として再開発され
(仮称)大手町1-1計画A棟」(地上22階、最高部高さ115m)
(仮称)大手町1-1計画B棟」(地上29階、高さ140m)
の2棟が建設されます。

(仮称)読売新聞東京本社ビル
おまけですぐ近くで建設中の
(仮称)読売新聞東京本社ビル」(地上33階、高さ200m)です。

この目の前が箱根駅伝のゴールです。

(仮称)読売新聞東京本社ビル
現時点で27,8階くらいでしょうか?
高さにして150mは超えていそうです。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ