超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

地上22階、高さ約100m「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の建設状況(2019.9.1)

神奈川大学みなとみらいキャンパス

 横浜ランドマークタワーの展望室からの眺めです。あちこちで建設工事が行われているみなとみらい21地区ですが、その中から中央に見えるタワークレーンが2基ある場所にズームです。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 ここは「神奈川大学みなとみらいキャンパス」(地上22階、高さ99.99m)の建設地で、その名の通り神奈川大学の新校舎で外国語学部、経営学部(国際経営学部へ名称変更予定)、国際日本学部(2020年4月に設置予定)といったグローバル系学部が入るキャンパスとなります。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 現地に設置されている看板を撮影した「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の完成イメージパースです。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 交流広場完成イメージ図です。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 エントランスホール完成イメージ図です。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 地上から見た「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の建設地です。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 オフィスビルが多いみなとみらいですが、ここにキャンパスができることで少し若返りそうです。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 最寄り駅はみなみとみらい線「みなみとみらい」駅、「新高島」駅となりますが横浜駅も徒歩圏となる立地です。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 それにしても大学ってお金持っているんですね。ここ以外でも都心の大学を見るたびに思います。


神奈川大学みなとみらいキャンパス 都市景観形成行為のお知らせ

 都市景観形成行為のお知らせです。



神奈川大学みなとみらいキャンパス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。竣工予定は2020年11月30日、開設予定は2021年4月となっています。

■概要■
名称:神奈川大学みなとみらいキャンパス
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目5-1、5-2、5-5
用途:大学・店舗・駐車場
階数:地上21階、地下1階
高さ:99.99m
構造:鉄骨造一部RC造、SRC造
敷地面積:7,848.31
建築面積:5,427.06
延床面積:50,459.78
建築主:神奈川大学
設計者:三菱地所設計
施工者:竹中工務店
工期:2018年10月1日着工〜2020年11月30日竣工予定
開設:2021年4月予定

パークアクシスシリーズ?大塚駅前の賃貸タワマン!高さ約83m「(仮称)豊島区北大塚一丁目計画」の建設状況(2019.9.14)

(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 サンシャイン60の展望台から見た大塚駅方面の眺めです。写真下の森の隣が数日前のブログに載せたサンケイビルのタワーマンション「南大塚厳弉莊設工事」(地上23階、高さ80.16m)の建設地です。そして今日は写真上で建設中の「(仮称)豊島区北大塚一丁目計画」(地上22階、最高高さ83.33m)を載せていきます。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 「(仮称)豊島区北大塚一丁目計画」(地上22階、最高高さ83.33m)にズームです。三井不動産レジデンシャルによる総戸数216戸の賃貸のタワーマンションとなります。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 現地から撮影。山手線「大塚」駅の目の前が建設地です。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 大塚は都電荒川線(東京さくらトラム)も通っており大塚駅前には大塚駅前停留所があります。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 大塚駅前から撮影。三井不動産レジデンシャルの賃貸マンションなので「パークアクシス」シリーズになるかと思います。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 「(仮称)豊島区北大塚一丁目計画」の家賃はどれくらいになるんでしょうね?総戸数216戸のうち半数以上の126戸がワンルームです。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 山手線の駅前で池袋まで1駅。大塚駅周辺では最高クラスの家賃設定になるんですかね。大塚の家賃相場がわかりませんが…



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 都電と一緒に撮影。都電が来るのを待てばこういった景色がたくさん撮れる場所です。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 北口側の大塚駅前から撮影。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 北口を出て道路を一本渡れば到着です。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)豊島区北大塚一丁目計画
所在地:東京都豊島区北大塚1丁目16
用途:共同住宅(賃貸)、店舗
総戸数:216戸(ワンルーム住戸126戸)
階数:地上22階、塔屋1階
高さ:78.78m(最高83.33m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法:場所打ち鋼管コンクリート杭工法
敷地面積:1,208.64
建築面積:705.53
延床面積:12,330.39
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:鴻池組
施行者:鴻池組
工期:2018年5月下旬着工〜2020年3月下旬竣工予定

高さ約180mタワマン「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.9.1)

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
イメージズパース[出典:東急]

 横浜駅の北側、京浜東北線の陸側に建設される「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ179.9m)のイメージパースです。建築主は横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発組合で組合員として相鉄不動産と東京急行電鉄が参画しています。

※コメントで最新のパースを教えて頂いたので置き換えました。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
施設断面図[出典:横浜市]

 フロア構成は1階〜4階が所業施設、5階が住宅施設ロビー階、8階〜12階が宿泊施設、13階〜41階が住宅施設、そして42階、43階が複合施設となります。

 この最上階部分は国家戦略特区の資料でグローバルスカイコモンズと称して『建築物の最上部に、国際交流機能や情報発信機能、文化機能等を備えた来街者等が利用できる空間を整備する。また、眺望を楽しめる展望機能も備える。』となっています。これは展望台となるのか何かの施設の一部で眺望も楽しめることを指しているのかイマイチわかりません。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
施設配置図[出典:横浜市]

 三角形の敷地ですが建物は普通の箱型となるようです。また、横浜駅側と繋ぐ歩行者デッキ(ペデストリアンデッキ)も整備されます。




横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 今年の1月27日にセスナから撮影した「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。左端の赤い網掛けをした場所です。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 中央で建設中のビルは横浜駅の駅ビル「JR横浜タワー」(地上26階、高さ132.268m)で、これを超える高さのタワーマンションとなります。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 現地から撮影した「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 右側で建設中のビルは「JR横浜鶴屋町ビル」で「JR東日本ホテルメッツ横浜」「ジェクサー・フィットネス&スパ横浜」「CIAL横浜ANNEX」などが入ります。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 横浜駅のすぐ近くという好立地の割りにはパッとしない地域でしたが大きく変わりそうです。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 右側の上半分が変わった形の建物は神奈川県遊技業協同組合のビルで再開発には参加していません。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの中です。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが大林組が特定業務代行者に選定されています。

■物件概要■
名称:横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
所在地:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目3番1 外
用途:共同住宅・店舗・事務所・ホテル・サービスアパートメント・集会所
階数:地上43階、地下2階
高さ:179.9m
構造:RC造 一部 S造
敷地面積:6,687
建築面積:4,980
延床面積:79,420
建築主:横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発組合
参加組合員:相鉄不動産・東京急行電鉄
設計者:松田平田設計
施工者:大林組
工期:2019年2月着工〜2022年3月竣工予定

住宅展示場解体中!地上28階「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」の建設地の様子(2019.9.1)

(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計
イメージパース[出展:横浜市]

 横浜みなとみらい21の中央地区37街区に建設される「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」(地上28階、高さ150m)の完成予想図です。



(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計
施設断面図[出展:横浜市]

 フロア構成は18階までがオフィスフロア、19階が機械室、そして高さ100m地点となる20階がホテルのロビーとなり、高さ105m地点となる21階からがホテルの客室となります。



(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計
施設配置図[出展:横浜市]

 この配置図の上が海側で下が陸側となります。「横浜ランドマークタワー」はこの配置図の右に行った場所にありますが、ここの右隣には「三菱重工横浜ビル」(地上33階、高さ151.9m)があるためほとんど見えない立地です。



(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計

 今年の1月27日にセスナから撮影したみなとみらいの超高層ビル群です。赤い網掛けをした部分が「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」の建設地です。その手前で建設中の建物は「ぴあアリーナ」で現在は屋根も建設され中は見えません。



(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計

 地上から2019年9月1日に撮影した「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画」の建設地です。



(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計

 ここは住宅展示場の「横浜ホームコレクション」がありましたが8月5日に閉場しています。



(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計

 ここは三菱重工が所有していた土地で「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区II期棟計画」として高さ160m程度の超高層ビルが計画されていましたが、その土地はケネディクスに売却され、パナホーム、ケネディクス、鹿島建設の3社が出資する合同会社KRF48によって今回の再開発が行われます。



解体中の横浜ホームコレクション

 現地では「横浜ホームコレクション」のモデルホームが解体中でした。



解体中の横浜ホームコレクション

 戸建ての解体はそう期間はかからないので今はもう全体がほぼ更地になっているかもしれません。着工予定は10月1日です。



解体中の横浜ホームコレクション

 ところでこういった戸建ての解体するときの順序ってどうなっているんですかね?



解体中の横浜ホームコレクション

 ここは解体途中で放置のような感じとなっていました。



(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが鹿島建設になるかと思います。

■物件概要■
名称:(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目3番地
用途:事務所・ホテル・店舗・駐車場
階数:地上28階、地下1階
高さ:150m
構造:SRC造(一部RC)、S(一部CFT柱)造
敷地面積:10,100
建築面積:6,200
延床面積:123,000
建築主:合同会社KRF48(パナホーム、ケネディクス、鹿島建設)
設計者:鹿島建設
施工者:未定
工期:2019年10月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

南大塚にサンケイビルの23階建てタワマン「南大塚厳弉莊設工事」の建設地の様子(2019.9.14)

南大塚厳弉莊設工事

 「サンシャイン60」の展望台から見た大塚駅方面です。写真下の方に見える木々が「大塚台公園」でその隣にサンケイビルによるタワーマンション「南大塚厳弉莊設工事」(地上23階、高さ80.16m)が建設されることになりました。



南大塚厳弉莊設工事

 「南大塚厳弉莊設工事」の建設地にズームです。現在は12月30日までの工期で既存建物の解体工事が行われています。



南大塚厳弉莊設工事

 現地から撮影。サンケイビルが建築主のため「ルフォン」シリーズになるかと思います。名称は「ルフォン大塚ザ・タワー」か「ルフォン南大塚ザ・タワー」といった感じですかね。



南大塚厳弉莊設工事

 計画地はこのような角地です。JR大塚駅はこの奥の方で徒歩5分くらいの距離でしょうか。大塚駅から見て南西側となります。



南大塚厳弉莊設工事

 この撮影場所の左にはミニスーパーの「まいばすけっと」があります。



南大塚厳弉莊設工事

 「大塚台公園」をほんの少しだけ入れて撮影。この「大塚台公園」にはフェンスで囲まれたSLも置いてありました。

 左奥に見える黒系の建物は「アパホテル〈山手大塚駅タワー〉」(地上20階、高さ59.56m)で2019年10月11日に開業します。



南大塚厳弉莊設工事

 その公園内から見た計画地です。



南大塚厳弉莊設工事 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:南大塚厳弉莊設工事
所在地:東京都豊島区南大塚3丁目28番3他
用途:共同住宅
階数:地上23階、地下0階
高さ:80.16m(最高80.16m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:1,722.13
建築面積:623.60
延床面積:11,443.77
建築主:サンケイビル
設計者:三井住友建設
施行者:未定
工期:2020年3月1日着工〜2022年6月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク