超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

高さ180mの「PLタワー」に行ってきた!ガウディ風の独特なヴィジュアル!

PLタワー

 大阪府富田林市にそびえ立つ大平和祈念塔、通称「PLタワー」です。正式名称は「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」となりますが入り口には「大平和祈念塔」と書いてありました。

 ところで独特で怪しげな外観のこのタワー、HDRソフトで加工すると怪しさが増するのでこの写真など何枚かHDRソフトを使って現像しています。



PLタワー

 この「PLタワー」は1970年(昭和45年)8月落成、高さ180mのタワーです。この「PL」とは「パーフェクト リバティー教団」のことで桑田や清原の出身高としても有名なPL学園もこの教団の高校です。



PLタワー

 高層部にズームです。



PLタワー

 この最上部の展望台は落成直後には一般公開もしていましたが今は閉鎖されており行くことはできません。



PLタワー

 この中間にある展望台はPL教団の信者は入れる機会があるそうです。



PLタワー

 近くから撮影。第二代教祖の御木徳近氏が原型をデザインし、日建設計が設計、東急建設によって施工されました。

※参考:超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔(PLタワー)



PLタワー

 低層部のみ一般公開されているので真下まで行くこもできます。



PLタワー

 このデザインのためか近くに来ると高さ感がありません。



PLタワー

 展望台が公開されていた頃に来てみたかったです。



PLタワー

 低層部に入ると教団の職員の方が案内してくれて参拝も行いました。そこの参拝は宗派は問わずにみなさんに参拝してもらっているとのことです。



PLタワー

 それにしても何キロも遠方からは何度も見ていましたがやっぱり近くから見ると迫力がありますね。



PLタワー

 次は夜景を撮りに行ってみたいです。



PLタワー

 それにしても周辺には比較する建物がないため高さが180mもあるようには見えません。



PLタワー

 こうして離れて見るとようやく高さ感がでてきます。



PLタワー

 最寄り駅の「富田林」駅から見た「PLタワー」です。行きはタクシーを使ったのですが運転手がガウディが設計したと言っていました。そう言いたくなるデザインですがガウディは1926年6月10日没で間違いです。



あべのハルカスから見たPLタワー

 最後は「あべのハルカス」から見た「PLタワー」です。これくらい離れて見ると高さ180mも納得です。

■物件概要■
通称:PLタワー
名称:大平和祈念塔
正式名称:超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔
所在地:大阪府富田林市大字廿山285-1
高さ:180m
設計者:日建設計
施工者:東急建設
工期:1970年(昭和45年)8月1日落成
開場:10時〜16時(水曜日は休み)

五反田の「ゆうぽうと」跡地に高さ約100mの「五反田計画(仮称)」を建設へ!

五反田計画(仮称)
建物全体の外観イメージ[出典:日本郵政不動産]

 五反田にあった「旧ゆうぽうと」跡地の再開発について日本郵政不動産からプレスリリースが出ました。自社開発の第一号案件となる大規模複合開発で計画名称は「五反田計画(仮称)」、規模は地上21階、地下3階、高さ約100m、延べ約68,000屬箸覆辰討い泙后

▼日本郵政不動産:プレスリリース(2019年9月24日)
五反田計画(仮称)の開発計画について



五反田計画(仮称)
断面図[出典:日本郵政不動産]

 低層部には飲食中心の商業施設やシェアオフィスの他、ビジネスからエンターテイメントまで想定した多目的ホールが設置され、低中層部は1フロア約1000坪の整形無柱空間のオフィスとなります。そして高層部は五反田エリア唯一の高層階に位置したホテルとなります。



五反田計画(仮称)
イメージパース[出典:日本郵政不動産]

 低層部の角地はちょっとした広場のようなスペースとなります。



五反田計画(仮称)
イメージパース[出典:日本郵政不動産]

 斜めの柱がある特徴的なデザインとなります。



五反田計画(仮称)
位置図[出典:日本郵政不動産]

 場所は五反田駅から南に徒歩5分程度の場所で、東急池上線「大崎広小路」駅のすぐ近くです。



五反田計画(仮称)

 今の職場は位置図の範囲内にあるので昨日の昼休みにスマホで現地を撮ってきました。これは完成予想図と同じ方向から見た計画地方面です。



五反田計画(仮称)

 仮囲いに囲まれている場所もあれば駐車場として利用されている場所もあります。



五反田計画(仮称)

 敷地全体的に見ると大部分が仮囲いで囲まれたままとなっています。



五反田計画(仮称)

 路地を入った場所から撮影。かばん置いてあるのが写っていますが、この再開発に関する調査なのか周辺では交通量調査が行われていたのでそれ関係かと思います。

■物件概要■
計画名称:五反田計画(仮称)
所在地:東京都品川区西五反田八丁目4番13合
用途:事務所、ホテル、多目的ホール、商業施設等
階数:地上21階、地下3階
高さ:約100m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約6,700
延床面積:約68,000
建築主:日本郵政不動産
基本設計者:日本郵政
実施設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2023年春竣工予定

高層階は日本初進出のブルガリホテル!高さ240m「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2019.9.21)

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
外観(夜景)イメージパース[出展:三井不動産]

 東京駅の目の前で建設中の「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)の完成予想図です。高層部の窓明かりが点いている部分が日本初進出のブルガリホテル「ブルガリ ホテル 東京」が開業します。同再開発の建築主は八重洲二丁目北地区市街地再開発組合で参加組合員として地権者でもある三井不動産が参画しています。


 左下の角地に黒く形だけ描かれている部分はB街区で「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ70m)となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
外観イメージパース(A-1街区)[出展:三井不動産]

 同方向の昼間の完成予想図です。左端が東京駅の真ん中に辿り着く「八重洲通り」で目の前が「外堀通り」です。その外堀通り沿いの低層部の屋上が緑化されていますが…



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
5階テラス イメージパース[出展:三井不動産]

 そこは5階テラスとして開放される予定となっています。高さはそれほどありませんが東京駅周辺の超高層ビル群が眺められるスポットとなりそうです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
外観イメージパース(A-2街区)[出展:三井不動産]

 メインの超高層棟はA-1街区で他にこの小さなA-2街区もあります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
用途断面図[出展:三井不動産]

■A-1街区のフロア構成■
地下2階:約5,000屐6バースのバスターミナル
地下1階〜3階:約8,500屐¬60店舗となる商業施設
4階、5階:交流施設と東京駅を望むテラス
7階〜38階:基準階専有面積約4,000(約1,200坪)のオフィスフロア
40階〜45階:ブルガリ ホテル 東京

 低層部の奥側には元々この場所にあった「中央区立城東小学校」が再整備され、東京駅に最も近い小学校となります。


■A-2街区のフロア構成■
1階:店舗
2、3階:子育て支援施設(認定こども園)
4階〜6階:事務所
7階:住宅



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 再開発に参加していないビルもあるためこのように一部虫食いとなっています。右上の角地はB街区の「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建設地です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
大規模バスターミナル 地下歩行者ネットワーク整備イメージ[出展:三井不動産]

 同再開発ではバスターミナルが整備されますが、隣に建設される「八重洲二丁目中地区」(地上46階、高さ約240m)の地下2階にもバスターミナルが整備され接続されます。また、八重洲通りを挟んだ隣に建設される「八重洲一丁目6地区」(地上54階、高さ約250m)にも地下にバスターミナルが整備され、こちらは地下通路で結ばれます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅八重洲口のグランルーフから撮影した「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 このように良い撮影スポットがあるので目の前までは行かない手抜き撮影になってしまいます(^^;)



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 建設地にズームです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 まだ地下の構造物が残っているのが見えるので地上部の建設が始まるのはまだまだ先ですかね?地上45階、高さ240mという規模は完成すると一時的に東京駅周辺では最も高い超高層ビルとなります。将来的には東京駅日本橋口前の「東京駅前常盤橋プロジェクト」(地上61階、高さ390m)と隣の「八重洲一丁目6地区」(地上54階、高さ約250m)に抜かれます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 B街区の「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」方面です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 ちょっと前の8月31日に撮影した建築計画のお知らせです。数値はたまに修正されるので目の前に行ったときは撮影しています。

■物件概要(A-1街区)■
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番の一部および3番
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
総客室数:98室
階数:地上45階、塔屋2階、地下4階
高さ:240m(最高240m)
構造:S造一部SRC、RC造
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:12,390.43
建築面積:10,875.16
延床面積:283,896.06
建築主:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店
工期:2018年12月1日着工〜2022年8月下旬竣工予定

東京駅日本橋口前の大規模再開発!高さ212m「東京駅前常盤橋プロジェクト A棟」の建設状況(2019.9.21)

東京駅前常盤橋プロジェクト

 現地看板を撮影した日本一の高さの超高層ビルが建設される「東京駅前常盤橋プロジェクト」の完成予想図です。右がその高さ日本一となる「東京駅前常盤橋プロジェクト B棟」(地上61階、高さ390m)で左が「東京駅前常盤橋プロジェクト A棟」(地上40階、高さ212m)です。

 A棟の建設は既に始まっていますが、B棟は建設地の地下にある下水ポンプ所の移転が終わってからの建設となるので2023年の着工予定とまだ先です。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 先に建設されるA棟の完成予想図です。ここは完全なオフィスビルとなりますが地下1階〜地上2階は店舗フロアとなります。A棟はここで働く以外は眺望を楽しむことはできませんが、B棟の最上部には展望台が入る予定となっています。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 A棟建設地の空撮イメージです。JR東京駅の北側(神田・秋葉原駅方面)の山手線外側です。八重洲や日本橋でも超高層ビル計画が複数あるのでこの超高層ビル群は大きく拡大します。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 「東京駅前常盤橋プロジェクト A棟」(地上40階、高さ212m)の建設地です。タワークレーンが3基に増えました。低層部の鉄骨もどんどん組まれ始めています。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 角地部分は丸くなっています。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 今は店舗フロアでしょうか。オフィスフロアの鉄骨が組まれ始めたら一気に高くなって行くかと思います。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 ここは一時的に背後の超高層ビル群がキレイに見える場所でしたがその時期は終わってA棟の建設を眺める場所となります。



東京駅前常盤橋プロジェクト

 左のタワークレーン3基が見える場所がA棟で、右側の低層の大きな「日本ビルヂング」などがある場所がB棟の建設地です。高さ390mとなるB棟が圧倒的な高さのためA棟の存在感が薄いですが、A棟の高さ212mはここに見えている全超高層ビルよりも高いです。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 タワークレーンが設置されたことでA棟が出現する位置がわかりやすくなっています。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 A棟とB棟建設地の間にある通路からも鉄骨が見えるようになりました。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 オフィスフロア部の建設に入ると一気に伸びて行くので、ここの撮影頻度は少し高めにしようかと思います。

■物件概要(A棟)■
名称:東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:約212m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約4,000
延床面積:約146,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:戸田建設
工期:2018年1月着工〜2021年4月末竣工予定

地上36階建て野村不動産のタワマン「東池袋四丁目2番街区地区」の建設状況(2019.9.14)

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
建物イメージパース[出展:野村不動産]

 「東池袋」駅直結のタワーマンション「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」(地上36階、最高高さ131.31m)の完成予想図です。建築主は東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合で野村不動産が参加組合員と参画しています。



東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
施設断面構成イメージ[出展:野村不動産]

 フロア構成は1〜3階が店舗、子育て支援施設、事務所等となり、4階に住宅駐輪場を挟んで5〜36階が住宅フロア(総戸数248戸)となります。



東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:野村不動産]

 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結でもありますが、目の前には都電荒川線(東京さくらトラム)の「東池袋四丁目」駅もあります。



東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業

 サンシャイン60の展望台から見た「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。タワーマンションの隙間からちょうど見えます。



東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業

 現地から撮影。今年の2月12日に着工しています。



東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業

 すぐ隣ではこうして都電が通っています。



東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業

 背後に見えるタワーマンションは左が「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)で右が「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)です。

 ここに建設されるタワーマンションは地上36階、最高高さ131.31mと結構な高さがありますが、背後のタワマンよりは低くなります。ただ、都心側には遮る超高層がないので抜けた視界となり眺望は良さそうです。



東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業

 野村不動産なので「プラウド」シリーズになるのは間違いないと思いますが、近くに「プラウドタワー東池袋」(地上20階、最高高さ75.89m)が既にあるので、ここはどういった名称になるんでしょうね?



東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業 建築計画

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目192番2他(地番)
用途:共同住宅・店舗・診療所・子育て支援施設
総戸数;248戸(地権者住戸含む)
階数:地上36階、地下2階
高さ:124.76m(最高高さ131.31m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:2,665.68
建築面積:1,324.16
延床面積:31,192.58
建築主:東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
設計者:日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体
施工者:前田建設工業
工期:2019年2月12日着工〜2022年3月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク