超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

群馬県最高層タワーマンション!地上28階「ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア」の建設状況(2019.11.9)

ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 群馬県で最高層のタワーマンション「ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア(Brillia Tower高崎 ALPHA RESIDENCIA)」(地上28階、高さ99.91m)です。売主は東京建物、穴吹興産、日東興産の3社でかなり前に全戸完売しています。

 群馬県でこれよりも高い建物は「群馬県庁舎」(地上33階、最高高さ153.8m)と「高崎市庁舎」(地上21階、高さ102.5m)で、群馬県全体で3番目の高さの建物となります。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 建設地は高崎駅のすぐ隣でペデストリアンデッキで直結徒歩4分となります。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 ペデストリアンデッキは既に建設され繋がっていますが、マンション自体はまだ建設中で閉鎖されています。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 建設中と言ってもマンション本体はほぼ完成しているようで撮影時は低層部の工事が行われていました。竣工予定は2020年3月です。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 すぐ近くから見上げてみました。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 まだタワークレーンがある頃にも撮りに来たかったのですが、高崎はそこそこ遠いので気付いたらほぼ完成していました。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 駐車場棟と「ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア」です。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 駐車場の入り口はまだ建設中でした。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 駐車場入口の隣にあるロイヤルホストの駐車場から撮影。立体駐車場が目の前の部屋もあるんですね。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 高崎市で一番高いビル「高崎市庁舎」(地上21階、高さ102.5m)の無料展望室から見た「ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア」です。展望室の高さよりも部屋の方が高さがあることがわかります。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 少し広角で撮影。右の広い道路の正面が高崎駅で、その後ろのタワーマンションが「高崎タワー21」(地上22階、高さ87m)です。



高崎駅東口栄町地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 話しは一瞬脱線してその「高崎タワー21」の右奥で計画されている「高崎駅東口栄町地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。高崎に行ったときにはこの再開発のことがすっかり頭から消えていて現地を撮り忘れてしまいました…。計画が具体化したときに撮りに行こうかと思います。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア

 最後は同方向の夜景です。ガラス内で光が反射してしまっていたので手作業で反射光を消しました。だいぶキレイに消せたかと思います。



ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。竣工間近なのに施工者は未定のままでした(^^;)

■物件概要■
名称:ブリリアタワー高崎アルファレジデンシア(Brillia Tower高崎 ALPHA RESIDENCIA)
計画名称:(仮称)高崎駅東口第九地区第一種市街地再開発事業 住宅棟及び駐車場等建設工事
所在地:群馬県高崎市東町32-1 他 11筆(高崎都市計画事業東口第ニ土地区画整理事業区域街区15番の一部)
用途:共同住宅・駐車場・テナント・ペデストリアンデッキ
総戸数:222戸(公募対象外住戸88戸、地権者住戸9戸、事業協力者住戸8戸含む)
階数:地上28階、地下1階
高さ:99.91m
構造:RC造
敷地面積:3,542.91
建築面積:2,289.24
延床面積:30,959.57
建築主:高崎駅東口第一種市街地再開発事業
売主:東京建物、穴吹興産、日東興産
設計者:企画社
施工者:清水建設
工期:2017年5月着工〜2020年3月竣工予定

地上32階、高さ約111m「ブランズタワー芝浦」の建設状況(2019.11.17)

ブランズタワー芝浦
外観完成予想CG[出展:公式HP]

 芝浦で建設中のタワーマンション「ブランズタワー芝浦」(地上32階、最高高さ110.66m)の完成予想図です。売主は東急不動産、近鉄不動産、京浜急行電鉄、長谷工コーポレーション、相鉄不動産の5社ですが、マンション名は東急不動産のブランドの「ブランズ」シリーズとなっています。



ブランズタワー芝浦
外観完成予想CG[出展:公式HP]

 塔屋の頭頂部は近くにあるレインボーブリッジを意図したデザインとのことです。



ブランズタワー芝浦
配置図[出展:公式HP]

 このように細長い敷地で真ん中にタワーを配置し、両端にはシンボルツリーがある植栽が整備されます。



ブランズタワー芝浦
位置図[出展:公式HP]

 建設地は田町駅の南東側で、田町駅前の大規模再開発「ムスブ田町」を抜けて少し進んだ場所で徒歩8分の距離です。



ブランズタワー芝浦

 「ブランズタワー芝浦」の建設地です。ここは「OCS旧本社ビル」の跡地で、現在はタワークレーンが2基が設置され建設工事が行われています。

 背後のツインタワーは「パークタワー芝浦ベイワード アーバンウィング」(地上29階、高さ97.14m)と「パークタワー芝浦ベイワード オーシャンウィング」(地上29階、最高部高さ104.84m)です。



ブランズタワー芝浦

 左奥の建設中の超高層ビルがある場所が「ムスブ田町」です。



ブランズタワー芝浦

 田町駅に近い側から見た様子でこちら側にエントランスが設置されます。



ブランズタワー芝浦 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。いつの間にか建築主に相鉄不動産が加わっています。現在は完全予約制の事前案内会が開催中で2020年2月下旬より販売開始予定となっています。

■物件概要■
名称:ブランズタワー芝浦
計画名称:(仮称)芝浦二丁目計画
所在地:東京都港区芝浦二丁目1番1号
用途:共同住宅・保育所
階数:地上32階、地下1階
高さ:109.86m(最高110.66m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,456.49
建築面積:2,036.46
延床面積:50,842.82
建築主:東急不動産、近鉄不動産、京浜急行電鉄、長谷工コーポレーション、相鉄不動産
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2018年11月1日着工〜2021年12月27日竣工予定

タワークレーン撤去中!地上44階「津田沼 ザ・タワー」の建設状況(2019.11.16)

津田沼 ザ・タワー

 津田沼駅からペデストリアンデッキ等で直結となる習志野市で最高層のタワーマンション「津田沼 ザ・タワー」(地上44階、最高高さ161.04m)です。津田沼駅前から撮影しました。

 手前の木々がある場所が「津田沼公園」でその後ろがショッピングモールの「モリシア津田沼」や「習志野文化ホール」です。これら公園、商業施設、ペデストリアンデッキを経由して駅からマンションまで直結徒歩4分となります。



津田沼 ザ・タワー

 駅前から見た「津田沼 ザ・タワー」にはタワークレーンは見えませんでしたが、反対側に行くとまだタワークレーンはありました。



津田沼 ザ・タワー

 タワークレーンを地上に降ろしている最中で一番下まで降りるとタワークレーンは撤去されます。



津田沼 ザ・タワー

 撮影から数日経っているので今はもうこのタワークレーンは撤去済みかもしれません。



津田沼 ザ・タワー

 「モリシア津田沼」と立体駐車場を繋ぐ通路から撮影。



津田沼 ザ・タワー

 そこから見た低層部です。




津田沼 ザ・タワー

 その通路とは反対側から見た「津田沼 ザ・タワー」です。共用施設として屋上にパノラマデッキ、29階にパーティルームとしても利用できるスカイサロン、4階にゲストルーム2部屋(洋室・和室)、そして3階にスタディルーム、キッズルーム、スタジオ・シアタールーム、ライブラリーといった施設が設置されます。

 ところでこちら側の手前には駐輪場と歩道橋があったのですが既に撤去されていました。



津田沼 ザ・タワー

 歩道橋は「モリシア津田沼」のこの部分と繋がっていました。



津田沼 ザ・タワー

 その歩道橋は「津田沼 ザ・タワー」へと繋がるペデストリアンデッキとして架替えられます。



津田沼 ザ・タワー

 完成予想図では屋根付きのペデストリアンデッキだったので「津田沼 ザ・タワー」の住民は雨でも傘を持たずに「モリシア津田沼」まで行けるようになります。



津田沼 ザ・タワー

 また、駐輪場があった場所は更地になっていました。



津田沼 ザ・タワー

 その駐輪場跡地は植栽のある広場へと生まれ変わります。



津田沼南口第二自転車等駐車場

 駐輪場は「津田沼南口第二自転車等駐車場」として「津田沼 ザ・タワー」の隣に新しくオープンしていました。

■物件概要■
名称:津田沼 ザ・タワー
仮称:(仮称)津田沼プレミアタワープロジェクト
計画名称:(仮称)仲よし幼稚園跡地活用計画
所在地:千葉県習志野市谷津1丁目1340-24外
用途:共同住宅、自転車駐車場
総戸数:759戸(ほかに管理室・ゲストルーム・スカイラウンジ等共用施設)
階数:地上44階、塔屋2階、地下2階
高さ:152.10m(最高高さ161.04m)
構造:鉄筋コンクリート造(基礎免震)、一部鉄骨造
敷地面積:8,050.23
建築面積:4,325.90
延床面積:87,905.86
建築主:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、野村不動産
設計者:フジタ
施工者:フジタ
工期:2016年12月1日着工〜2020年4月下旬竣工予定
入居:2020年7月下旬予定

川口の地上28階タワマン「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.11.9)

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 川口に建設される野村不動産のタワーマンション「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ99.85m)の完成予想図です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 1階〜3階は約9,000屬龍閥函Χ般鎧楡(44室)で4階〜28階が住宅部分(481戸)となります。

 ところで野村不動産のタワーマンションと言えば「プラウドタワー」を冠にした名称が多いですが、川口では既に「プラウドタワー川口」(地上21階、高さ66.60m)が建設中のためここは違う名称になります。「プラウド」の冠は付くと思いますがどういった名称になるんでしょうね。




川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 建設地は川口駅から東へ約300m、樹モール(川口銀座商店街)沿いで、ディスカウントストアの「ザ・プライス川口店」等があった場所です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 GWに来たときはまだ既存ビルはありまだ営業していたのですが、それから約半年後に行くとすっかり既存ビルは解体されていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 川口駅前から続く六間道路沿いから見た建設地です。松屋などがあるこの左側の区画は再開発には含まれていません。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 商店街に面しているため人通りが多く、なるべく人を入れないで撮ろう思うとなかなか全体は撮れません。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 これはいい感じに撮れました。「ザ・プライス川口店」があったのは写真奥側でこの辺りは小さな店舗が並んでいました。

 奥に見えるタワーマンションは「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 左のマンションは「リビオ川口セルフィア」(地上14階)で再開発には参加していません。この南側(写真左側)には駐車場があったのですが、そこでは1,2階が店舗となる13階建てマンションの建設が始まっていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの中です。ほぼ更地なっていました。12月1日には着工予定となっています。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町三丁目601番地
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、自動車車庫
総戸数:481戸(店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、地下2階
高さ:99.85m
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:未定
特定業務代行者:前田建設工業・埼和興産共同企業体
工期:2019年12月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

幕張ベイパーク3棟目のタワマン!地上43階「幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)」の建設地の様子(2019.11.16)

幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)

 昨日のブログに載せた建設中のタワーマンション「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」(地上48階、高さ172.40m)です。その背後の赤く網掛けをした部分では「幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)」(地上43階、高さ157.64m)が計画されており現地には建築計画のお知らせも設置されました。



幕張ベイパーク

 これは「幕張ベイパーク」に設置されている看板を撮影したものですが、このように将来的には6棟のタワーマンションが建設されます。もちろんこのようなデザインになるわけではありませんが、ひし形の格子状になっている建物が「幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)」で、建物の大きさを感じるにはいい図かと思います。



幕張ベイパーク
完成予想図[出展:内閣府]

 こちらは3年半くらい前に国家戦略特区の事業として公開された資料に掲載された図で、このときの京葉線側は全て46階建てで計画されていました。実際は48階、43階ときたのでこの図と大差のないタワーマンション群が誕生しそうです。ちなみにこの図が公開されたときは一番手前が最後に建設される棟で2029年の竣工予定となっていました。



幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)

 現地から撮影した「幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)」(地上43階、高さ157.64m)の建設地です。設計者、施工者は他の街区と同じく熊谷組です。



幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)

 建設中の「幕張ベイパーク クロスタワー」の手前が建設地です。最寄り駅となる「海浜幕張」駅は写真右奥あたりで徒歩15分くらいの距離です。



幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)

 来月12月1日が着工予定のため来年にはこういった場所からも重機がチラホラ見えるようになってくるかと思います。



幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)

 仮囲いのゲートが開いていたので中を覗いてみると今は工事関係の駐車場として利用されていました。



幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区) 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。建築主や施工者は「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」や「幕張ベイパーク クロスタワー」と同じです。

■物件概要■
計画名:幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-11(地番)
用途:共同住宅、駐車場、店舗、児童福祉施設
総戸数:749戸
階数:地上43階
高さ:157.64m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:21,417.98
建築面積:9,671.05
延床面積:88,914.04
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2019年12月1日着工〜2023年4月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク