超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

高さ142m「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2017.12.23)

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 日本橋室町で建設中の超高層ビル「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上26階、高さ142m)です。同じ区画で唯一再開発に参加しなかった角地に建つど根性ビル「海老屋ビル」と一緒に撮影。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 見栄えが悪いので少し移動して撮影。「海老屋ビル」の背後は広場となるので余計に目立ちそうです。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 中央通りが通る室町3丁目交差点から撮影。高さはあまりありませんがそれなりに大きな超高層ビルです。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 今回は撮影していませんが同開発のB地区前から撮影。この超高層ビルは「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」のA地区となります。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 東京駅に一番近い側から撮影。こちら側は細い路地しかないので裏といった感じです。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 低層部ではこのようにカーテンウォールの設置も始まっています。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
 東京駅前からは「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の既存ビルの解体工事が進み、そして「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設工事も進んでいるので見えるようになってきています。

■物件概要■
計画名称:日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
所在地:東京都中央区日本橋室町三丁目10番
用途:事務所、店舗等
階数:地上26階、地下3階
高さ:142m
敷地面積:11,483.91
建築面積:8,600
延床面積:168,000
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
建築主:日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産
設計者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
施工者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
工期:2015年12月1日着工〜2019年3月31日竣工予定

A棟高さ212m、B棟高さ390m「大手町二丁目常盤橋地区」の建設地の様子(2017.12.23)

 明けましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いします。さて、新年一発目は高さ390mの超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」です。高さ390mとなるB棟は2023年度着工とまだまだ先ですが、高さ212mとなるA棟が今月着工予定です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:東京都]

 この完成予想図の真ん中の大きな超高層ビルが地上61階、高さ390mとなるB棟で、その左側の小さい方が地上40階、高さ212mとなるA棟です。小さいと言っても隣あ大きすぎるから小さく見えるだけで、現在の東京駅周辺で高さ212mを超える超高層ビルはなくそれなりに大きな超高層ビルです。


大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 そんなA棟の建設地です。角地にあった「大和呉服橋ビル」の地上部の解体が進み今まで見えなかった光景が見えるようになっていました。この方向から見る東京駅周辺の超高層ビル群もいいですね。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 既存ビルが解体されたときにだけ見える景色もいいですよね。この中央のビルと左の超高層ビルが解体されるとそこに高さ390mのB棟が建設されます。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 呉服橋交差点から見た「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。今だけ空が広いです。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 日本橋側から首都高超しに撮影。左側に高さ212mのA棟、中央に高さ390mのB棟が建設されます。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 北側から見たA棟の建設地です。「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)が解体されたため景色がガラッと変わりました。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 東京駅前からの眺めも大きく変わっています。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟
 地上61階、高さ390mのB棟の建設地方面です。左が「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)で右が「日本ビル」です。2021年度から解体され、2023年度にはB棟の着工予定となっています。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 「日本ビル」は部分解体が行われ、跡地では地上9階、高さ65mのD棟が建設中です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 D棟の地下には下水ポンプ所が建設され、現在「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能が移転されます。それを待って解体工事が始まるのでB棟の着工は他よりも遅くなっています。

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。A棟からB棟まですべて含まれているので工期は10年と長いです。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 A棟は当初は高さ230mでしたが高さ212mに縮んでいます。B棟はそういったことがないことを祈るのみです。逆に規模拡大で高さ400m超えとかは大歓迎です。

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,400
延床面積:686,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:A棟は戸田建設、BC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:212m
建築面積:4,000
延床面積:146,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

新国立競技場の建設状況(2017.12.29)

新国立競技場
 今年ラストは建設中の「新国立競技場」です。2ヶ月くらい前まではこの場所から建設中のスタンド席が見えたのですが、今は外周部分しか見えなくなってしまいました。

新国立競技場
 鉄骨の隙間からもほとんど中は見えません。

新国立競技場
 ただ全体がこの高さで鉄骨が組まれたわけではなく、この方向はまだ鉄骨を組んでいました。

新国立競技場
 このように車両の出入り口があるためなのかこの部分だけはまだ鉄骨が完全に組まれていません。

新国立競技場
 そのため少しだけスタンド席がまだ見ることができました。

新国立競技場
 もう既に競技場らしい姿になっています。

新国立競技場
 競技場の建設はなかなか見る機会がないので鉄骨が組まれて行く様子は興味深かったです。

新国立競技場
 一応今回も書いておきますがザハ案の支持者です。

新国立競技場
 一番最初のザハ案で競技場から飛び出していた部分がこのあたりです。

新国立競技場
 「日本青年館」があったあたりです。

新国立競技場
 久しぶりに一番最初のザハ案を見ましたがやっぱり最高ですね〜。これが出来るのかとワクワクした日が懐かしいです。個人的には国を代表する施設になる場所には税金をたくさん使っても良かったと思うんですけどね。

新国立競技場
 最後は新宿から見た「新国立競技場」です。1ヵ月前はクレーンが大量に見えていたのがタワークレーン2基しか見えませんでした。現地では寝かしているクレーン車も見かけたので、年末年始の休みに備えて全部寝かしているのかもしれません。
新国立競技場
 これが約1ヶ月前の姿です。

新国立競技場 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:新国立競技場(仮称)
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘10番1ほか、東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目15番1ほか
用途:観覧場・附属自動車車庫・自転車駐車場
階数:地上5階、地下2階
高さ:47.35m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、
基礎工法:直接基礎
敷地面積:113,039.62
建築面積:72,388.86
延床面積:193,573.03
建築主:日本スポーツ振興センター
設計者:新国立競技場整備事業 大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2019年11月30日竣工予定


 というわけで今年最後のブログでした。来年もまた1年間休みなく続けらればと思っているのでよろしくお願いします。

高さ約100m「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設状況(2017.12.17)

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 西武鉄道の「池袋旧本社ビル」の建替え「西武鉄道池袋ビル建替え計画」(地上20階、高さ99.98m)です。低層部には斜めの柱が入り、そしてその上は斜めの模様が入る特徴的な外観のビルとなります。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 低層部です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 斜めの柱が目を引きます。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 敷地は「池袋旧本社ビル」と西武鉄道池袋線の線路上空、そして線路西側の土地となっており、このように建設中のビルの中を電車が通ります。駅ビルでもないのに電車が通り抜けるビルはなかなか珍しいです。というか他に思いつきません。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 その線路を超えた場所から撮影。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 JRの線路を超えた場所から撮影。高さは約100mでそれほどありませんが、存在感のあるビルとなりそうです。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 サンシャイン60の展望台からの眺めです。この中で左側に見える場所が「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設地です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 ズームです。

西武鉄道池袋ビル建替え計画 完成予想図
完成予想図[出典:西武ホールディングス]

西武鉄道池袋ビル建替え計画 断面図
断面図[出典:西武ホールディングス]

西武鉄道池袋ビル建替え計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:西武鉄道池袋ビル建替え計画
計画名:西武鉄道池袋ビル建替え計画
所在地:東京都豊島区南池袋1丁目21番23他(地名地番)
用途:事務所・物販店舗・自動車車庫
階数:地上20階、地下2階
高さ:99.98m
敷地面積:5,530.96
建築面積:3,894.12
延床面積:49,661.63
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、中間免震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭
建築主:西武鉄道
設計者:日建設計
施工者:大林・西武 建設工事共同企業体(代表:大林組)
工期:2015年8月1日着工〜2019年3月31日竣工予定
開業予定:2019年春

高さ約158m「ハレザ池袋」の建設状況(2017.12.17)

ハレザ池袋
 豊島区庁舎・豊島公会堂跡地の再開発「Hareza池袋ハレザ池袋)」の完成予想図です。現地看板を撮影しました。地上33階、高さ158.28mのオフィス棟と新ホール棟、新区民センターの3棟のビルが建設されます。

 オフィス棟の2〜6階は10スクリーンのシネコンとなり、オフィスフロアは7階〜32階となります。新ホール棟にはミュージカル・宝塚歌劇・オペラ・伝統芸能など様々な公演が行われる約1300席となるホールや、先端のコンテンツが発信される「ライブ劇場」が整備されます。また、新区民センターには多目的ホールが複数整備されます。この看板にも書いてありますが合計で8つの劇場が整備され、中池袋公園を含めたエリア全体を活用したイベントなども開催される計画となっています。

ハレザ池袋
 このように各棟は2階部分が歩行者デッキで接続されます。近くでは民間のシネコンタワーも建設中のため、池袋と言えば映画館や劇場が集まる場所といった感じになるかもしれません。2020年夏のグランドオープン予定です。

ハレザ池袋
 サンシャイン60の展望台から見た「ハレザ池袋」です。

ハレザ池袋
 鉄骨が組まれている方が新ホール棟です。

ハレザ池袋 オフィス棟
 新ホール棟の後ろの建設現場がオフィス棟です。

ハレザ池袋 オフィス棟
 地上から見たオフィス棟の建設中です。

ハレザ池袋
 中池袋公園から見た「ハレザ池袋」方面です。鉄骨が組まれているのが新ホール棟で、その左側に地上33階、高さ158.28mのオフィス棟が建設されます。

ハレザ池袋 新ホール棟
 近くから新ホール棟を見上げてみました。

ハレザ池袋 新ホール棟
 明治通り側から撮影。池袋駅からは北東側でサンシャイン60に行くよりも近い場所です。

ハレザ池袋 オフィス棟 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A棟)■
名称:ハレザ池袋 オフィス棟
計画名:(仮称)豊島プロジェクト(A敷地)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18番1
用途:事務所、映画館、集会場、店舗、駐車場
階数:地上33階、地下2階
高さ:158.28m
構造:S造+RC造+SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:3,619.67
建築面積:2,194.10
延床面積:68,605.39
事業者:東京建物、サンケイビル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年5月31日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。