超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

公式HP公開!地上23階「(仮称)三田二丁目計画」の建設状況(2019.2.23)

(仮称)三田二丁目計画
外観完成予想CG[出展:公式HP]

 「メゾン三田」(地上11階、1968年竣工)の建替えである「(仮称)三田二丁目計画」(地上23階、最高高さ78.76m)のHPが2週間くらい前に公開されました。

 「(仮称)三田二丁目計画」は国内初の「マンション建替法に基づく容積率の緩和特例制度」適用プロジェクトでこれにより400%から463.5%へ容積率が増えています。売主は三菱地所レジデンスと旭化成不動産レジデンスですが、既存マンションの建替えということもあり総戸数111戸のうち半分以上の57戸が事業協力者住戸となっています。

【公式HP】(仮称)三田二丁目計画
https://www.mecsumai.com/mita2/index.html


(仮称)三田二丁目計画
外観完成予想CG[出展:公式HP]

 見上げた完成予想図です。


(仮称)三田二丁目計画
外観完成予想CG[出展:公式HP]

 全体はこのような外観となります。低層部は1フロア6戸ですが22階、23階は1フロア4戸だけとなっています。


(仮称)三田二丁目計画
エントランス外観完成予想CG[出展:公式HP]

 エントランス部分の完成予想図です。


(仮称)三田二丁目計画
1階平面イメージイラスト[出展:公式HP]

 この1階平面図だとわかりにくいですが、北東側は斜めになっており平面は四角形ではありません。


(仮称)三田二丁目計画
位置図[出展:公式HP]

 場所は桜田通りから中に入った場所でイタリア大使館の隣です。そのイタリア大使館の隣には綱町三井倶楽部もあります。南側にはマンションを挟みますが慶應義塾大学三田キャンパスがあります。


(仮称)三田二丁目計画
Sタイプ リビング・ダイニング完成予想CG[出展:公式HP]

 これは22階と23階の南西角部屋となるSタイプからの完成予想CGです。上記の通り目の前にイタリア大使館、綱町三井倶楽部と並んでいるので都心でありながら緑地が広がる最高の借景となっています。


(仮称)三田二丁目計画
 「(仮称)三田二丁目計画」の建設地です。「メゾン三田」の解体は終わって着工しています。

(仮称)三田二丁目計画
 背後に見えるタワーマンションは「シャトー三田」の建替え「ザ・レジデンス三田」(地上24階、高さ79.98m)です。最初の完成予想図に東京タワーが描かれていましたが、このマンションなどがあるためたぶん東京タワーはほぼ見えないかと思います。

(仮称)三田二丁目計画
 建設地はちょっとした高台となっておりその坂の下の方から見た様子です。背後に見える木々がイタリア大使館です。

イタリア大使館
 そのイタリア大使館です。アメリカ大使館周辺のように警察がうじゃうじゃいるようなことはありませんが大使館前なので治安は良さそうです。

(仮称)三田二丁目計画
 ところで仮囲いの一部がこうして鉄板じゃない部分がありました。2枚目に載せた完成予想図の角あたりに似ているのでモックアップなんですかね?

(仮称)三田二丁目計画
 そして気になっていた人もいるかもしれませんが仮囲いにはあちこちに熊さんマークがありました。施工者が熊谷組のため熊のようです。

(仮称)三田二丁目計画
 その青い熊さん部分から覗いた「(仮称)三田二丁目計画」です。青い写真でしたがホワイトバランスを調整したら普通の色になりました。

(仮称)三田二丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)三田二丁目計画
計画名:(仮称)メゾン三田建替計画
所在地:東京都港区三田二丁目31番1号、5号、6号
用途:共同住宅
総戸数:111戸(事業協力者住戸57戸含む)
階数:地上23階、地下2階
高さ:75.76m(最高高さ78.76m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、制震構造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:1,972.83
建築面積:672.08
延床面積:13,216.95
建築主:メゾン三田管理組合
売主:三菱地所レジデンス・旭化成不動産レジデンス
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年5月1日着工〜2021年3月中旬竣工予定
入居:2021年5月中旬予定

地上26階「(仮称)港区高輪1丁目計画」の建設状況(2019.2.23)

(仮称)港区高輪1丁目計画
 昨日のブログにも載せた3年数ヶ月前に撮影した白金高輪駅上空の空撮です。色を付けた場所ではタワーマンションが計画されており、右下の緑色を付けた場所では三菱地所レジデンスによる「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)の建設が始まっています。

黄:白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業(地上45階、高さ156.1m、2023年3月)
赤:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業(地上40階、高さ約140m、2025年度)
青:(仮称)高輪一丁目共同建替計画(地上35階、高さ135.64m、2022年11月)
緑:(仮称)港区高輪1丁目計画(地上26階、最高高さ96.63m、2022年3月)

色を付けた場所の概要は上記の通りで「(仮称)港区高輪1丁目計画」がまず最初に竣工する予定となっています。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 近くの歩道橋から見た「(仮称)港区高輪1丁目計画」の建設地です。既存ビルの解体は終わっており既に着工しています。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 背後の高台でも別のマンションが建設中です。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 白金高輪駅周辺では複数のタワーマンションが建設されますが、どういった部分で各マンションは勝負するんでしょうね?購入する方もどういったところを決め手にして買うんでしょうね?もしこの辺りのタワマンをどこでも買えるだけの経済力があれば、自分ならば部屋からの眺望最優先で選びます。

(仮称)港区高輪1丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。建築計画のお知らせが設置された当初より工期が半年以上後ろにずれています。また建築面積、延べ面積も少しだけ修正されています。

■物件概要■
計画名称:(仮称)港区高輪1丁目計画
所在地:東京都港区高輪一丁目110番1,112番110
用途:共同住宅
総戸数:164戸
階数:地上26階、地下1階
高さ:90.00m(最高高さ96.63m)
敷地面積:2,000.14
建築面積:836.15
延床面積:17,781.40
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:三菱地所レジデンス
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2019年1月下旬着工〜2022年3月下旬竣工予定

地上40階「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.2.23)

白金高輪駅周辺の空撮
 ちょっと古いですが3年半くらい前の白金高輪駅周辺の空撮です。白金高輪駅周辺では複数のタワーマンション計画があり、黄色の網掛けをした場所に「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ156.1m)、青の網掛けをした場所に「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)、緑の網掛けをした場所に「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)が建設されます。

 そして赤の網掛けをした場所では「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」(地上40階、高さ約140m)が計画されています。

 写真中央は「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)と「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)で白金高輪駅の超高層と言えばこの2棟でしたが、数年後には新たなタワーマンション群が誕生することになります。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:港区]

 「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。既に公開期間は過ぎてしまいましたが港区の環境アセスのページで公開されていました。この完成予想図では「白金タワー」が小さく感じる大きさのタワーマンションが計画されています。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:港区]

 敷地内には工場棟もあります。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:港区]

 場所は白金高輪駅から徒歩5分くらいでしょうか。かなり大きな再開発となります。事業主は白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合で2021年度に着工、2025年度の竣工を予定しています。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。着工予定はまだ先のため今はどの建物も普通に稼働しています。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 この白金宿舎が再開発地で一番の面積がありそうです。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 奥には「白金タワー」が見えています。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 ここが白金高輪駅周辺の最後のタワーマンションになるのか…他にも表に出ていない計画があるのか…しばらく白金高輪には撮影で通うことになりそうです。

■物件概要■
名称:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区白金一丁目及び三丁目
用途:住宅、商業・生活利便施設、工場、駐車場
総戸数:約900戸
階数:地上40階
高さ:約140m
敷地面積:約12,200
建築面積:約5,700
延べ面積:約100,000
建築主:白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合
工期:2021年度着工〜2025年度竣工予定

地上35階「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の既存建物解体状況(2019.2.23)

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 白金高輪駅2番出入口のすぐ近くに建設されるタワーマンション「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)の建設地です。トーア第2高輪マンション、パシフィック高輪マンションなどの跡地です。

 背後に見えるタワーマンションは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)、緑色のビルは「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 目の前の桜田通りを少し白金高輪駅側に行った場所から撮影。この右奥くらいになると思いますがそこには昨日のブログに載せた「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ156.1m)のタワーマンションが建設されます。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 このように既存建物の解体はほぼ終わっているようでした。ただ、撮影時は建築計画の着工予定の2月20日を過ぎていましたが、施工者は未定となっており着工しているのかは不明です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 反対側から撮影。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 ちょうど3箇所の工事現場が重なっており広大な建設現場のようにも見えます。真ん中は三菱地所レジデンスによるタワーマンションで「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)が建設中です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 近くの歩道橋から見た「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地方面です。建築面積は829.44屬里燭35階建てタワーマンションとしてはスラットした外観となりそうです。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。設計者はHOU一級建築士事務所、施工者は未定となっていますが、東京都環境局のHPでは設計者は西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体、施工者は西松建設となっています。

■物件概要■
名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107-1,107-11外
用途:共同住宅、店舗
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:135.64m(最高部高さ135.64m)
敷地面積:2,047.66
建築面積:829.44
延べ面積:29,823.698
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
設計者:HOU一級建築士事務所?西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体?
施工者:西松建設?
工期:2019年2月20日着工〜2022年11月30日竣工予定

地上45階「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の既存ビル解体状況(2019.2.23)

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 白金高輪駅から北側に少し行った場所に建設される「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。3棟構成で右から順に地上45階、地下1階、高さ156.1mの高層棟、地上19階、地下1階の中層棟1、地上4階、地下1階の中層棟2となっています。

 建築主は「白金一丁目東部北地区市街地再開発組合」で参加組合員として東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルが参画する総戸数約1241戸のタワーマンションとなります。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 建設地の北側には古川や明治通りの上を通る首都高目黒線があります。同再開発と連携して古川の護岸整備も行われおり古川沿いには歩行者専用道路も整備されます。また、敷地南側には狭い道路がありますが同再開発によって拡幅されます。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 このように東西に横長の敷地となっています。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 近くの歩道橋から見た「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の高層棟方面です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 横から見た様子です。手前側が高層棟の建設地になります。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 仮囲いの中です。計画地の真ん中にも道路がありましたが去年の11月5日に閉鎖されています。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 南側の道路沿いから見た様子です。この道路が幅10mに拡幅されます。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 計画地中央あたりでは西原病院がまだ残っていました。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 他にも建物が1棟残っていました。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 敷地西側から見た様子です。右側に見えるのは白金高輪駅直結の「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 まだ解体されずに残っている西原病院です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 病院としてまだ稼働しているようでした。4月1日が着工予定日ですが先に高層棟から建設が始まりそうです。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:約1241戸
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,652.20
延べ面積:134,710.00
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林組(代表施工者)・長谷工コーポレーションJV
工期:2019年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。