超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

高さ約205m!竣工した「赤坂インターシティ AIR」の様子(2017.9.3)

赤坂インターシティAIR
 赤坂一丁目の「溜池山王」駅直結の超高層ビル「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。2017年8月31日に竣工し9月7日に竣工式が執り行われました。グランドオープンは9月29日の予定です。

▼新日鉄興和不動産:ニュースリリース(2017年9月8日)
赤坂・虎ノ門エリアの新たなランドマーク 『赤坂インターシティAIR(エア)』が竣工 9月29日(金)グランドオープン

赤坂インターシティAIR
 同方向の低層部です。

赤坂インターシティAIR
 見る角度によってはスマートな超高層ビルにも見えます。

赤坂インターシティAIR
 同方向の敷地内には東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅の出入口が整備されました。9月3日の撮影時点で使用開始されていました。

赤坂インターシティAIR
 低層部です。

赤坂インターシティAIR

赤坂インターシティAIR
 敷地内の緑地面積は約5,000崢兇發旅さがあります。緑化率50%以上です。

赤坂インターシティAIR
 その緑地の中には低層の商業施設棟もあります。

赤坂インターシティAIR
 水辺も整備されています。この場所で後ろを見ると撮影禁止のアメリカ大使館がありますが、この辺りからなら普通にアメリカ大使館の写真が撮れそうです(笑)

赤坂インターシティAIR
 「赤坂インターシティ AIR」を見上げて見ました。緑地側低層部の5階〜12階は総戸数52戸の都心型賃貸住宅「赤坂 AIR レジデンス」となっています。この戸数でも共用施設としてミーティングルームやフィットネスルームがあり、そして5階にはゲストルームもあります。

 ちなみに現時点で賃貸に出ている部屋を見ると、6階、1LDK+LOFT、58.54屐月額41万円〜5階、3LDK+LOFT、112.98屐月額82万円となっていました。

赤坂インターシティAIR
 いつもの汐見坂から撮影。この道路の左側では「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)、右側では「新虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)が建設中です。
■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目8番1号
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年8月31日竣工
開業:2017年9月29日グランドオープン予定

地上48階「幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」の建設地の様子(2017.9.9)

b01
幕張新都心若葉住宅地区の完成予想図[出典:内閣府地方創生推進事務局]

 幕張で計画されている「幕張新都心若葉住宅地区」の完成予想図です。6棟のタワーマンションや中低層のレジデンス、商業施設など10年以上の期間をかけて順次建設される計画となっています。

 この完成予想図の右奥のタワーマンションが今朝のブログに載せた「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(地上37階、高さ132.89m)で第一弾として建設が進められています。そして中央奥がB-2街区で第二弾として地上48階、高さ172.40mのタワーマンションが計画されています。


(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 現在の「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」(地上48階、高さ172.40m)の建設地です。着工予定は2017年10月1日です。計画地は仮囲いで囲まれていますが、隙間から中を覗いたところ中はまだ草原のままでした。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 「幕張ベイパーク」の真ん中にある「若葉3丁目公園」から撮影。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 今朝のブログと同じ写真ですが、左奥に見える白の低い壁が「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」の仮囲いです。この場所に地上48階、高さ172.40mのタワーマンションが建設されます。

 全てが完成するとこの公園の周りには6棟のタワーマンションと中低層のレジデンスが建ち並びます。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。掲示された当初と比べて完了予定が1年遅くなっています。その他にも細かい数値が変更されています。また、建築主は「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」と同じ7社となっています。

■(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)の物件概要■
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-1(地番)
用途:共同住宅、店舗、駐車場
総戸数:835戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:172.40m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:24,726.00
建築面積:10,167.34
延床面積:96,718.31
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2017年10月1日着工〜2021年4月30日竣工予定

地上37階「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」の建設状況(2017.9.9)

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 幕張で建設中のタワーマンション「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(地上37階、高さ132.89m)です。タワークレーン2基で地上部の建設が始まっていました。三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業の7社による総戸数503戸の分譲マンションとなります。2017年11月下旬より販売開始予定となっています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 敷地が広いからでしょうか。プレキャストコンクリートを採用しているようでした。次に撮影に行くときには建設がそれなりに進んでいそうです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 現地看板を撮影した完成予想概念イラストです。建設地は大規模住宅地区「幕張新都心若葉住宅地区」で海浜幕張駅から見て南東側です。赤枠で囲われた全街区全体は「幕張ベイパーク」と呼ばれており、「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」はその中で第一弾の開発となります。

 水色で囲われたCOMMUNITY ZONEは「若葉3丁目公園」で、この公園を囲むように10年以上かけて6棟のタワーマンションが建設予定となっています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 そんな「若葉3丁目公園」を移動しながら撮影しています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 公園の南東側にある小さな山から撮影。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 広角で幕張の超高層ビル群と一緒に撮影。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 そんな幕張の超高層ビル群側から撮影。この直線が結構な長さがあり海浜幕張駅から徒歩15分の距離です。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 現地看板を撮影した外観完成予想CGです。目の前に公園、先程の長い直線の場所には商業施設が計画されており、駅から距離があるというところ以外は将来的には良い環境となりそうです。

幕張ベイパーク マンションミュージアム
 「幕張ベイパーク マンションミュージアム」です。「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」以外でも「幕張ベイパーク」のタワーマンションのモデルルームとして使うのかもしれません。

MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD
 その隣には「MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD」が出来ていました。

MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD
 コーヒーやパイなどがあるようです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンスの物件概要■
名称:幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
仮称:(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-7街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-18,1-19(地番)
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設、駐車場
総戸数:503戸(タワー棟454戸、レジデンス棟49戸)
階数:地上37階
高さ:132.89m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:17,118.71
建築面積:6,756.07
延床面積:59,608.73
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2016年7月1日着工〜2018年12月中旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

高さ約192m「東京ミッドタウン日比谷」の建設状況(2017.9.9)

東京ミッドタウン日比谷
 日比谷公園から撮影した三井不動産の超高層ビル「東京ミッドタウン日比谷」(地上35階、高さ191.46m)です。今までは「(仮称)新日比谷プロジェクト」と呼ばれていましたが、9月4日に「東京ミッドタウン日比谷」に決定したと発表がありました。それと同時にグランドオープンが2018年3月29日ということも発表されています。

▼三井不動産:ニュースリリース(2017年9月4日)
「(仮称)新日比谷プロジェクト」の名称が「東京ミッドタウン日比谷」に決定
上質な体験価値を提供する約60の店舗が2018年3月29日にオープン


東京ミッドタウン日比谷
 近くから見上げてみました。外観はほぼ完成しています。

東京ミッドタウン日比谷
主要施設の構成[出典:三井不動産]

 「東京ミッドタウン日比谷」は地上35階、地下4階、延床面積約189,000屬離フィス・商業などから構成される大規模複合施設で、オフィスフロアは9、10階のロビー階から11階〜34階に位置しています。そして6階には日比谷公園が一望できる「(仮称)日比谷テラス」、4・5階には11スクリーン約2,300席の「TOHOシネマズ 日比谷」、地下1階〜地上3・6・7階にはショップや飲食店などが入る商業フロアとなります。詳細はニュースリリースをご覧ください。テナント一覧なども掲載されています。


東京ミッドタウン日比谷
 えぐれている部分にズームです。

東京ミッドタウン日比谷
 低層部はこの場所に建っていた「三信ビルディング」をモチーフにデザインされています。

東京ミッドタウン日比谷
 場所を変えてもう1枚。

東京ミッドタウン日比谷
 ビルの隣には大きな階段があり2階へと繋がっています。

東京ミッドタウン日比谷
 有楽町駅側の低層部です。こちらはモダンなデザインとなっています。

東京ミッドタウン日比谷
 有楽町駅側から見上げてみました。

東京ミッドタウン日比谷
 北側から撮影。周辺では最も高い超高層ビルとなります。目の前は日比谷公園、そしてその北側は皇居のため遮る物がない素晴らしい光景が広がっていそうです。こういったビルで仕事をしてみたいものですね。

■東京ミッドタウン日比谷の物件概要■
名称:東京ミッドタウン日比谷
仮称:(仮称)新日比谷プロジェクト
所在地:東京都千代田区有楽町1丁目1番2号
用途:事務所、店舗、文化交流施設、産業支援施設、駐車場 等
階数:地上35階、塔屋1階、地下4階
高さ:191.46m
構造:鉄骨造(一部 鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:杭基礎と直接基礎の併用基礎
敷地面積:10,702.32
建築面積:8,690.23
延床面積:188,619.98
建築主:三井不動産
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2015年1月28日着工〜2018年2月11日竣工予定
開業:2018年3月29日グランドオープン予定

地上38階「ホテルオークラ東京 新本館」の建設状況(2017.9.3)

ホテルオークラ東京 新本館
 虎ノ門で建設中の「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)です。「ホテルオークラ東京 本館」の建て替えで地上38階建て(運用呼称地上41階)の高層棟と地上13階、高さ85mの中層棟が建設されます。2台のタワークレーンで鉄骨を組んでいるのは高層棟側です。

ホテルオークラ東京 新本館
 「ホテルオークラ東京 別館」前から撮影。8階〜25階がオフィスフロアとなり高層階がホテルとなります。中層棟はホテル機能のみとなります。

ホテルオークラ東京 新本館
 反対側から撮影。建設地は傾斜地のためここからだと見上げる感じになります。

ホテルオークラ東京 新本館
 最初に運用呼称41階と書きましたがそれはこの傾斜地のためで、どこを1階として運用するかで階数は変わります。

ホテルオークラ東京 新本館
 仮囲いの透明部分から撮影。手前の鉄骨は中層棟かと思われます。

ホテルオークラ東京 新本館
 以前は散策路があった斜面です。この辺りはどう生まれ変わるんでしょうね?

ホテルオークラ東京 新本館
 「世界貿易センタービル」の展望台から見た「ホテルオークラ東京 新本館」方面です。中央のタワマンの背後に見える2基のタワークレーンが建設地です。そのうち姿が見えるようになります。

虎ノ門方面の超高層ビル群
 広角で見るとこのような感じです。虎ノ門あたりは超高層化がどんどん進んでいますが、右側の「虎ノ門ヒルズ」の周りに3棟の超高層ビルが建設されるのでこの景色は大きく変わります。ただ、撮影場所の「世界貿易センタービル」は建て替えられるため、将来この方向の超高層ビル群が見られなくなるのが残念です。

ホテルオークラ東京本館の完成予想図
ホテルオークラ東京本館の完成予想図[出典:ホテルオークラ東京]

ホテルオークラ東京本館
ホテルオークラ東京本館の施設構成図[出典:新日鉄興和不動産]

ホテルオークラ東京 新本館 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。2019年オープン予定です。

■ホテルオークラ東京 新本館の物件概要■
名称:ホテルオークラ東京 新本館(仮)
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:約550室(2棟合わせて)
階数(高層棟):地上38階、地下4階(運用呼称:地上41階、地下1階)
高さ(高層棟):188.65m
階数(中層棟):地上13階、地下6階
高さ(中層棟):85m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,442.44
建築面積:13,262.54
延床面積:180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。