超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

地上53階、50階ツインタワマン!東池袋駅直結「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の概要が明らかに!

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 池袋で計画されている超高層ツインタワーマンション「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。同再開発を計画している南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合が豊島区に本組合の設立認可を申請し10日から事業計画の公告・縦覧が開始され、開発事業の概要が明らかになりました。

 敷地は北街区と南街区に分かれており、北街区が地上53階、地下2階、敷地面積8,761屐延床面積11万979屬巴肋1〜9階に事務所や公共公益施設を配置し、10階以上が住宅となります。参照記事では10階以上が住宅となっていましたが、完成予想図を見ると一番北側にオフィスのような部分があり、住宅部はもっと低層からあるように見えます。最新の完成予想図は違うのかもしれません。北街区の建築物の高さの限度は190mとなっています。

 南街区は地上50階、地下2階、敷地面積6,305屐延床面積7万8431屬巴肋1〜4階に店舗や子育て支援施設を配置し、5階以上が住宅となります。南街区の建築物の高さの限度は185mとなっています。

 池袋に高さ約180m、2棟合計総戸数1495戸という巨大なツインタワーマンションが誕生します。準備組合には事業推進パートナーとして都市再生機構、住友不動産、野村不動産が参画、事業協力者は清水建設。コンサルタントはINA新建築研究所、ポリテック・エイディディとなっています。

 今後のスケジュールは本組合設立を経て2021年3月に着工、2025年3月の竣工を目指します。


▼日刊建設工業新聞:2019年10月11日
南池袋二丁目C地区再開発(東京都豊島区)/2棟総延べ19万平米に/準備組合

▼建設通信新聞:2019年10月11日
本組合設立を申請/事業費1101億、総延べ19万/南池袋二丁目C再開発



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 今年の1月にセスナから撮影した池袋の空撮です。左上の赤い網掛けをした部分が「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。右端がJR池袋駅です。計画地近くには東京メトロ有楽町線「東池袋」駅があり地下2階レベルで駅に地下通路で直結する計画となっています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 1ヶ月くらい前に撮影したサンシャイン60の展望台からの眺めです。右の超高層が「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)で低層部が「豊島区庁舎」、中層階、高層階が「ブリリアタワー池袋」となっています。その目の前が「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の建設地となります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。写真上が南街区、下が北街区となります。南街区には大きめな駐車場がありますが街区全体はまだ既存建物がびっしり建っています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 豊島区役所部分の10階屋上部分にある「豊島の森」から見た同再開発の計画地です。JTBの看板の右側のマンション「パームス東池袋」(地上12階、2001年11月竣工)も計画地に含まれています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 割りと新しい建物が再開発に含まれて解体されるのは珍しくありませんが、やっぱりなんだかもったいない気もしますね。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 南街区方面です。すぐ近くには雑司ヶ谷霊園があるため遮る物のない視界が広がりそうです。逆に「ブリリアタワー池袋」の住宅からの眺望には大きな影響が出そうです。

■物件概要■
事業名:南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区南池袋2丁目
用途:共同住宅、事務所、店舗、公共公益施設
総戸数:1495戸
階数(北街区):地上53階、地下2階
階数(南街区):地上50階、地下2階
高さ:約180m
敷地面積(北街区):8,761
敷地面積(南街区):6,305
延床面積(北街区):11万979
延床面積(南街区):7万8431
事業者:南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合
事業推進パートナー:住友不動産、野村不動産、都市再生機構
事業協力者:清水建設
事業推進コンサルタント:INA新建築研究所、ポリテックエイディディ
工期:2021年3月着工〜2025年3月竣工予定
総事業費:1101億3300万円

大崎で地上40階タワマンと20階オフィスビル計画「東五反田二丁目第3地区再開発事業」の建設地の様子(2019.10.5)

東五反田二丁目第3地区再開発事業
立面イメージ[出典:品川区]

 大崎駅から北側へ徒歩数分、目黒川沿いで「東五反田二丁目第3地区再開発事業」が計画されています。事業者は東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合で竹中工務店が事業協力者として参画しています。

 A地区(業務棟)は地上約20階、高さ約110m、延べ床面積約70,000屐B地区(住宅棟)は地上約40階、高さ約150m、延床面積約41,000といった規模の計画となっています。



東五反田二丁目第3地区再開発事業
配置図[出典:品川区]

 目黒川沿いの三角形の街区が計画地で、大崎駅に近い側からA地区、B地区、C地区となっています。C地区には公演が整備される計画となっています。



東五反田二丁目第3地区再開発事業
位置図[出典:品川区]

 場所は五反田駅と大崎駅の間で両駅が徒歩圏です。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 その目黒川沿いから見た「東五反田二丁目第3地区再開発事業」の計画地です。準備組合が開発計画の説明会を先月下旬に行った段階のため解体等の動きはありません。




東五反田二丁目第3地区再開発事業

 このイマジカがあるあたりに地上40階程度、高さ約150m、総戸数約395戸のタワーマンションが建設する計画となっています。高さ制限は153mとなっているので想定規模より大きくなることはないかと思います。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 こちらの「オーバルコート大崎マークウエスト」(地上17階、高さ77.2m)と右側に見切れている「ザ・パークタワー東京サウス」(地上30階、高さ109m)の目の前に地上20階程度、高さ約110mのオフィスビルが計画されています。こちらの高さ制限は115mとなっているのでこちらも想定規模より大きくなることはないかと思いますが、「ザ・パークタワー東京サウス」からの眺望には大きな影響が出ることになりそうです。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 この地区はこの角度から見るのが個人的には一番見慣れた光景です。間違いなく再開発があるだろうと過去にも撮影はしていますが、写真を探すのが大変なので週末に撮影してきました。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 三角形の街区で一番鋭角なこちら側に公演が整備されます。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 この正面のビルもイマジカの建物ですが、路地を入って行くとイマジカではない他の建物や戸建てもあります。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 こういった再開発予定地には再開発待ちの駐車場が点在していることが多いですが、ここはこの北東角にしかありません。

 まだ準備組合が説明会を行った段階なので実際の再開発が始まるのはまだまだ先になりそうです。今後は2020年を目標に都市計画を決定し組合を設立、そして権利変換計画認可を経て着工となります。

■物件概要(共通)■
事業名:東五反田二丁目第3地区再開発事業
所在地:東京都品川区東五反田二丁目
事業主:東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合
事業協力者:竹中工務店

■物件概要(A地区:業務棟)■
用途:事務所・店舗
階数:地上約20階
高さ:約110m
敷地面積:約9,200
延床面積:約70,000

■物件概要(B地区:住宅棟)■
用途:住宅・保育所
総戸数:約395戸
階数:地上約40階
高さ:約150m
敷地面積:約4,500
延床面積:約41,000

高さ約180m、約133m「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設状況(2019.10.5)

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 渋谷駅前の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。現地看板を撮影しました。左が地上39階、高さ179.97mとなるA街区、右が地上29階、高さ133.00mとなるB街区です。場所は渋谷駅の山手線外側の恵比寿方面側で、現在の埼京線渋谷駅の目の前です。

 A街区の低層部は商業施設、中高層部オフィスビルとなり、B街区は低層部に商業施設、オフィスフロア、そして真ん中あたりから上が住宅、サービスアパートメントとなります。事業主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合で、組合員及び参加組合員として東急不動産が参画しています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 既に着工していますが既存ビルの解体工事も行われています。ただ、これだけの既存建物がありましたが街区内の道をほぼ廃道して解体工事を行ったため、数棟を残してほぼ既存建物は姿を消しています。廃道されていない道は軍攻茲29と30の間とそこから右に行く道だけです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
配置計画図[出典:東急不動産]

 完成時にはこのような配置となります。右下のC棟は教会となります。A街区とB街区の間には広い道路も整備され、そして上のまだ廃道されていないあたりの道路上には「(仮称)さくらにぎわい広場」も建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 埼京線の渋谷駅のホームから見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 道路を挟みますがこのように線路のすぐ隣が建設地です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 A街区の既存ビルは地下部以外は解体が終わっていそうでしたが、B街区では既存ビルの解体工事が行われています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 ちなみにB街区設置されていた作業予定では今週の10月7日が起工式となっていました。




(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)の建設地です。「渋谷ストリーム」から撮影しました。良い観察スポットだったのですが埼京線のホーム上に鉄骨が組まれて始めて見えづらくなってきました。



IMG_5226_(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 渋谷駅に近い側です。まだ地下部分の構造物が残っているのが見えます。こうゆうのってどこまでキレイに解体するんでしょうね?色々な工事現場を見てきましたが未だに謎です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 この渋谷駅側は歩道橋からキレイに見ることができたのですが、大きな目隠しが設置されてしまっていました。立ち止まって見る人も多かったようなのでその防止策ですかね。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 歩道橋を移動すると少しだけ中を覗くことができました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 B街区方面は丘の上となっておりその途中の坂道から見たA街区です。ここも仮囲いがあるのでカメラをバンザイして持ち上げて撮りました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 鉄骨が組まれ始めるまではここが一番の観察スポットとなりそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 恵比寿側から見た建設地です。開いていたゲートから撮りました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定




(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」(地上29階、高さ133.00m)の建設地です。ヤマハのビルなどの解体工事が行われています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 反対側から見た建設地です。まだ白い建物が残っていますが…



中渋谷教会

 その建物は「中渋谷教会」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 C街区

 このクレーンが設置されている場所がC街区で、2019年7月1日〜2020年5月15日の工期で教会が建設中です。ここ「中渋谷教会」が移転した後に現在の「中渋谷教会」が解体されるものと思われます。



日本経済大学
 「中渋谷教会」の隣には日本経済大学だった建物も残っていますが、今は同再開発の事務所として利用されています。「中渋谷教会」の解体と同時期に解体されるものと思われます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。階数のところに補助第18号線レベルを1階とした場合は地上30階、地下1階との記載があるので、運用上は地上30階建てとなるかと思われます。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

総戸数1247戸!地上45階巨大タワマン「白金ザ・スカイ」の建設状況(2019.10.5)

白金ザ・スカイ

 現地看板を撮影した白金で建設中のタワーマンション「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。2019年11月中旬から販売開始予定で売主は東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの5社です。

 看板にも書いてありますが山手線内側で1247戸(非分譲住戸477戸)という巨大な分譲のタワーマンションで最上階には5億円超えの部屋も用意されます。低層階の1LDK(約35屐砲任眥效渦舛鰐500万円で価格は5500万円前後となるようで2LDKだと億超えが基本となります。



白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 場所は白金高輪駅から東京タワー側に徒歩3分の距離です。ただ、徒歩3分と言っても駅の入り口から改札まではちょっと距離があります。



白金ザ・スカイ

 東棟が高層棟で地上45階、高さ156.10m、西棟が中層棟で地上19階、左の医療施設等となっている場所が低層棟となります。建設地の北側には首都高と古川があり、同再開発と連携して古川の護岸整備も行われ、水辺のプロムナードとして歩行者専用道路として整備されます。また、現在敷地南側には狭い路地がありますが同再開発によって拡幅されます。また、その道路沿いには商業施設も入ります。



白金ザ・スカイ

 首都高下から見た高層棟側の「白金ザ・スカイ」の建設地です。背後に見える超高層は左が「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)で右が「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。

 白金のタワーマンションと言えばこの「白金タワー」でしたが、ここの「白金ザ・スカイ」を含めて3棟のタワーマンションが建設中で、さらに他にもタワマン計画があるため将来的には山手線内側で最大と言ってもいいタワマン群が誕生します。



白金ザ・スカイ

 低層棟側から見た建設地です。東西に伸びた細長い敷地となっています。



白金ザ・スカイ

 西側から撮影。



白金ザ・スカイ

 中が見えたのでズームです。



白金ザ・スカイ

 中をガッツリ覗ける場所もないのでしばらくはこういった光景が続きそうです。



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定

地上39階「パークコート渋谷 ザ タワー」の建設状況(2019.10.05)

パークコート渋谷 ザ タワー

 渋谷で建設中のタワーマンション「パークコート渋谷 ザ タワー」(地上39階、最高高さ142.69m)です。渋谷ヒカリエから撮影しました。



パークコート渋谷 ザ タワー

 最上階に近づくに連れてチューリップのように広がる特徴的な外観が見えるようになっていました。撮影時は37階部分の建設が始まったところでした。最上階到達までもう少しです。



パークコート渋谷 ザ タワー

 目の前から撮影。



パークコート渋谷 ザ タワー

 「LINE CUBE SHIBUYA」の隣にある広場越しに撮影。「LINE CUBE SHIBUYA」は建替えられた「渋谷公会堂」のことでLINEがネーミングライツを取得しています。オープンは今度の日曜、10月13日の予定でこらけ落とし公演には「Perfume」が出演します。ちょうど台風が来ると言われている頃だと思いますが無事に開催されるといいですね。



パークコート渋谷 ザ タワー

 NHK前から見上げてみました。



パークコート渋谷 ザ タワー

 高層部はこのように見えます。



パークコート渋谷 ザ タワー

 公式サイトを見ると現在1戸だけ先着順で発売中で、33階、南西角、2LDK、89.85屬1億8840万円となっています。また、今月下旬からは第4期の販売が開始されますが、専有面積43.38屐208.89屬箸覆辰討い泙后この200崢兇┐良屋は最上階角部屋で屋上にプライベートプールがある部屋となります。いったいおいくら億円になるんでしょうね?ちなみにここは定期借地権付きで2093年09月30日までの約70年間となっています。地代は引渡時一括払いです。



パークコート渋谷 ザ タワー

 井の頭通り側から撮影。



パークコート渋谷 ザ タワー

 やっぱりこの高層部は目立ちますね。



パークコート渋谷 ザ タワー

 ちょっと離れた場所からも目立っていました。



パークコート渋谷 ザ タワー
立面図[出典:渋谷区]

 以前、公開されていた立面図です。最上階に行くに連れて広がっているように見えますが、この立面図を見ると削っていた角を四角形にして行っているだけで、実際は直方体のようです。

■物件概要(住宅棟)■
名称:パークコート渋谷 ザ タワー
計画名:(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟
所在地:東京都渋谷区宇田川町28番49,28番79,96番3
用途:共同住宅
総戸数:505戸(総販売戸数355戸)
定期借地権:2093年09月30日まで約70年
階数:地上39階、地下4階
高さ:136.24m(最高高さ142.69m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,565.00
建築面積:1,689.99
延床面積:61,491.62
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:日本設計
施工者:東急建設
工期:2016年6月上旬着工〜2020年9月下旬竣工予定
入居:2021年1月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク