超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

最上階まで達した「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー」の建設状況(2017.3.11)

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 東京スカイツリーの天望回廊から撮影した「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニューBrillia THE TOWER TOKYO YAESU AVENUE)」(地上30階、高さ99.985m)です。見た感じでは塔屋部分の建設が始まっているようでした。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 近くから「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー」です。住宅フロアとしては29階が最上階となりますが、その29階まで達しています。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 もう少し近くから撮影。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 近くの交番前から撮影。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 新川二丁目交差点から撮影。黄色のマンション「八丁堀東豊エステート」(地上11階)が再開発には参加しなかったようにも見えますが、その後ろには道路があり別区画となっています。建設地は「旧キリン本社ビル」と「カヤヌマビル」の跡地です

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 八重洲通り沿いから撮影。この道路を右側に真っ直ぐ進んで行くと東京駅の正面に出ます。

ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
 最後のスカイツリーからの眺めをもう1枚。中央やや右側が「ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー」です。左側で建設中のタワーマンションは数日前のブログに載せた「パークシティ中央湊 ザ タワー」(地上36階、最高高さ128.96m)です。

■ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニューの概要■
名称:ブリリア ザ・タワー 東京八重洲アベニュー
計画名:(仮称)中央区新川2丁目計画
所在地:東京都中央区新川2丁目3番1
用途:共同住宅
総戸数:387戸
階数:地上30階、地下1階(30階部分は階段室・ELV機械室)
高さ:99.985m
敷地面積:3,011.97
建築面積:1,525.12
延床面積:38,452.06
構造:鉄筋コンクリート造、直接基礎免震
基礎工法:直接基礎
建築主:東京建物、三菱地所レジデンス
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2014年12月上旬着工〜2017年10月上旬竣工予定
入居:2017年11月下旬予定

ついに始動!37階建てタワマン「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」の建設地の様子(2017.3.17)

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト 完成予想図
(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト 完成予想図[出典:公式HP]

 海浜幕張駅から見て千葉駅側、陸側に位置する幕張新都心最後の大規模住宅地区「幕張新都心若葉住宅地区」において三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業の7社によって、住宅・オフィス・商業をはじめとするミクストユースの街『(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト』が始動すると3月16日にニュースリリースが出ました。それと同時に公式HPもオープンし、第一弾となる「(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス」(地上37階、高さ132.89m、総戸数503戸)の完成予想図なども公開されています。

▼(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト:公式HP
http://www.makuhari-pj.com/shinchiku/G1502001/

▼三井不動産レジデンシャル:ニュースリリース(2017年3月16日)
首都圏最大級のミクストユースの街づくり
『(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト』が始動
1万人が暮らす“ライフ・イノベーション・タウン”へ
〜分譲住宅『(仮称)幕張B-7 街区タワー&レジデンス』2017年11月下旬に販売開始予定〜



(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
 昨日3月17日に「(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス」の建設地を見に行ってみました。早速仮囲いに「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト 始動」の看板が出ていました。

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
 他にも真新しい看板が設置されていました。

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
 書いてある内容は「開発面積約17.5haの首都圏最大級プロジェクト|賑わいに満ちた住商複合開発|地上37階建て、超高層免震タワー」です。

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
 他の看板です。水色の点線で囲まれた公園ゾーンは「若葉3丁目公園」として既に整備されており、その公園を囲むように配置された開発計画ゾーンに6棟のタワーマンションが10年以上かけて建設されます。

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
 これも現地看板を撮影したもので「若葉3丁目公園」から見たB-7街区の完成予想図です。タワー棟の足元左にも描かれていますが8階建てのレジデンス棟も建設されます。それぞれの戸数はタワー棟が454戸、レジデンス棟が49戸で2017年11月下旬から販売開始予定となっています。

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
 「若葉3丁目公園」から撮影。まだまだ工事は始まったばかりです。

販売センター
 B-7街区の隣、B-6街区では7月31日完成予定で販売センターが建設中です。

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
 海浜幕張駅側から撮影した「(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト」です。この道路の両側も同プロジェクトの敷地で、道路の先の左側に見えるクレーンがある場所が第一弾のタワーマンションが建設されるB-7街区です。駅からメインエントランスまで徒歩15分とかなりの距離があります。

(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト 完成予想図
(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト 完成予想図[出典:三井不動産]

 その道路側から見た完成予想図です。アメリカオレゴン州のポートランドをモデルにした街づくりが行われます。実際、ポートランドを拠点に同市の街づくりに長年携わってきた設計事務所「ZGF アーキテクツ」を街づくりのコンサルタントとして招聘しています。

 また、国家戦略特区に指定されており、同プロジェクトエリア内における生活必需品や医薬品の「ドローン宅配」の検討や、幕張新都心内の公道(車道・歩道)を利用した「自動運転モビリティ」運行サービスなどの実現に向け官民共同での実証実験を開始しています。


(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト 完成予想図
(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト 完成予想図[出典:三井不動産]

 別な完成予想図です。6棟のタワーマンションのうち、一番右側に描かれているタワーマンションはB-2街区です。現地には地上48階、高さ172.40mの規模で建築計画のお知らせが出ています。同プロジェクト全体では10年以上かけて約4,500戸の住戸が整備される予定となっています。


(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト 建築計画のお知らせ
 B-7街区に出ている建築計画のお知らせです。住戸数637戸となっていますが、今回発表された総戸数は503戸です。ニュースリリースを見るとサービス付き高齢者向け住宅の記載もあるので、それを含めた戸数が637戸なのかもしれません。

■(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンスの物件概要■
仮称:(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス
プロジェクト名:(仮称)幕張ベイタワーズプロジェクト
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-7街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-18,1-19(地番)
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設、駐車場
総戸数:503戸(タワー棟454戸、レジデンス棟49戸)
階数:地上37階
高さ:132.89m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:20,518.63
建築面積:8,312.73
延床面積:68,944.05
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2016年7月1日着工〜2019年4月30日竣工予定

最上階まで達した「パークシティ中央湊 ザ タワー」の建設状況(2017.3.11)

パークシティ中央湊 ザ タワー
 東京スカイツリーの天望回廊から撮影した「パークシティ中央湊 ザ タワー」(地上36階、最高高さ128.96m)です。見た感じでは塔屋の建設中のようでした。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 スカイツリーから撮影の2日後の3月11日に現地に行って撮影してきました。これは隅田川側から撮影しています。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 反対の都心側から撮影。手前の工事現場は「パークシティ中央湊 ザ タワー」とは関係なく「シティタワー銀座東」(地上22階、最高高さ76.00m)の建設地です。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 そのため都心側は高層階にならないと開けた視界とはなりません。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 少し離れた場所から撮影。ちょっとした隙間から見えるタワーマンションっていいですよね。

月島・佃・晴海・勝どきのタワーマンション群
 最後のスカイツリーからの眺めをもう1枚。「パークシティ中央湊 ザ タワー」は右端あたりです。月島・佃・晴海・勝どきのタワーマンション群の中ではあまり目立たないかもしれませんが、隅田川を挟んで見るタワーマンション群、高層階から見る都心の超高層ビル群など眺望はかなり良さなタワーマンションです。

■パークシティ中央湊 ザ タワーの物件概要■
名称:パークシティ中央湊 ザ タワー
仮称:(仮称)中央区湊再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)湊二丁目東地区第一種市街地再開発事業B街区
所在地:東京都中央区湊二丁目14,15番
用途:共同住宅、店舗、工場、町会事務所、駐車場
総戸数:416戸(権利者住戸148戸を含む、他に店舗1区画、印刷工場1区画、事務所1区画)
階数:地上36階、地下1階
高さ:127.64m(最高高さ128.96m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,682.95
建築面積:2,090.19
延床面積:45,045.59
建築主:湊二丁目東地区市街地再開発組合
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2015年1月9日着工〜2018年3月31日竣工予定
入居:2018年2月下旬予定

日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)の建設状況(2017.3.4)

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業
 江戸川区の自宅マンションから撮影(3月8日)した日本橋二丁目地区方面です。左のオレンジ色のタワークレーンがA街区で地上27階、高さ144.935m、中央のシルバーのタワークレーンがC街区で地上32階、高さ174.666mの超高層ビルが建設中です。今回はC街区の建設状況を載せていきます。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業
 3月4日に江戸橋一丁目交差点から撮影した日本橋二丁目地区の大規模再開発です。中央で建設中のビルが「(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)」(地上32階、高さ174.666m)です。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 同じ方向から目の前で撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 東京駅側の中央通りに出て撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 隣の眦膕案本橋店と一緒に撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 その眦膕案本橋店とはこのように空中通路で繋がり、そして地下でも繋がります。また、両棟の間にあった道路は歩行者専用道路となり一体化した空間となります。

■(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)の物件概要■
名称:(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
所在地:東京都中央区日本橋二丁目17番3
用途:百貨店・事務所・店舗・駐車場
階数:地上32階、塔屋1階、地下5階
高さ:174.666m
構造:S造、SRC造、RC造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:6,023.84
建築面積:5,300.72
延床面積:147,762.17
建築主:日本橋二丁目地区市街地再開発組合
設計者:日本橋二丁目再開発事業 日本設計・プランテック設計共同体
施工者:鹿島建設
工期:2014年12月22日着工〜2018年12月下旬竣工予定

日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の建設状況(2017.3.4)

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業
 東京スカイツリーの天望回廊から撮影(3月9日)した日本橋二丁目地区方面です。A街区では地上27階、高さ144.935mの超高層ビル、C街区では地上32階、高さ174.666mの超高層ビルが建設中です。今回は中央やや左のA街区の建設状況を載せていきます。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 3月4日に江戸橋一丁目交差点から撮影した「(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上27階、高さ144.935m)です。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 近くから撮影。ガラスカーテンウォールの取り付けてもどんどん進んでいます。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 昭和通りに面した超高層ビルですが、低層部はエネルギーセンターや機械室などで店舗スペースなどはないオフィスビルとなります。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 路地を入った場所から撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 店舗は入らないビルですが、このように隣の高島屋日本橋店とは空中通路で直結となります。

■(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の物件概要■
名称:(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋二丁目17番1号
用途:事務所・駐車場
階数:地上27階、塔屋2階、地下5階
高さ:144.935m
構造:S造、SRC造、RC造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:2,991.31
建築面積:2,717.90
延床面積:60,142.88
建築主:日本橋二丁目地区市街地再開発組合
設計者:日本橋二丁目再開発事業 日本設計・プランテック設計共同企業体
施工者:大林組
工期:2014年11月7日着工〜2018年7月下旬竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。