超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

「ザ・タワー 横浜北仲」隣の「北仲通北地区A-1、A-2地区」に住友不動産・大和地所が最高高さ162mの共同住宅・ホテルで構成される複合ビルを建設!

北仲通北地区
完成予想図[出展:三井不動産レジデンシャル]

 約4年前に公開された「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)の完成予想図です。この頃から周りに建設される超高層ビルの形だけ描かれていましたが、その右側の「北仲通北地区A-1、A-2地区」の概要が本日の建設通信新聞に掲載されました。

▼建設通信新聞:2020年1月17日
一体計画で再始動/設計は久米、21年着工/大和地所と住友不動産の北仲通北A-1・2地区



北仲通北地区A-1、A-2地区
配置図[出展:建設通信新聞]

 記事によると事業者は大和地所と住友不動産、設計は久米設計となっており、建設される建物は地上41階、地下3階、高さ約150m、最高高さ約162mのタワー部、地上11階、地下1階、高さ約45mの中層部、地上7階、地下1階、高さ約31mの低層部で構成され延べ約9万8960屬竜模で計画されており、2021年に着工、2025年の完成を目指すとのことです。

 主要用途は共同住宅と宿泊施設で共同住宅が約4万2820屐別400戸)、宿泊施設が約4万3260屐駐車場が約1万2880屐別390台)となっています。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296.33m)の69階にある展望室からの眺めです。「ザ・タワー 横浜北仲」の手前の赤く網掛けをした部分が「北仲通北地区A-1、A-2地区」となります。

 右側の塔屋が三角形に見えるビルが「横浜市新市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)で南北デッキで結ばれる予定となっています。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 約1年前にセスナから撮影した横浜の空撮です。赤い網掛けをした部分が「北仲通北地区A-1、A-2地区」です。北西側に「横浜ランドマークタワー」が見える立地で、途中に遮る建物が建設されそうにもない場所です。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 フロア構成が不明なので住宅部が高層部になるのかどうかもわかりませんが、住友不動産なのでもし分譲なら「ザ・タワー 横浜北仲」のように完成前にサクッと完売することはないでしょうね。建設通信新聞の記事は環境影響評価審査会で明らかになった内容とのことだったので、その資料が横浜市のHPにアップロードされたらもう少し詳しいことがわかるかもしれません。
→低層部がホテルで高層部が共同住宅という情報を頂きました。そうなってくると住友不動産の超高級賃貸マンションシリーズの「ラ・トゥール」になるといったこともあり得そうですね。

■物件概要■
計画名:北仲通北地区A-1、A-2地区
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通6丁目
用途:共同住宅・ホテル・駐車場
総戸数:約400戸
階数:地上41階、地下3階
高さ:約150m(最高高さ約162m)
建築面積:約5180
延べ面積:約9万8960
建築主:大和地所、住友不動産
設計者:久米設計
工期:2021年着工〜2025年竣工予定

海老名市最高層タワマン!地上31階「リーフィアタワー海老名ブリスコート」の建設状況(2020.1.5)

リーフィアタワー海老名ブリスコート
外観完成予想CG[出展:公式HP]

 海老名で建設中の「リーフィアタワー海老名ブリスコート」(地上31階、高さ99.95m)の完成予想図です。建設地はJR相模線「海老名」駅と小田急線・相鉄本線「海老名」駅に挟まれた場所の再開発エリア「ビナガーデンズ」の南西端に位置しています。



リーフィアタワー海老名ブリスコート
ビナガーデンズ開発概念図[出展:公式HP]

 小田急線・相鉄本線「海老名」駅からは徒歩4分の距離で、途中には一足先に完成した「リーフィアタワー海老名アクロスコート」(地上31階、高さ99.95m)もあります。ブリスコートとアクロスコートは同じ地上31階、高さ99.95mで海老名市では最高層のタワーマンションとなります。



リーフィアタワー海老名ブリスコート
外観完成予想CG[出展:公式HP]

 その「リーフィアタワー海老名アクロスコート」と「リーフィアタワー海老名ブリスコート」はこのように立体駐車場も含めて同じデザインでツインタワーのようになります。



リーフィアタワー海老名ブリスコート
外観完成予想CG[出展:公式HP]

 売主は小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄の3社で設計と施工は三井住友建設、総戸数は302戸で2020年10月下旬の竣工予定となっています。

 共用施設とし28階角にスカイラウンジが設置され、低層部にはゲストルームやコミュニティルーム、オーナーズ・ライブラリーといった施設も設置されます。



リーフィアタワー海老名ブリスコート

 2020年1月5日に撮影した建設中の「リーフィアタワー海老名ブリスコート」(地上31階、高さ99.95m)です。右後ろに見切れているのが「リーフィアタワー海老名アクロスコート」(地上31階、高さ99.95m)です。



リーフィアタワー海老名ブリスコート

 北側から撮影。



リーフィアタワー海老名ブリスコート

 北側も再開発されますが今はまだ駐車場となっているため撮影しやすく北側からの写真が多くなっています。南側には線路がありますが陸橋もあるので今度はそこからも撮れればなと思っています。



リーフィアタワー海老名ブリスコート

 海老名は駅からちょっと歩くと畑や駐車場が結構あるので撮影スポットも色々とありそうです。時間があるときには撮影スポットを探して歩いてみたいです。



リーフィアタワー海老名ブリスコート

 同じような角度からもう1枚。「ららぽーと海老名」前のペデストリアンデッキから撮影しています。



リーフィアタワー海老名ブリスコート

 最後は近くから見上げた「リーフィアタワー海老名ブリスコート」です。隣のアクロスコートは後日載せます。



リーフィアタワー海老名ブリスコート 開発行為等計画の概要

 開発行為等計画の概要です。A棟がアクロスコート、B棟がブリスコートです。

■物件概要■
名称:リーフィアタワー海老名ブリスコート
所在地:神奈川県海老名市めぐみ町512番12(地番)
用途:共同住宅
総戸数:302戸
階数:地上31階
高さ:99.95m
構造:鉄筋コンクリート(一部鉄骨)造、免震構造
敷地面積:5,986.26
建築面積:2,509.37
延床面積:33,614.34
建築主:小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2017年8月1日着工〜2019年10月下旬竣工予定
入居:2021年1月下旬予定

北青山の賃貸タワマン!地上25階「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」と地上20階「都営北青山三丁目団地」の建設状況(2019.12.8)

北青山三丁目地区

北青山三丁目地区の空撮

 2019年12月14日にヘリから撮影した「都営青山北町アパート」跡地の再開発「北青山三丁目地区」方面です。中央が「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」(地上25階、最高高さ99.90m)で、その左側が「(仮称)都営北青山三丁目団地」(地上20階、高さ70m)です。



北青山三丁目地区
完成予想図[出展:東京都都市整備局]

 反対側から見た完成予想図です。敷地北西側には大規模な緑地空間となる「森」や水辺が整備されます。



(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業
完成予想図[出展:東京都都市整備局]

 「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」の低層部の完成予想図です。外装デザインは隈研吾氏が手掛けており木材を多用しています。



北青山三丁目地区

 空撮と同じ日に展望台の「渋谷スカイ」から撮影した青山方面です。



北青山三丁目地区

 左側のこの部分が「北青山三丁目地区」です。背後に見えるタワークレーンは数日前の当ブログに掲載した青山ベルコモンズ跡地で建設中の「(仮称)北青山二丁目計画」(地上20階、最高高さ94.60m)です。




(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

 2019年12月8日に撮影した「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」(地上25階、最高高さ99.90m)です。



(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

 建設地は「都営青山北町アパート」の跡地ですがここは都営住宅ではなく、東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設で構成される青山共創が建築主となる民間の賃貸のタワーマンションとなります。



(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業

 フロア構成は1〜2階が店舗、認可保育所、地域交流施設、2〜4階がサービス付き高齢者向け住宅(49戸)、5〜25階が賃貸住宅(229戸)となります。軽くググって見てもまだ賃貸住宅の募集は見当たりませんでしたが、場所的にもかなり高額の家賃になりそうですね。

■物件概要■
仮称:(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業
所在地:東京都港区北青山三丁目227番4
用途:賃貸住宅(229戸)、老人ホーム(49戸)、飲食店、物販店舗、保育所、自動車車庫
階数:地上25階、地下1階
高さ:89.90m(最高99.90m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,895.01
建築面積:2,849.12
延床面積:34,804.00
建築主:青山共創
構成員:東京建物、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2018年3月1日着工〜2020年5月31日竣工予定



(仮称)都営北青山三丁目団地

北青山三丁目地区

 「北青山三丁目地区」の南東側に整備中の道路です。この中央奥に見えるのが「(仮称)都営北青山三丁目団地」(地上20階、高さ70m)です。



(仮称)都営北青山三丁目団地

 少し場所を変えてもう1枚。2019年9月30日竣工予定だったので既に完成しているかと思いますが入居が始まっている様子はまだありませんでした。



(仮称)都営北青山三丁目団地

 都営住宅なので条件を満たした世帯での抽選になるかと思いますが、軽くググってもこちらも賃貸の募集を見つけることはできませんでした。背後にチラッと見えている「(仮称)北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」の家賃の数分の1になるかと思いますがここに住めたら超ラッキーですね。


(仮称)都営北青山三丁目団地

 「表参道」駅の出入り口前にある「秋葉神社」越しに撮影。表参道は人で溢れかえっていますが「北青山三丁目地区」は通りから中に入った場所で静かな環境です。それでいて駅に近いので立地なので人気が出ないわけがないですね。

■物件概要■
仮称:(仮称)都営北青山三丁目団地
所在地:東京都港区北青山三丁目227番3
用途:都営住宅、保育所、児童館
階数:地上20階、地下なし
高さ:70m
構造:鉄筋コンクリート(一部鉄骨)
基礎工法:杭基礎
敷地面積:8,817.98
建築面積:2,919
延床面積:21,367
建築主:東京都
設計者:東部住宅建設事務所
施工者:長谷工・株木・石川・武家田建設共同企業体(代表者:長谷工コーポレーション)
工期:2017年3月20日着工〜2019年9月30日竣工予定

空撮あり!東京五輪の選手村にもなる晴海フラッグ(HARUMI FLAG)の建設状況(2020.1.11)

晴海フラッグの空撮

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの選手村ともなる「晴海フラッグ(HARUMI FLAG)」の空撮です。まだ建設中ですが見た感じは建物の外観は既に完成しており残すは外構のみといった感じでした。

※空撮は2019年11月30日と2019年12月14日に撮影、現地での写真は2020年1月11日の撮影です。



晴海フラッグの空撮

 オリンピック・パラリンピック中は選手村として使用されますが、大会後は再整備して一般向けの分譲マンションと賃貸マンションとなります。また、大会後にはこの写真中央あたりに地上50階、最高高さ179.60mの超高層ツインタワーマンションも建設されます。そのツインタワーも含めて全体で5632戸(分譲4145戸、賃貸1487戸)という新しい街が晴海に誕生います。



晴海フラッグ
HARUMI FLAG 完成予想CG[出展:公式HP]

 空撮とほぼ同じ方向から見た完成予想図です。空撮と見比べてみると完成予想図通り建設が進んでいるのがわかります。



晴海フラッグ
敷地配置完成予想CG[出展:公式HP]

 全体の配置は分譲棟となるSUN VILLAGE、PARK VILLAGE、SEA VILLAGE、賃貸棟のPORT VILLAGEの4つの街区に分かれており、ツインタワーも建設されると合計で23棟のマンション街となります。小中学校予定地では現在「選手村メインダイニング」が建設中ですが、大会後には解体され小中学校が建設されます。

 売主は三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、野村不動産、住友不動産、住友商事、東急不動産、東京建物、NTT都市開発、日鉄興和不動産、大和ハウス工業の10社で分譲棟のうちPARK VILLAGEでは既に販売済みの住戸もあります。3月下旬からはSUN VILLAGEとSEA VILLAGEの分譲も開始されます。



晴海フラッグ PARK VILLAGEの空撮

 分譲棟となるPARK VILLAGEとSUN VILLAGEの空撮です。



晴海フラッグ PARK VILLAGEの空撮

 西側には晴海ふ頭公園があり現在再整備中です。周辺の道路は既に完成していますが工事関係車両にしか開放されていない場所がほとんどです。



晴海フラッグ PARK VILLAGEの空撮

 手前が「晴海フラッグ PARK VILLAGE」で、地上14階〜18階建ての6棟が建っています。大会後には右の角地に地上50階、最高高さ179.60mの超高層棟も建設されます。

 奥が「晴海フラッグ SUN VILLAGE」で、PARK VILLAGEと同じく地上14階〜18階建ての6棟が建っています。大会後には右の角地に地上50階、最高高さ179.60mの超高層棟も建設され、PARK VILLAGEと合わせてツインタワーのようになります。



晴海フラッグ PARK VILLAGE

 晴海客船ターミナルから見たPARK VILLAGEとSUN VILLAGEです。



晴海フラッグ PARK VILLAGE

 PARK VILLAGEです。



晴海フラッグ PARK VILLAGE

 晴海客船ターミナルのデッキから見るとこのように見えます。



晴海フラッグ PARK VILLAGE

 晴海客船ターミナルは解体される話もありましたがどーなったんでしょうね。



晴海フラッグ PARK VILLAGE



晴海フラッグ PARK VILLAGE



晴海フラッグ PARK VILLAGE



晴海フラッグ SUN VILLAGE

 SUN VILLAGEです。



晴海フラッグ SUN VILLAGE

 PARK VILLAGEと同じデザインコンセプトとなっているようですが、形や大きさは異なります。



晴海フラッグ SUN VILLAGE



晴海フラッグ SEA VILLAGEの空撮

 他の街区も色々と写っていますが「晴海フラッグ SEA VILLAGE」の空撮です。写真下に並ぶ横長の街区がSEA VILLAGEで地上14階〜18階建ての6棟のマンションが並んでいます。

 中央で建設中の低層の建物が大会後は小中学校建設地となる「選手村メインダイニング」です。



晴海フラッグ SEA VILLAGE

 豊洲大橋から撮影したSEA VILLAGEです。どこからが東京湾なのか知りませんがSEA VILLAGEということは豊洲大橋を超えたところはもう海なんですかね。



晴海フラッグ SEA VILLAGE

 目の前に停泊している船は水産庁の船です。



晴海フラッグ SEA VILLAGE

 すぐ近くに停泊しているようにも見えましたが、実はこうしてそれなりにマンションとは離れています。整備中の場所は晴海緑道公園整備工事でジョギング散策路や展望広場などが整備されます。



晴海フラッグ SEA VILLAGE

 波を打ったような外観が格好いいです。



晴海フラッグ SEA VILLAGE

 晴海客船ターミナルから見たSEA VILLAGEです。



晴海フラッグ

 SEA VILLAGEの隣は賃貸棟となるPORT VILLAGEですが、両街区の間には道路が既に整備されています。歩道もかなり広々しています。



晴海フラッグ PORT VILLAGEの空撮

 そんな「晴海フラッグ PORT VILLAGE」の空撮です。地上15階〜17階建ての4棟構成となっています。



晴海フラッグ PORT VILLAGE

 「晴海フラッグ」には新橋駅や虎ノ門を結ぶBRTが運行しますが、地下鉄の最寄り駅となる都営大江戸線「勝どき」駅まではここが一番近いです。



晴海フラッグ PORT VILLAGE

 PORT VILLAGEは4棟しかありませんが1487戸とかなりの戸数があるので狭めの部屋が多そうです。



選手村メインダイニング

 そのPORT VILLAGEの隣で建設中の「選手村メインダイニング」です。



選手村メインダイニング

 外観もほぼ完成しているようでした。ここは24時間体制で約700のメニューがあり、イスラム教徒に配慮したハラール料理やベジタリアン向け料理も提供されます。



選手村マルチファンクションコンプレックス(商業棟)

 「選手村マルチファンクションコンプレックス(商業棟)」です。



選手村マルチファンクションコンプレックス(商業棟)

 こちらは大会後も商業施設として使用されます。



選手村マルチファンクションコンプレックス(商業棟)

 こちらは既に外観は完成しているようでした。オリンピック・パラリンピック中は大勢の選手で賑わうんでしょうね。ただ、大会後は各部屋をリノベーションするため入居時期が2023年3月下旬となっており、しばらくの間はまたあまり人のいない状態が続くことになりそうです。

空撮あり!青山ベルコモンズ跡地の高さ94.60m「(仮称)北青山二丁目計画」の建設状況(2019.12.8)

(仮称)北青山二丁目計画

 北青山で建設中の「(仮称)北青山二丁目計画」(地上20階、最高高さ94.60m)です。2019年12月14日にヘリから撮影しました。



(仮称)北青山二丁目計画

 場所は青山通りと外苑西通りが交差する南青山三丁目交差点の角地で「青山ベルコモンズ」の跡地です。最寄駅は東京メトロ銀座線「外苑前」駅で徒歩3分の距離です。半蔵門線と千代田線も乗り入れる「表参道」駅も徒歩圏です。



(仮称)北青山二丁目計画

 目の前から撮影した「(仮称)北青山二丁目計画」です。独特なデザインの外観が見えるようになっていました。撮影は2019年12月8日なので今はもっと外観が見えるようになっているかと思います。



(仮称)北青山二丁目計画
施設構成イメージ[出典:三菱地所]

 フロア構成は1、2階が商業施設、3階、4階がホテルロビーとイベントスペース、5階〜15階がオフィスフロア、そして16階〜20階がホテルの客室となり、20階にはルーフトップレストラン&バーも設置されます。ホテルは42室で運営は東京初出店となる「Plan・Do・See」となります。



(仮称)北青山二丁目計画

 裏側から撮影。こちら側のデザインはどうなっているんでしょうね?今はもう見えるようになっているかもしれません。



(仮称)北青山二丁目計画

 近くの歩道橋から撮影。窓に取り付けられている枠が階段状になっており交差点から見たときと印象が変わります。



(仮称)北青山二丁目計画

 外苑前駅近くの歩道橋から撮影。高層部のデザインが変わる部分からがホテルとなります。

■物件概要■
名称:(仮称)北青山二丁目計画
所在地:東京都港区北青山二丁目98番1他
用途:事務所、ホテル、店舗
総客室数:42室
階数:地上20階、塔屋2階、地下2階
高さ:89.90m(最高高さ94.60m)
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎:直接基礎
敷地面積:2,264.27
建築面積:1,248.44
延床面積:22,910.61
建築主:第6メック都市開発特定目的会社(三菱地所の連結子会社)
設計者:三菱地所
施工者:銭高組
工期:2017年12月11日着工〜2020年4月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク