超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

地上29階、東急タワマン「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」に建築計画のお知らせが設置!(2020.6.27)

新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
再開発ビルイメージ[出典:横浜市]

 建設中の東急新横浜線の新綱島駅(仮称)前に建設されるタワーマンション「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上29階、高さ99.90m)の完成予想イラストです。建築主は新綱島駅前地区市街地再開発組合で参加組合員として東急が参画、総戸数は252戸で2023年9月中旬竣工予定となっています。

 東急新横浜線は新横浜駅(仮称)から日吉駅までを結ぶ新線で、新横浜駅(仮称)からは相鉄新横浜線も建設中で羽沢横浜国大駅まで繋がります。簡単に言うと二俣川方面から東京都心に行くのに横浜駅を経由しないで行ける路線となります。

 新綱島駅(仮称)の近くには東急東横線の綱島駅もあり横浜駅と武蔵小杉駅の間にあります。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
施設構成図[出典:横浜市]

 「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の低層部は商業・業務施設となり低層棟部には区民文化センターも入ります。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
施設建築物配置図[出典:横浜市]

 左側の道路が綱島街道で北側には区民文化センターが入る低層棟が配置され、南側にタワーマンションとなる高層棟が配置されます。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:横浜市]

 場所は東急東横線の綱島駅の南東側で、建設中の新綱島駅の目の前となります。南側には鶴見川がありますが川沿いにはマンションが建ち並んでいます。ただ、そこまで大きなマンションではないので中層階くらいからはリバービューの部屋となりそうです。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 2013年1月にセスナから撮影した綱島方面です。赤い網掛けをした場所が「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地となります。綱島は写真上の西側の方が発展しておりお店も多数あります。東側は少し取り残された感じでしたが新駅や同再開発を契機に発展していくといいですね。綱島にはこの空撮の右端辺りに4年間住んでいたので個人的な思い入れがあります。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 2020年6月27日に撮影した「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上29階、高さ99.90m)の建設地です。日刊建設工業新聞の紙面に同再開発の記事が掲載されたので、建築計画のお知らせが設置されたのでは?と思い現地に行ってみました。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 現地には建築計画のお知らせが設置されていましたが、着工は8月中旬のため一部しか仮囲いがなく、このように建設予定を普通に見ることができました。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 次回訪問時には仮囲いで中を見ることは出来ないかもしれません。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 敷地のほぼ角地に「リビオ綱島」(地上10階)がありますが、ここは再開発には参加していないのでこのまま残ります。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 本当の角地は再開発に含まれていますが、配置図を見た感じと公開空地ですかね。。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 この辺りに区民文化センターが入る低層棟が建設されます。ちなみに写真撮影しているこの綱島街道の渡った側でもタワーマンションが計画されています。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
地名地番:神奈川県横浜市港北区綱島東一丁目813番1ほか18筆(地名地番)
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設(区民文化センター)
総戸数:252戸
階数:地上29階、地下2階
高さ:99.90m
敷地面積:3,889.59
建築面積:2,712.77
延べ面積:37,562.36
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:新綱島駅前地区市街地再開発組合
参加組合員:東急
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:未定
特定業務代行者:東急建設
工期:2020年8月中旬着工〜2023年9月中旬竣工予定

地上35階「プレミストタワー白金高輪」の建設状況(2020.5.31)

プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「白金高輪」駅徒歩1分の位置で建設中のタワーマンション「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)の完成予想図です。デザインコンセプトは「灯台」でスマートな外観となっています。バルコニーが少なめなのも特徴的です。売主は大和ハウス工業で8月下旬から販売開始予定となっています。



プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 高層部の完成予想図です。



プレミストタワー白金高輪
建物外観完成予想CG[出典:公式HP]

 低層部は高級感のある質感となっています。3階部分には共用施設が配置されます。



プレミストタワー白金高輪
エントランスラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスラウンジは明るそうですね。夜はどんな感じになるのでしょうね?



プレミストタワー白金高輪
敷地配置CG[出典:公式HP]

 左下(南西角)の「白金高輪」駅の出入り口に一番近い側にメインエントランスが設置されます。徒歩1分表記ですが30秒くらいで行ける距離です。

 近くには「白金高輪」駅直結のタワーマンション「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)がありますが、改札までは地下通路をそこそこ歩くので、改札までの距離で考えると「白金高輪」駅まで一番近いタワーマンションと言えそうです。



プレミストタワー白金高輪

 2019年12月14日にヘリから撮影した「白金高輪」駅方面です。矢印を付けた赤い網掛け部分が「プレミストタワー白金高輪」の建設地です。



プレミストタワー白金高輪

 こちらは2019年11月30日にヘリから撮影した「プレミストタワー白金高輪」の建設地です。写真中央が建設地で斜めに道路が交差している箇所に駅への出入り口があります。広い道路が真っ直ぐ続いていますが、上から左下にかけての道路が桜田通りで、下に真っ直ぐ続く道路は麻布通りとなっています。

 また、道路を渡ったところの建設現場は昨日のブログに載せた「<ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m)の建設地です。



プレミストタワー白金高輪

 2020年5月31日に現地から撮影した「プレミストタワー白金高輪」の建設地です。中央に見えているのが「白金タワー」です。



プレミストタワー白金高輪

 ここは2013年に建築計画のお知らせが設置され、当時の計画規模は地上37階、高さ147.14mで2015年6月1日着工、2018年4月30日竣工予定でした。結局は今の規模に少し縮小して2019年8月に着工しています。2013年から撮影に通っていたのでようやくここまで来た感があります。



プレミストタワー白金高輪

 反対側の麻布通り側から撮影。



プレミストタワー白金高輪

 少し移動すると「ザ・パークハウス 高輪タワー」のタワークレーンが見えます。



白金高輪駅周辺の空撮

 最後は白金高輪駅周辺の空撮です。白金高輪駅周辺では現在、以下の3棟のタワーマンションが建設中です。

黄色:白金ザ・スカイ(地上45階、高さ156.10m、2022年12月下旬予定)
青色:プレミストタワー白金高輪(地上35階、高さ131.10m、2022年11月上旬竣工予定)
緑色:ザ・パークハウス 高輪タワー(地上26階、最高高さ96.63m、2021年11月中旬竣工予定)


 それに加えて以下の2箇所で大規模なタワーマンション計画もあります。

赤色:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業(地上40階、高さ約140m、2025年度竣工予定)
ピンク:三田五丁目西地区市街地再開発(マンションを中心とした施設を検討中)


 他にもこの赤い網掛けのもうちょっと上の見えていない場所では「(仮称)日興パレス建替計画」(地上23階、最高高さ80.14m、2023年9月竣工予定)もあります。全部が完成すると山手線内側に巨大なタワーマンション群が誕生します。



プレミストタワー白金高輪 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミストタワー白金高輪
計画名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107番1(地番)
用途:共同住宅、物販店舗、食堂又は喫茶店、サービス店舗、その他
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:131.10m
敷地面積:2,047.68
建築面積:1,138.78
延べ面積:29,792.95
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
売主:大和ハウス工業
設計者:西松建設 一級建築士事務所
施工者:西松建設
工期:2019年8月19日着工〜2022年11月上旬竣工予定
入居:2023年1月下旬予定

地上26階「ザ・パークハウス 高輪タワー」の建設状況(2020.5.31)

ザ・パークハウス 高輪タワー
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「白金高輪」駅徒歩2分の位置で建設中のタワーマンション「ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m)の完成予想図です。

 売主は三菱地所レジデンス、三菱倉庫、大栄不動産の3社で総戸数は164戸です。7月下旬からは第2期1次の販売開始予定で、間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は45.46屐144.45屐販売価格は6900万円台〜3億8200万円台となっています。入居開始予定は2022年1月下旬です。



ザ・パークハウス 高輪タワー
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 下から見上げた完成予想図です。



ザ・パークハウス 高輪タワー
敷地配置図[出典:公式HP]

 建設地は桜田通りに面した場所で「白金高輪」駅まで徒歩2分の位置です。「白金高輪」駅は東京メロと南北線と都営三田線の2路線があり、都心にも関わらず始発の電車もある駅となっています。



ザ・パークハウス 高輪タワー
ガーデン完成予想CG[出典:公式HP]

 桜田通りに面した場所に整備されるガーデンです。



ザ・パークハウス 高輪タワー
エントランス完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスです。



ザ・パークハウス 高輪タワー
エントランス完成予想CG[出典:公式HP]

 カーアプローチ側から見たエントランスです。



ザ・パークハウス 高輪タワー
エントランスホール完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスホールは派手さのない落ち着いた感じになるようです。



ザ・パークハウス 高輪タワー
エントランスホール完成予想CG[出典:公式HP]

 高級ホテルのようなエントランスホールです。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 2019年11月30日にヘリから撮影した「ザ・パークハウス 高輪タワー」の建設地です。中央の赤い網掛けをした場所が建設地です。左上の緑地は高輪皇族邸で上皇明仁様と上皇后美智子様夫妻の家となっています。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 建設地にズームです。すぐ下の建設現場は「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)の建設地です。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 近くの歩道橋から2020年5月31日に撮影した「ザ・パークハウス 高輪タワー」です。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 地上に降りて撮影。タワークレーンが1基設置されていました。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 この辺りは傾斜地で南側は結構な段差があります。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 撮影時は1階部分の鉄筋コンクリートの鉄筋が組まれていました。撮影から1ヶ月近く経っているので今は数フロアくらいは建設が進んでいるかもしれません。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 桜田通りからもう1枚。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 最後は空撮をもう1枚。白金高輪駅周辺ではタワーマンション建設ラッシュかつ他にも計画がありますが、この「ザ・パークハウス 高輪タワー」は一番南側に位置しています。全部のタワーマンションが完成したとき、どこが一番人気のタワーマンションとなるんでしょうね?



ザ・パークハウス 高輪タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ザ・パークハウス 高輪タワー
計画名称:(仮称)港区高輪1丁目計画
所在地:東京都港区高輪一丁目110番1,112番110
用途:共同住宅
総戸数:164戸
階数:地上26階、地下1階
高さ:90.00m(最高高さ96.63m)
敷地面積:2,000.79
建築面積:836.15
延床面積:17,781.40
構造:鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:三菱地所レジデンス、三菱倉庫、大栄不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2019年1月下旬着工〜2021年11月中旬竣工予定
入居:2022年1月下旬予定

高さ215m「東京三田再開発プロジェクト」の建設状況(2020.6.6)

東京三田再開発プロジェクト
外観完成予想図[出典:公式HP]

 田町駅から品川方面へ徒歩5分の位置で建設中の超高層オフィスビル「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上42階、高さ215m)の完成予想図です。既に公式HPもありますが、名称は決定しておらず「東京三田再開発プロジェクト」と呼ばれています。

 背後に薄く同じ赤色を使ったデザインのビルが描かれていますが、これは住友不動産の「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)です。同再開発も住友不動産の超高層ビルのためツインビルの北館か!?となりますが、東側のちょっと離れた場所に「住友不動産三田ツインビル東館」(地上17階、高さ85.5m)があります。



東京三田再開発プロジェクト
完成予想図[出典:東京都都市再生分科会]

 建設地は「札の辻交差点」のある角地で現在はL字型の歩道橋がありますが、その歩道橋は拡大され芝浦方面に繋がる「札の辻橋」に接続され、そして反対側は高台の三田四丁目方面にも繋がります。

 目の前を通る大きな通りは「第一京浜」で右下に伸びる道路は「三田通り」です。歩道橋からは「三田通り」の先に「東京タワー」が見える有名なスポットとなっています。



東京三田再開発プロジェクト
配置図[出典:東京都]

 「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」は大きく騎攻茵↓恭攻茵↓軍攻茲吠かれており、地上42階、高さ215mの超高層オフィスビルが建設されるのは騎攻茲箸覆辰討い泙后

 恭攻茲砲蝋發橘22.5mの幼稚園や学校、広場が整備され、高台側の軍攻茲砲話肋9階、高さ31.5mの住宅棟1と地上4階、高さ約12.5mの住宅棟2が建設されます。

 左側の「住富不動産三田ツインビル西館」は今回の再開発には含まれていませんが、同じ住友不動産ということもあり広場や緑地が繋がります。



東京三田再開発プロジェクト

 最寄り駅の「田町」駅前の歩道橋から見た「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」方面です。道路の先にある超高層ビルは「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)で、この右側あたりに「東京三田再開発プロジェクト」(地上42階、高さ215m)が建設中です。



東京三田再開発プロジェクト

 目の前にある歩道橋から見た「東京三田再開発プロジェクト」の建設地です。既存ビルは姿を消し重機複数台で建設工事が始まっています。



東京三田再開発プロジェクト

 まだまだ工事序盤といった感じですね。



クウェート大使館

 高台側にはマンションがありましたが、そこも同再開発によって解体されたため「クウェート大使館」の全景が見えるようになっています。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 複合棟2の建設地方面です。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 こちらはまだ既存ビルがあったり、解体中だったりとなっています。既存の学校施設があるので、複合棟2が建設され学校が移転したら残りのビルの解体工事が始まるのかもしれません。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 学校ではない雑居ビルは解体工事が始まっていました。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 高台から見た「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。木があるため敷地の一部しか見えませんが、地上部の建設が始まると良い観察スポットとなりそうです。ちなみに「三田ツインビル西館」の裏にあるエレベーターを使うと行ける場所です。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 高台の「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1」(地上9階、高さ31.5m)の建設地です。「旧東急アパート本館・別館」が建っていた場所ですが既に解体されています。



クウェート大使館

 そのためここからも「クウェート大使館」がキレイに見えるようになっています。住宅棟の地上部の建設が始まると見えなくなるので今だけのスポットです。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 解体から施工への切り替えで仮囲いの持ち主も変わるタイミングだったようで道路沿いの仮囲いの一部が一時的に撤去されていました。このようにそこそこの高さがあるので、地上9階、高さ31.5mという規模でも実際の高さ感は15階建てくらいはありそうです。



住友不動産三田ツインビル西館

 住宅棟の建設地越しに見た「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)です。高層部は住友不動産の高級賃貸マンション「ラ・トゥール三田」となっています。公式サイトを見ると6部屋の空きがあり、最上階の東側(海側)の3LDK(183.9)で月額139万円となっています。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 ここに建設される住宅棟は分譲202戸、賃貸22戸の計画となっていますが、どれくらいの価格帯になるんでしょうね。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 このマンションなども計画地に含まれているはずですが解体が始まる気配はありませんでした。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 少し坂を下ったところのこの場所までが計画地かと思いますが



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 その坂の途中にある「蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)」です。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 2005年に着工してから未だに建設中のため、サグラダ・ファミリアにちなんで三田のガウディとも呼ばれています。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 ここも計画地に含まれていますが、結局どうなるのか気になるところです。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 個人的にはこの場所で完成を見届けたいです。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 何年後に完成するのかはわかりませんが(^^;)

■物件概要(複合棟-1)■
仮称:東京三田再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下4階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:200,540
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2019年10月中旬着工〜2023年12月中旬竣工予定

地上23階「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」本日から既存ビル解体開始!

戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:三菱地所レジデンス]

 東急大井町線「戸越公園」駅前に建設される「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」(地上23階、高さ約85m)の完成予想図です。事業者は戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業で参加組合員として三菱地所レジデンス、大成建設、東急、首都圏不燃建築公社、大成有楽不動産が参画するタワーマンションとなっています。総戸数は約220戸(1LDK〜3LDK)で計画されています。

▼三菱地所レジデンス:ニュースリリース(2018年12月25日)
「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」本組合設立



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:三菱地所レジデンス]

 地上1階、2階は店舗フロア、地上1階〜3階が駐車場となり、4階〜23階が住宅フロアとなります。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:三菱地所レジデンス]

 計画地はこのように三角形となっており北側には約240屬旅場も設けられます。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 中域図
中域図[出典:三菱地所レジデンス]

 場所は東急大井町線「戸越公園」駅の目の前で、徒歩1分表記にはなりますが敷地からは徒歩数秒で行ける距離です。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 狭域図
狭域図[出典:三菱地所レジデンス]

 敷地西側には補助第29号線の整備も計画されています。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 昨日、2020年6月24日に撮影した「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。戸越公園駅のすぐ背後が計画地です。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 この路地の左が駅で右が計画地です。敷地内からは数歩で駅に着きます。



戸越公園前ショッピングセンター

 計画地内の店舗は閉鎖されており廃墟感が出ていました。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 まずは本日、6月25日から先行して既存建物4棟の解体が始まり、7月20日からは残りの11棟の解体が始まります。共に解体工期は2021年10月31日までとなっています。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 先程の路地で右側が戸越公園駅となります。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 広場が整備される敷地の一番北側です。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 この角地のビルの1階は解体工事現場事務所となっていたので最後に解体されるビルとなるかもしれません。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 計画地内で一番背の高い10階建ての建物は幸福の科学の物件のようでした。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 正式なビル名は調べていませんが解体工事のお知らせでは駅前ビルA棟〜C棟となっており、延床面積2472屬之弉菽脇發任楼貳峙模の大きいビルです。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業

 計画地の西角です。左の道路は「とごし公園通り」で商店街のようになっていますが補助第29号線の整備が計画されていますがどう整備するのでしょうね?



建設反対の幟

 計画地の隣には建設反対の幟もありました。あちこち建設現場を撮りに行っていますが久しぶりに建設反対を見ました。ちなみに反対を向いていたので左右反転しています。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 計11棟の解体工事のお知らせです。解体工期は2020年7月20日〜2021年10月31日までとなっています。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 対象の11棟はこの図の通りです。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 計4棟の解体工事のお知らせです。解体工期は2020年6月25日〜2021年10月31日までとなっています。



戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 対象の4棟はこの図の通りです。

■物件概要■
計画名:戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区戸越5丁目19番(地番)
用途:住宅、店舗、駐車場、駐輪場等
総戸数:約220戸
階数:地上23階、地下1階
高さ:約85m
地区面積:約3,000
延床面積:約21,711
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業
参加組合員:三菱地所レジデンス、大成建設、東急、首都圏不燃建築公社、大成有楽不動産
特定業務代行者:大成建設
工期:2020年8月着工〜2023年4月竣工予定(※2018年12月25日時点の情報)
事業費:約146億円

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク