超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

「竹芝地区開発計画」の建設状況/歩行者デッキ工事も始まっています(2017.2.19)

(仮称)竹芝地区開発計画
 昨日、世界貿易センタービルの展望台から撮影した「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上39階、高さ210m)です。建設地は「都立産業貿易センター浜松町館(都産貿:とさんぼう)」と東京都計量検定所の跡地です。

 また、写真上のゆりかめも竹芝駅前の東京都公文書館跡地はB街区で地上21階、高さ約100mとなる住宅棟が建設されます。

(仮称)竹芝地区開発計画と芝離宮恩賜庭園
 広角で撮影。この写真には写っていませんが写真下には浜松町駅があり、浜松町駅と「(仮称)竹芝地区開発計画」の間は「旧芝離宮恩賜庭園」です。

歩行者デッキ工事
 その「旧芝離宮恩賜庭園」の隣の道路で工事をしていますが、ここにはJR浜松町駅から「(仮称)竹芝地区開発計画」を経由してゆりかもめ竹芝駅まで繋がる歩行者デッキが整備されます。

歩行者デッキ工事
 地上からその歩行者デッキ工事を撮影。工期は2020年6月30日までとなっており、「(仮称)竹芝地区開発計画」はこの歩行者デッキ工事を含めた開発となります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」の建設地を地上から撮影。超高層部はこの敷地の手前側となります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 反対側から撮影。こちら側はスキップテラスと呼ばれる段差のある低層部となります。最後に載せる完成予想図を見るとどのような感じかはわかるかと思います。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 敷地内の都産貿跡地です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 まだ既存建物の一部が残っていました。

IMG_1721_(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 ゆりかもめ竹芝駅の改札フロアから撮影。今だけ視界が開けています。

東京都公文書館跡地
 竹芝駅前の東京都公文書館跡地です。資材加工ヤードや作業員休憩所として利用されていましたが何やら建てていました。

東京都公文書館跡地
 これはモックアップですかね。

東京都公文書館跡地
 近うちにまた様子を見に行けたらと思います。

(仮称)竹芝地区開発計画 完成予想図
(仮称)竹芝地区開発計画 完成予想図[出典:内閣府]

■(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事の物件概要■
計画名:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、駐車場
階数:地上39階、地下2階
高さ:210m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.66
建築面積:9,567.39
延床面積:179,937.29
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

「(仮称)芝浦二丁目計画」長谷工が高さ約120mのタワーマンション計画!

(仮称)芝浦二丁目計画の建設地の空撮
 港区芝浦で計画されている「(仮称)芝浦二丁目計画」の建設地の空撮です。この赤色を付けた場所に長谷工コーポレーションによって最高高さ約120m、延床面積約54,000屬離織錙璽泪鵐轡腑鷏弉茲港区に提出された環境影響調査計画書により判明しました。

 建設地は賃貸マンションの「パークタワー芝浦ベイワード アーバンウィング」(地上29階、高さ97.14m)の南側です。屋上にRマークがある方が分譲棟で「パークタワー芝浦ベイワード オーシャンウィング」(地上29階、最高部高さ104.84m)です。一番手前にあるの「インプレストタワー芝浦エアレジデンス」(地上25階、高さ88.24m)で4棟のタワーマンションが密集することとなります。

▼港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧(仮称)芝浦二丁目計画】
http://www.city.minato.tokyo.jp/kankyoushidouasesutan/shibaura2.html
平成29年2月13日(月曜日)〜平成29年3月12日(日曜日)まで


(仮称)芝浦二丁目計画の建設地の空撮
 場所はこっちの空撮の方がわかりやすいですかね。芝浦アイランドの南側(写真右側)に行った場所が計画地です。

(仮称)芝浦二丁目計画
 昨日撮影した「(仮称)芝浦二丁目計画」の計画地です。

(仮称)芝浦二丁目計画
 まだまだ普通にオフィスとして稼働しており再開発がある雰囲気はありませんでした。

(仮称)芝浦二丁目計画
 着工予定は2019年度、竣工予定は2022年度です。そのためあと数年前このままかと思います。

■(仮称)芝浦二丁目計画の物件概要■
計画名称:(仮称)芝浦二丁目計画
所在地:東京都港区芝浦2丁目1番1 他
用途:住宅、保育施設等
階数:不明
高さ:約120m
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:約4,500
延床面積:約54,000
事業者:長谷工コーポレーション
工期:2019年度着工〜2022年度竣工予定

高さ約205m「赤坂インターシティ AIR」の建設状況(2017.2.11)

赤坂インターシティ AIR
 赤坂一丁目地区で建設中の「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。これは溜池交差点から撮影ですが、この角度から見るのが一番大きく見える気がします。

赤坂インターシティ AIR
 六本木一丁目駅方面に移動した場所から撮影。直方体のビルではないので角度を帰ると板状の超高層ビルにも見えます。

赤坂インターシティ AIR
 この角度から見るのが一番細く見えます。ところでここは住所的には赤坂ですが最寄り駅は溜池山王駅となります。ちょうどこの角地に溜池山王駅に繋がる地下通路も整備されます。

赤坂インターシティ AIR
 反対側から撮影。手前は住宅棟部分で別の建物にも見えますが同じビルの一部です。

赤坂インターシティ AIR
 汐見坂から撮影。ここから見る姿が個人的に好きです。

赤坂インターシティ AIR
 低層部です。

赤坂インターシティ AIR
 こちらは敷地内に建つ独立した低層棟です。

赤坂インターシティ AIR 緑地詳細図
 仮囲いに貼られている緑地詳細図です。なかなか広い緑地が整備されますが、隣のアメリカ大使館をこの緑地から撮影禁止とは知らずに撮る人が出てきそうです(笑)

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年8月31日竣工予定

西武HDの本社が入る「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設状況(2017.2.11)

西武鉄道池袋ビル建替え計画 完成予想図
西武鉄道池袋ビル建替え計画 完成予想図[出典:西武ホールディングス]

 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」(地上20階、高さ99.98m)の完成予想図です。西武鉄道が保有する「池袋旧本社ビル」の建替えで、建替え後は西武ホールディングスの本社となります。他にも一部機能は現在の本社で継続しますが、プリンスホテル、西武プロパティーズの本社も移転予定となっています。移転時期は2019年春で4フロアを使用する予定となっています。


西武鉄道池袋ビル建替え計画 断面図
西武鉄道池袋ビル建替え計画 断面図図[出典:西武ホールディングス]

 断面図です。1階、2階は店舗フロアとなります。注目すべきはビルの右下でビル内を西武池袋線が通ります。正確には西武池袋線の上も使ってビルを建設中です。


西武鉄道池袋ビル建替え計画
 その西武池袋線側から撮影した「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設地です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 反対側から撮影。西武池袋線をまたがなくてもかなり広い敷地です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 この灰色の鉄骨がある場所に西武池袋線が通っています。

西武鉄道池袋ビル建替え計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■西武鉄道池袋ビル建替え計画の物件概要■
名称:西武鉄道池袋ビル建替え計画
計画名:西武鉄道池袋ビル建替え計画
所在地:東京都豊島区南池袋1丁目21番23他(地名地番)
用途:事務所・物販店舗・自動車車庫
階数:地上20階、地下2階
高さ:99.98m
敷地面積:5,530.96
建築面積:3,894.12
延床面積:49,661.63
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、中間免震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭
建築主:西武鉄道
設計者:日建設計
施工者:大林・西武 建設工事共同企業体(代表:大林組)
工期:2015年8月1日着工〜2019年3月31日竣工予定
開業予定:2019年春

高さ約116m「(仮称)新MID大阪京橋ビル」の建設状況(2017.1.5)

(仮称)新MID大阪京橋ビル
 大阪ビジネスパーク(OBP)で建設中の「(仮称)新MID大阪京橋ビル」(地上22階、高さ116.27m)です。

(仮称)新MID大阪京橋ビル
 撮影した1月5日時点で10階程度でしょうか?撮影から1ヶ月以上経っているので今はもっと高くなっているかと思います。

大阪城から見た大阪ビジネスパーク
 大阪城から見たOBPの超高層ビル群です。

(仮称)新MID大阪京橋ビル
 その中のこの場所で「(仮称)新MID大阪京橋ビル」が建設中です。建設地の左が「クリスタルタワー」(地上37階、最高高さ156.7m)で、右が「ツイン21」(地上38階、高さ157m)

(仮称)新MID大阪京橋ビル
 「(仮称)新MID大阪京橋ビル」にズームです。

(仮称)新MID大阪京橋ビル 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。大阪の建築計画は立面図や配置図が載っているのがいいですね。関東もこうして欲しいです。

■(仮称)新MID大阪京橋ビルの物件概要■
計画名:(仮称)新MID大阪京橋ビル
所在地:大阪府大阪市中央区城見2丁目
用途:一般事務所
階数:地上22階、塔屋2階
高さ:116.27m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
敷地面積:31,869.70
建築面積:2,536.38
延床面積:49,344.85
建築主:MID都市開発
設計:竹中工務店
施工:竹中工務店
工期:2015年4月末着工予定〜2017年9月末竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。