超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

塔屋建設中!地上36階「パークシティ中央湊 ザ タワー」の建設状況(2017.4.15)

パークシティ中央湊 ザ タワー
 2017年4月15日撮影の「パークシティ中央湊 ザ タワー」(地上36階、最高高さ128.96m)です。特徴的な塔屋部分の建設が進んでいました。この屋上部分には共用施設としてスカイガーデンが設置されます。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 広角で撮影。この辺りの隅田川の西側は一気に超高層が減るのでこの規模でもかなり目立ちます。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 ヒミコの船体屋上に出れるバージョンのホタルナがちょうど目の前を通ったので撮影。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 近くの南東側から見上げてみました。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 北東側から撮影。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 この手前部分にスーパーマーケットが開業予定です。

パークシティ中央湊 ザ タワー
 北西側から撮影。手前の仮囲いは「シティタワー銀座東」(地上22階、最高高さ76.00m)の建設地です。

パークシティ中央湊 ザ タワーと隅田川
 隅田川と「パークシティ中央湊 ザ タワー」です。標準レンズでは入りませんでしたが左側にはリバーシティ21のタワーマンション群がズラッと建っています。

パークシティ中央湊 ザ タワーと亀島川
 隅田川と合流直前の亀島川から撮影。右が「パークシティ中央湊 ザ タワー」で川の先がリバーシティ21のタワーマンション群です。

■パークシティ中央湊 ザ タワーの物件概要■
名称:パークシティ中央湊 ザ タワー
仮称:(仮称)中央区湊再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)湊二丁目東地区第一種市街地再開発事業B街区
所在地:東京都中央区湊二丁目14,15番
用途:共同住宅、店舗、工場、町会事務所、駐車場
総戸数:416戸(権利者住戸148戸を含む、他に店舗1区画、印刷工場1区画、事務所1区画)
階数:地上36階、地下1階
高さ:127.64m(最高高さ128.96m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,682.95
建築面積:2,090.19
延床面積:45,045.59
建築主:湊二丁目東地区市街地再開発組合
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2015年1月9日着工〜2018年3月31日竣工予定
入居:2018年2月下旬予定

東京駅前高さ245m複合ビル「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の本組合の設立認可

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 2017年4月18日に八重洲二丁目北地区市街地再開発組合の設立を認可すると東京都より発表がありました。

 同組合はJR東京駅八重洲口前において「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」として地上44階、地下4階、高さ約245m、約277,500屬諒9腑咼(A-1街区)と地上7階、地下2階、高さ約50m、約5,850屬離咼(A-2街区)を建設します。総事業費は2398億円で2018年11月着工、2022年8月竣工予定。事業協力者として三井不動産が参画しています。

▼東京都都市整備局:報道発表資料(2017年4月18日)
八重洲二丁目北地区市街地再開発組合の設立認可について


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 断面図
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 断面図[出典:東京都]

 A-1街区に建設される地上44階、地下4階、高さ約245mの複合ビルは基本的にはオフィスビルですが、地下にバスターミナル、低層部が店舗となり、そして同事業地に現在ある城東小学校の新校舎も入ります。そして高層部はホテルといった構成になります。

 A-2街区は1階に店舗、2、3階に子育て支援施設、4〜6階がオフィスフロア、そして7階が住宅となります。


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]


八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 位置図
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 位置図[出典:東京都]


東京駅周辺の空撮
 2016年10月の東京駅周辺の空撮です。「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」は写真右下で、陸上トラックが見えている場所が城東小学校です。

 このように東京駅の皇居側(山手線内側)の丸の内、大手町は超高層化が進み巨大な超高層ビル群となっていますが、逆側は超高層化が遅れていました。今後はこの八重洲二丁目北地区の有楽町側には「(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」として地上46階、高さ約240mの超高層ビル、そして神田側の「東京駅前八重洲1丁目東地区」では地上54階、高さ約250mの超高層ビルの建設が予定されています。

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
 東京駅八重洲口の「グランルーフ」から撮影した「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」方面です。左端の「ヤンマー東京ビル」も以前は計画地に含まれておりB街区となっていましたが、今回の発表では同再開発に含まれていないようです。B街区はA街区とは別に後から建設する予定なのかもしれません。

住友生命八重洲ビル
 こちらは同再開発に含まれる「住友生命八重洲ビル」です。このビルの裏に中央区立城東小学校があります。今年9月に坂本町公園に建設する仮校舎に移転後、解体されます。他の既存ビルは2018年2月から解体予定です。

城東小学校
 東京駅からはビルの壁で見えない「城東小学校」です。東京駅から徒歩数分の場所に小学校があることはあまり知られていません。

■八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業(A-1街区)の概要■
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目地内
用途:事務所、店舗、宿泊施設、教育施設(区立小学校)、バスターミナル等
階数:地上44階、地下4階
高さ:約245m
地区面積:約1.5ha
延床面積:約277,500
事業者:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合(事業協力者:三井不動産)
都市計画コンサルタント:日本設計
事業コンサルタント:都市ぷろ計画事務所
工期:2018年11月着工〜2022年8月竣工予定

地上53階ツインタワマン「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」の建設状況(2017.4.16)

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト
 武蔵小杉で建設中の分譲のタワーマンション「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」(地上53階、高さ178.90m)です。撮影時は塔屋の建設中でした。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト
 ツインタワーのタワーマンションでイーストが武蔵小杉駅に近い側です。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト
 仮囲いに「コンベンション施設」の文字が見えるかと思いますが、1、2階部分には店舗や子育て支援施設の他にコンベンション施設も入ります。その上の3階には居住者用のキッズルームやフィットネスルームなど共用施設が配置されます。また48階にビューラウンジとゲストサロン、49階にビューバス、そして屋上にスカイビューガーデンが設置されます。さらには隣のウエスト棟と共用施設が相互利用出来るようになります。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト
 武蔵小杉駅に一番近い側から撮影。左奥にチラッと見えているのがウエスト棟です。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト
 その「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」(地上53階、高さ178.90m)です。こちらはイースト棟と比べて1年遅れで完成予定です。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト
 イースト棟の共用施設は3階にパーティルームやフィットネスルームなど、39階に茶室、48階にビューラウンジとシアターラウンジ、49階にビューバス、そして屋上にスカイビューガーデンが設置されます。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン
 最後にJR南武線の武蔵小杉駅と東急の武蔵小杉駅の間あたりから見た「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」です。53階建てツインはなかなかの存在感となりそうです。

■パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイーストの物件概要■
名称:パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト
計画名:(仮称)小杉町二丁目地区開発計画A地区
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町2丁目276-1他(地番)
用途:共同住宅、飲食店舗、学習塾、集会場、保育所、診療所
総戸数:592戸(他に店舗7区画、コンベンション施設)
階数:地上53階、地下1階
高さ:178.90m
構造:鉄筋コンクリート造・免震構造
敷地面積:8,498.46
建築面積:5,306.26
延床面積:71,003.60
建築主(売主):三井不動産レジデンシャル、JX不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2014年7月10日着工〜2017年12月下旬竣工予定
入居:2018年3月下旬予定

■パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエストの物件概要■
名称:パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト
計画名:(仮称)小杉町二丁目地区開発計画B地区
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町2丁目
用途:共同住宅、飲食店舗、学習塾、集会場、保育所、診療所
総戸数:613戸(他に店舗(区画数未定)、子育て支援施設)
階数:地上53階、地下1階
高さ:178.90m
構造:鉄筋コンクリート造・免震構造
敷地面積:8,652.65
建築面積:5,060.92
延床面積:70,981.45
建築主(売主):三井不動産レジデンシャル、JX不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2014年7月10日着工〜2018年12月中旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

高さ390mの大規模再開発「常盤橋街区再開発プロジェクト」の第一弾となるD棟が着工へ!

 本日、2017年4月17日に三菱地所より東京駅日本橋口前の「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」のD棟において、地鎮祭を執り行ったとニュースリリースが出ました。4月末に着工、2021年12月末の竣工予定となっています。

常盤橋街区再開発プロジェクト 完成予想図
常盤橋街区再開発プロジェクト 完成予想図[出典:三菱地所]

 同再開発ではB棟が地上61階、高さ390mとなり日本一の高さの超高層ビルとなりますが、その最初の工事として地上9階、高さ約65mのD棟が着工します。全体では10年超の事業期間をかけて4棟のビルが段階的に建設されます。

▼三菱地所:ニュースリリース(2017年4月17日)
高さ日本一(約390m)の大規模複合再開発
「常盤橋街区再開発プロジェクト」第一弾D棟(下水ポンプ所)新築工事着工
〜東京駅前で10年超の長期プロジェクトがいよいよ始動〜 (PDF 1,362KB)



常盤橋街区再開発プロジェクト 配置図
常盤橋街区再開発プロジェクト 配置図[出典:三菱地所]

 D棟の建設は既存ビルの「日本ビル」北側部分で、地下には下水ポンプ所が新設されます。地上階は主にそのポンプ所の所有者である東京都下水道局の事務所になる予定です。


常盤橋街区再開発プロジェクト 断面図
常盤橋街区再開発プロジェクト 断面図[出典:三菱地所]

 「日本ビル」は現在閉鎖されおり、このようにD棟の建設地部分の北側のみ解体されています。残った南側部分は耐震化、外壁新設等の改修工事を行い、6月からは再びオフィスビルとして稼働します。既存の下水ポンプ所は新設されるポンプ所に機能移管(2021年末予定)するまでは稼働を続けます。

 以下は「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の段階STEP図です。今後は2021年度までに「JXビル」と「大和呉服橋ビル」を解体し、地上37階、高さ230mとなるA棟と変電所改修工事となるC棟を建設します。その後、「日本ビル」の南側部分と「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)を解体し、2023年度から地上61階、高さ390mとなるB棟の建設工事が始まります。全体竣工は2027年度の予定です。

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]


日本ビルヂング
 4月8日撮影のD棟建設地です。このように地上から見える部分では北側の解体は終わり、「日本ビル」の外壁新設工事も終わっているように見えました。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 開発事業のお知らせ

 ちなみに現在の高さ日本一の超高層ビルは大阪の「あべのハルカス」で地上60階、高さ300mです。その高さをこの常盤橋地区のB棟が高さ390mで日本一となりますが、その前に「虎ノ門・麻布台地区」で地上65階、高さ約330mの超高層ビルが2022年度竣工予定で建設される予定となっています。

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,300
延床面積:680,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:ABC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上37階、地下5階
高さ:230m
建築面積:3,900
延床面積:140,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

■D棟の物件概要■
用途:事務所、下水ポンプ、駐車場等
階数:地上9階、地下3階
高さ:65m
建築面積:2,900
延床面積:30,000
工期:2017年4月末着工〜2021年12月末竣工予定

地上41階「(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト」の建設状況(2017.4.16)

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 完成予想図
(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 完成予想図[出典:公式HP]

 東急目黒線「武蔵小山」駅前の大規模再開発「(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト」(地上41階、最高高さ144.95m)の完成予想図です。数日前に公式HPがオープンしました。分譲のタワーマンションで2017年10月下旬から販売開始予定となっています。

▼(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクトの公式HP
http://www.31sumai.com/mfr/X0724/


(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 完成予想図
(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 完成予想図[出典:公式HP]

 低層部の完成予想図です。低層部は商業施設となり広場も整備されます。


(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 周辺概念イラスト
(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 周辺概念イラスト[出典:公式HP]

 建設地の隣には武蔵小山商店街パルムのアーケード街があります。


(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
 2017年4月16日に「武蔵小山」駅前から撮影した「(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト」の建設地方面です。タワーマンション部は左の方で正面あたりは商業施設部となります。

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
 仮囲いの透明部分から中を撮影。仮設トイレの後ろの方がタワーマンション部となります。

 左奥に見える少し大きなマンションは「パークホームズ武蔵小山」(地上19階、高さ59.9m)です。また、その左側では「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業」として地上41階、高さ約145mのタワーマンションが計画されています。

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
 仮設事務所の壁際にはモックアップがありました。

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
 現地看板を撮影。タワマンクラスタで物議を醸した「日本一、感じのいいタワマンへ。」の文字がデカデカと書いてありました。

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。数値は公式HPの値を優先して記載しています。

■(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクトの物件概要■
仮称:(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
計画名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:628戸(販売総戸数491戸※高層等住宅の一部、地権者住戸137戸)
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,313.83
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:鹿島建設
工期:2016年3月1日着工〜2020年1月上旬竣工予定
入居:2020年3月下旬予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。