超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

総戸数855戸!地上48階、高さ165m「シティタワー大阪本町」の建設状況(2020.2.24)

シティタワー大阪本町
外観完成予想図[出典:公式HP]

 大阪メトロ堺筋線「堺筋本町」駅から徒歩3分の位置で建設中のタワーマンション「シティタワー大阪本町」(地上48階、高さ165m)の完成予想図です。

 住友不動産が単独売主となっている総戸数は855戸の分譲のタワーマンションです。この戸数は大阪市で単独売主としては最大規模とのことです。



シティタワー大阪本町
外観完成予想図[出典:公式HP]

 ほぼ最上階に近いフロアの完成予想図です。この高さ感はなかなか凄いものがあります。これは北西側の景色ですが、北側に梅田かつ南側と東側には超高層ビルがある立地のため、眺望的には北向きが最高のタワーマンションかと思います。日本では南向き信仰が強いですがここはどうなんでしょうね?



シティタワー大阪本町
グリーンパーク広場完成予想図[出典:公式HP]

 グランドエントランスがあるグリーンパーク(広場)の完成予想図です。方向的には南西側で最寄駅の「堺筋本町」駅(徒歩3分)よりも御堂筋線などが通る「本町」駅(徒歩5分)に近い側にグランドエントランスがあります。



シティタワー大阪本町
エントランス完成予想図[出典:公式HP]

 この3層吹き抜けのエスカレーターを登ったところにグランドエントランスホールがあります。もちろんエレベーターも設置されています。



シティタワー大阪本町
外観完成予想図[出典:公式HP]

 公式HPに掲載されている動画をキャプチャしたものも載せておきます。



シティタワー大阪本町
外観完成予想図[出典:公式HP]

 最上部部分です。共用施設として47階の北西角にはスカイラウンジ、西側にはパーティルームが設置されます。景色はありませんが47階中央には空が広がるスカイアトリウムも設置されます。



シティタワー大阪本町
外観完成予想図[出典:公式HP]

 この北側の景色が日常ってどんな感じなんでしょうね。右端に見えているのは現時点で高さ日本一のタワーマンション「ザ・北浜タワー」(地上54階、最高高さ209.35m)です。



シティタワー大阪本町
敷地配置・2階平面概念図[出典:公式HP]

 配置図です。南東角を除いて道路に囲まれた立地ですが、どの道路も広くはありません。東京にいると大きな通りに面した場所にタワーマンションのイメージが強いですが、大阪は細い道に面したところにも巨大なタワーマンションが多数あります。



シティタワー大阪本町

 北東側から見た「シティタワー大阪本町」の建設地です。撮影した2020年2月24日時点では2階部分の建設が始まっていました。



シティタワー大阪本町

 北西側から撮影。左の超高層ビルは「りそなグループ大阪本社ビル」(地上24階、高さ121m)、右は「大阪国際ビルディング」(地上32階、高さ125.11m)です。



シティタワー大阪本町

 南西側から撮影。中央奥の青い縦線が入ったタワーマンションは同じ住友不動産の「シティタワー大阪」(地上50階、高さ169.8m)です。完成当時は西日本で一番高いタワーマンションでした。



シティタワー大阪本町

 南東側から撮影。ここを左側に行くと御堂筋線の「本町」駅があります。



シティタワー大阪本町 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:シティタワー大阪本町
計画名:(仮称)備後町計画
所在地:大阪府大阪府大阪市中央区備後町2丁目
用途:共同住宅、一部店舗
総戸数:855戸
階数:地上48階、塔屋2階、地下1階
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
敷地面積:5,591.23
建築面積:3,291.13
延床面積:88,229.76
建築主:住友不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月17日着工〜2021年12月中旬竣工予定
入居:2022年3月上旬予定

積水ハウスが地面師にやられた「海喜館」が解体工事開始!事業主は旭化成不動産レジデンス

海喜館

 五反田駅の西側、目黒川を超えたところにある「海喜館」の解体工事が始まりました。「海喜館」は積水ハウスが地面師グループに架空取引で土地購入代金55億5000万円ほどだまし取られた事件の舞台となった旅館跡地です。



海喜館

 積水ハウスはだまされてしまいましたが、旭化成不動産レジデンスがだまされずに土地を取得しています。



海喜館

 解体工事の事業主は旭化成不動産レジデンスで、西松建設によって2020年3月30日〜2020年6月30日までの工期が解体工事が行われます。



海喜館

 通勤時に「海喜館」のすぐ近くを通るので毎日気にして見ていましたが、工期通り3月30日から解体作業が始まっています。



海喜館

 こちら側には駐車場がありましたが閉鎖となっていました。



海喜館

 重機が入るとあっという間に姿を消しそうです。



海喜館

 ちなみに怪しげな雰囲気から「怪奇館」とも呼ばれている「海喜館」ですが「うみきかん」と読むそうです。



海喜館他解体工事 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。週末は不要不急の外出を控えるため昨日の昼休みに食事ついでにスマホで撮ってきました。



海喜館他解体工事 建築物等の解体等の作業に関するお知らせ

 建築物等の解体等の作業に関するお知らせです。

 旭化成不動産レジデンスは「アトラス」シリーズの分譲マンションを手掛けていますが、ここは普通の高層マンションになるのか、タワーマンションになるのか、他の利用方法になるのか、一体どういった利用方法になるんでしょうね?

 当ブログでは超高層しか扱っていませんがタワーマンションが建設されるて欲しいと思って載せています。「アトラスタワー五反田」に期待です。

地上39階、高さ約147mタワーマンション「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」5月から既存建物解体開始予定!

十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:日鉄興和不動産]

 埼京線の「十条」駅の西口で計画されているタワーマンション「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」(地上39階、高さ147m)の完成予想図です。事業主は十条駅西口地区市街地再開発組合で、参加組合として日鉄興和不動産と東急不動産が参画、特定業務代行者は前田建設工業、事業コンサルタントは日本設計となっています。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:日鉄興和不動産]

 「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」を行う再開発組合が2017年5月に設立認可されたときのスケジュールでは、2018年6月の着工予定でしたが動きはありませんでした。それが本日の建設通信新聞に今月1日から仮囲いやインフラ設備の切り回しを進め、5月の連休明けにも2021年2月末までの工期で解体工事に着手すると掲載されました。新しい着工予定は2021年度、竣工予定は2024年度となっています。

▼建設通信新聞(2020年4月3日)
備工事に着手/解体予定者は前田建設/十条駅西口地区再開発



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 2017年時点での計画では低層部に商業・業務施設、その上の中・高層部が住宅となるタワーマンションとなります。

 今回掲載している図は全て2017年の再開発組合の設立認可時に公開されたものです。当時の情報と今回の建設通信新聞の情報を比べると地上40階から地上39階、総戸数約540戸から約580戸、延床面積が約79,460屬ら約81,080屬畔儿垢砲覆辰討い泙后8与瑤大きく変わっていますが規模からすると変化の度合いは小さいので基本的な概要は当時のままかと思います。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 建設地はJR埼京線「十条」駅の西側で、駅前にある交通広場の南側と西側を囲むように配置されます。高層部は南側で北西側は商業施設部となります。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
再開発施行地区[出典:日鉄興和不動産]

 再開発施行地区図を見ても西側の境目がよくわかりませんが、現地では仮囲いの設置が始まったとのことなので、解体工事が本格化した頃に現地に行けば境界がはっきりしそうです。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 2019年1月27日にセスナから撮影した「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。池袋上空に行く途中に撮影したのでこれ遠方からの空撮です。

 一応赤い網掛けをしましたが境界線がイマイチよくわからないのでかなり適当です。このように周辺には超高層がない場所のため地上39階、高さ147mのタワーマンションが完成するとかなり目立ちそうです。近くには高層マンションもほとんどない場所なのでどのほとんどのフロアが開けた視界となりそうです。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 2017年6月3日に撮影した「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。再開発反対の看板を掲げている建物もありました。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 十条駅入口交差点から撮影。十条駅はこの道を真っすぐ奥に入った右側にあります。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 こちらの角地には十条駅西口地区の再開発事務所がありました。中には完成時の模型があるそうです。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 再開発区域内で駐車場となっていたのはここくらいで他はぎっしりと建物が建っていました。これから駅前の建物が一気に解体されることになりそうです。

■物件概要■
計画名称:十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都北区上十条一丁目、二丁目地内
用途:商業、業務、住宅、駐輪場
総戸数:580戸程度
階数:地上39階、地下2階
高さ:約147m
区域面積:約1.7ha
延床面積:約81,080
建築主:十条駅西口地区市街地再開発組合
参加組合員:日鉄興和不動産、東急不動産
特定業務代行者:前田建設工業
事業コンサルタント:日本設計
工期:2021年度着工〜2024年度竣工予定

タワークレーン4基で建設中!ブルガリホテルが入る高さ240m「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2020.3.22)

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅前東側の八重洲地区で建設中の超高層ビル「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)です。現在はタワークレーン4基で低層部の鉄骨を組んでいます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅のグランルーフから撮影した「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」です。建築主は八重洲二丁目北地区市街地再開発組合で参加組合員として三井不動産が参画しています。

 東京駅の西側の大手町・丸の内では三菱地所の超高層オフィスビルが多いですが、東側に来ると日本橋を中心に三井不動産が多くなります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 地下1階〜地上3階は約60店舗(約8,500屐砲入る商業施設、7〜38階がオフィスフロア、40〜45階は「ブルガリ ホテル 東京」となります。ブルガリホテルは日本初進出となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 色々な工事現場を見て来ましたがオフィスフロア部の建設が始まると一気に鉄骨が組まれていきます。撮影時はまだ商業施設が入る3階までしか鉄骨は組まれていませんでした。オフィスフロアは7階からとなります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 背後の背の高い方のビルは「京橋エドグラン」(地上32階、最高高さ170.41m)で「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」はそれよりも約70mも高い超高層ビルとなります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 東京駅とは反対側の東側の路地から見た建設地です。既存ビルが解体されて東京駅周辺の超高層ビル群が見えていましたが、地上部の建設が始まったため徐々に見えなくなってきています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 狭い路地なのでこちら側からは撮りにくいですが、最初の写真の通り東京駅側からは観察しやすい建設現場です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 ここ南東角あたりですが、この辺りは「中央区立城東小学校」となります。東京駅前の超一等地のオフィス街になぜ小学校?と思う人もいるかもしれませんが、元々建設地の中央には「中央区立城東小学校」がありそれが少し場所を変えて戻ってくるということです。

 高層部にブルガリホテルが入るのでブルガリ小学校と呼ばれているという記事も見ましたが、面白おかしく書いているだけで本当にそう呼んでいる人がいるのかは定かではありません。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
外観イメージパース[出典:三井不動産]

 「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。いつもは記事の最初に載せていましたが鉄骨がいい感じに見えてきたので順序を変えました。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
外観イメージパース[出典:三井不動産]

 夜バージョンの完成予想図です。高層部の全灯している個所が「ブルガリ ホテル 東京」部分です。一泊どれくらいの価格になるんでしょうね。

 左下の黒く形だけ描かれているビルは同時に建設が行われている「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ69.88m)です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
用途断面図[出典:三井不動産]

 超高層棟のA-1街区は地下2階にバスターミナル、地下1階〜地上3階は約60店舗(約8,500屐砲両Χ隼楡漾4階、5階は交流施設と東京駅を望むテラス、7〜38階がオフィスフロア、そして40〜45階は「ブルガリ ホテル 東京」となります。

 また「中央区立城東小学校」部は、1階に会議室等、2階に体育館、3階、4階に普通教室と25m温水プールや給食の調理室、そして最上階の4階には吹き抜けの屋上運動場に職員室や図書室、音楽室が配置されます。

 小規模なビルとなるA-2街区は1階が店舗、2、3階に子育て支援施設(認定こども園)、そして4階〜6階が事務所となり7階が住宅となります。ただ、現地に設置されているA-2街区の建築計画のお知らせを見ると、用途には住宅の記載はないので最新のフロア構成はこれと異なるかもしれません。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 配置図の上が東京駅方面、右上の白い場所は「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建設地です。他の白い部分は再開発に参加していないビルがある場所です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A-1街区)■
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番の一部および3番
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
総客室数:98室
階数:地上45階、塔屋2階、地下4階
高さ:240m(最高240m)
構造:S造一部SRC、RC造
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:12,390.43
建築面積:10,875.16
延床面積:283,896.06
建築主:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2018年12月1日着工〜2022年8月下旬竣工予定

住友不動産による中野駅前の37階タワマンと20階オフィス「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」が2020年3月に着工しました!

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:住友不動産]

 中野駅前に建設される「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」において、2020年3月10日に権利変換計画認可を受け、起工式を行ない着工したと参加組合員である住友不動産よりニュースリリースが出ました。

 同再開発事業は中野駅南口の駅前に位置しており、完成予想図の右側にあたる敷地北側には地上20階、高さ約117mのオフィス棟、南側に地上37階、高さ約147mの住宅棟を建設する計画となっています。

 これは新宿側(東側)から見た完成予想図で今回のニュースリリースで公開されたイメージとなります。

▼住友不動産:ニュースリリース(2020年3月30日)
中野駅南口駅前で賑わいの創出「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」工事着手



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 こちらは2018年7月に東京都のHPで公開された完成予想図です。建物の配置や大きさに大きな変更はなさそうですが、外観は大きく変わりオフィス棟の窓も少なくなっています。そして両棟の間にあった斜めの屋根も撤去されています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:住友不動産]

 中野駅の南口駅前広場に隣接するオフィス棟の低層部は5層の店舗フロアとなります。

 住宅棟は総戸数約400戸となるタワーマンションで、今回のニュースリリースには分譲なのか賃貸なのかの記載はありませんでしたが、東京都の建築物環境計画制度で公開されている情報では分譲2戸、賃貸395戸となっています。分譲2戸は地権者住宅ということですかね。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
整備イメージ図[出典:住友不動産]

 建設地はこのように中野駅の目の前で敷地内には丘の上の広場も整備されます。また、中野二丁目土地区画整理事業によって敷地東側には新しい道路も整備されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 最近は現地に行けていなかったのでここからは以前載せた写真と同じです。これは2015年1月にセスナから撮影した「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。建設地は東京都住宅供給公社の「中野駅前住宅」が建ち並んでいた場所で、赤い網掛けした場所の隣に森がありますが、ここには現在「コーシャハイム中野フロント」が建っています。

 この森の一部も今回の再開発地に含まれているかと思いますが境目がよくわらないので森部分は網掛けから外しています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 広角で撮影した中野駅周辺です。赤い網掛けをしたあたりが「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。写真右上の方に新宿の超高層ビル群があります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2019年9月7日に南口駅前広場から撮影した現地の様子です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 そこから中に入った場所にある「中野駅前住宅」です。これは中野駅のホームから撮影したものですが当時は解体工事が始まるところでした。今はもう解体工事は終わっているようです。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 建設地は傾斜地となっておりその坂を下りた場所から見た様子です。このゲートから先にも道路が整備され、そしてその道路の左側には丘の上の広場も整備されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。これは設置当初に撮影したもののため今は数値が変わっているかもしれません。下記物件概要は今回のニュースリリースの値と建築物環境計画制度の値を優先して記載しています。

■物件概要(住宅棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:住宅、店舗
総戸数:397戸
階数:地上37階、地下1階
高さ:146.84m
基礎工法:直接基礎
構造:RC造一部S造
敷地面積:4,404.85
建築面積:3,465.32
延床面積:49,343.93
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月26日着工〜2024年2月29日竣工予定

■物件概要(オフィス棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上20階、地下2階
高さ:115.83m
基礎工法:直接基礎
構造:S造一部SRC造
敷地面積:5,676.67
建築面積:4,142.96
延床面積:49,759.50屐淵フィス部:42,398.94屐
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月31日着工〜2024年2月29日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク