超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

整備中の宮下公園の街区名が「MIYASHITA PARK」に決定!18階建てホテルや商業施設が併設!2020年6月にグランドオープンします

MIYASHITA PARK

 昨日、2020年1月20日に渋谷区と三井不動産から宮下公園の再整備「(仮称)新宮下公園等整備事業」の街区名が「MIYASHITA PARK」に決定したと発表がありました。2020年4月竣工、2020年6月にグランドオープンとなります。

 これは2019年12月5日にオープンした「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」(地上19階、高さ103.31m)の17階にある屋上広場から見た「MIYASHITA PARK」です。

▼三井不動産:ニュースリリース(2020年1月20日)
「MIYASHITA PARK」2020年6月グランドオープン(PDF:1.53MB)



MIYASHITA PARK

 これは北街区に建設されたホテル棟です。地上18階、高さ75.10mで4階〜18階がホテル部となり総客室数は240室となっています。



MIYASHITA PARK

 公園部分にズームです。スケート場、ボルタリングウォール、多目的運動施設、約1000屬亮農犬劼蹐个覆匹眄鞍されます。手前が南街区で4階建てとなっており、奥の北街区は3階建てとなっています。途中のフロアには商業施設などが入ります。



MIYASHITA PARK

 2019年11月1日にオープンした「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)の最上部にある「渋谷スカイ」から見た渋谷の街です。この右下に見えるのが「MIYASHITA PARK」です。



MIYASHITA PARK

 公園部分です。街区名は「MIYASHITA PARK」に決定しましたが、公園部分の名称は「宮下公園」のままなんですかね。今回のニュースリリースではいまいちよくわかりませんでした。



MIYASHITA PARK

 ホテル棟にズームです。



MIYASHITA PARK

 2019年11月22日にオープンした「渋谷PARCO」(地上19階、高さ100m)の10階屋上にある「ルーフトップパーク」から見た「MIYASHITA PARK」です。ホテル棟の独特な外観が目立ちます。



MIYASHITA PARK

 「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)の11階にあるスカイロビーから見た「MIYASHITA PARK」です。公園部分はドームになりそうな骨組みがありますが、これは骨組みだけでドームにはなりません。



MIYASHITA PARK

 昨年の7月に撮影した建設中の様子です。全長330mの立体都市公園となります。



MIYASHITA PARK

 最後は2019年11月30日にヘリから撮影した渋谷です。右下に見えるのが「MIYASHITA PARK」です。残念ながらホテル棟は撮れていませんでした。どんな公園になるのか、どんな景色が見えるのか、オープンしたらフラッと立ち寄ってみようと思います。

■物件概要(北街区)■
名称:MIYASHITA PARK
計画名:新宮下公園等整備事業(北街区)
所在地:東京都渋谷区神宮前6丁目20番
用途:都市計画公園・都市計画駐車場・駐車場・物販店舗・飲食店・ホテル
総客室数:240室
階数:地上18階、塔屋1階、地下2階
高さ:75.10m
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:4,515.29
建築面積:3,855.76
延床面積:29,830.01
建築主:三井不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2018年6月1日着工〜2020年4月竣工予定
開業:2020年6月予定

豊洲駅徒歩4分!地上48階、高さ180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.1.11)

ブランズタワー豊洲

 豊洲で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。ちょうど東電堀から水陸両用バスのスカイダックが陸に上がって移動して行くところを撮れました。



ブランズタワー豊洲

 少し移動してもう1枚。背後で建設中の超高層ビルは「豊洲ベイサイドクロスタワーB」(地上24階、高さ125m)でその背後が「豊洲ベイサイドクロスタワーA」(地上36階、高さ180m)です。



ブランズタワー豊洲
完成予想図[出展:公式HP]

 同じような方向から見た「ブランズタワー豊洲」の完成予想図です。東急不動産の「ブランズ」の冠が付いた名称ですが売主は東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社です。総戸数は1152戸という巨大なタワーマンションとなります。



ブランズタワー豊洲
空撮イメージイラスト[出展:公式HP]

 このように豊洲駅までは徒歩4分の距離で道路を渡れば「豊洲公園」や「アーバンドッグららぽーと豊洲」があり、そして敷地内にはスーパーマーケットも建設予定となっています。



ブランズタワー豊洲
配置図[出展:公式HP]

 敷地内にはスーパーマーケットの他、認可保育所も建設されます。また、右下にある小増設予定地は再開発により小学校が定員オーバーとなるため江東区に譲渡する土地で、江東区立豊洲西小学校が増築されます。



ブランズタワー豊洲

 その豊洲西小学校が増築される建設現場前あたりから見た「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架下から撮影。共用施設として4階に2つのパーティルーム、3つのゲストルーム、フィットネスルームなど、33階に東京都心方面を眺められるビューラウンジが設置されます。4階はグランドエントランスホールにもなっており、その4階を経由して住宅フロアに行く導線となります。撮影時はその4階あたりが建設中でした。



ブランズタワー豊洲

 隣の「豊洲公園」から撮影。



ブランズタワー豊洲

 もうちょっと離れた場所から撮影。ゆりかもめの高架より高くなったことがわかります。



ブランズタワー豊洲

 最後は晴海大橋から見た「ブランズタワー豊洲」です。手前に戸建てが見えますが住宅展示場です。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,271.01
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

本厚木駅徒歩4分!地上19階「プレミスト本厚木」の建設状況(2020.1.5)

プレミスト本厚木
完成予想図[出展:公式HP]

 小田急小田原線「本厚木」駅の北口から南西側へ徒歩4分の位置で建設中の「プレミスト本厚木」(地上19階、高さ57.91m)の完成予想図です。

 プレミストの冠からわかる通り大和ハウスグループによる分譲マンションで総戸数は144戸、設計と施工は長谷工コーポレーションで2020年11月中旬の竣工予定です。



プレミスト本厚木

 「本厚木」駅とは逆側から見た「プレミスト本厚木」の建設地です。



プレミスト本厚木

 裏から撮影。12階あたりの建設中でしょうか。左側で建設中のマンションは「プレミスト本厚木」「レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER」(地上19階、高さ58.09m)で別のマンションです。


プレミスト本厚木

 近くの厚木さつき公園から撮影。公園の真ん前ではありませんが斜め向かいに位置しています。



プレミスト本厚木 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミスト本厚木
所在地:神奈川県厚木市中町4丁目96(地番)
用途:共同住宅(分譲マンション・店舗)
総戸数:144戸(別途管理室1戸、店舗1戸)
階数:地上19階
高さ:57.91m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:2,234.17
建築面積:990.57
延床面積:12,792.08
建築主:大和ハウス工業
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2018年9月14日着工〜2020年11月中旬竣工予定
入居:2020年12月中旬竣工予定

本厚木駅徒歩4分!地上19階「レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER」の建設状況(2020.1.5)

レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER
完成予想図[出展:公式HP]

 小田急小田原線「本厚木」駅の北口から南西側へ徒歩4分の位置で建設中の「レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER」(地上19階、高さ58.09m)の完成予想図です。

 レーベンの冠からわかる通りタカラレーベンによる分譲マンションで総戸数は134戸、設計は三輪設計、施工は大末建設で2020年8月末の竣工予定です。1階には共用施設としてパーティルームが設置されます。



レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER

 「本厚木」駅側から見た「レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER」の建設地です。



レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER

 裏から撮影。14階あたりを建設中でしょうか。右側にちょっとした隙間がありますが、この右側は別のマンションで「プレミスト本厚木」(地上19階、高さ57.91m)で並んで建設中です。



レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:レーベン本厚木 THE MASTERS TOWER
事業名:(仮称)レーベン本厚木 新築工事
所在地:神奈川県厚木市中町四丁目108番、109番、110番
用途:共同住宅(分譲)、店舗
総戸数:134戸(他、管理事務室1戸・店舗1戸)
階数:地上19階
高さ:58.09m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:1,737.51
建築面積:732.86
延床面積:10,125.30
建築主:タカラレーベン
設計者:三輪設計
施工者:大末建設
工期:2018年8月上旬着工〜2020年8月末竣工予定
入居:2020年9月末竣工予定

厚木市最高層タワマン!地上22階、高さ約85m「ザ・パークハウス本厚木タワー」の建設状況(2020.1.5)

ザ・パークハウス本厚木タワー
完成予想図[出展:公式HP]

 本厚木駅前で建設中の「ザ・パークハウス本厚木タワー」(地上22階、高さ約85m)の完成予想図です。地下1階に市営駐輪場、1〜3階に金融機関、医療施設、飲食店、そして4〜22階が総戸数163戸の住宅フロアとなります。

 事業主は本厚木駅南口地区市街地再開発組合で参加組合員として売主でもある三菱地所レジデンスとフージャースコーポレーションが参画しています。設計はアール・アイ・エー、施工はフジタ・小島組建設共同企業体です。



ザ・パークハウス本厚木タワー
完成予想図[出展:本厚木駅南口地区市街地再開発組合]

 駅から徒歩1分の距離で駅前広場とはペデストリアンデッキで直結となります。駅直結ではありませんが駅直結と言っても過言ではない立地です。



ザ・パークハウス本厚木タワー

 「ザ・パークハウス本厚木タワー」の建設地です。



ザ・パークハウス本厚木タワー

 駅前と繋がるペデストリアンデッキは既に道路上に建設されています。



ザ・パークハウス本厚木タワー

 厚木市も関わっているプロジェクトでこの角地は一般車向けのロータリーがある駅間広場が整備されます。



ザ・パークハウス本厚木タワー

 駅とは反対側から撮影。



ザ・パークハウス本厚木タワー

 西側から撮影。ここが厚木市で最高層のタワーマンションとなります。

■物件概要■
名称:ザ・パークハウス本厚木タワー
事業名:本厚木駅南口地区市街地再開発
所在地:神奈川県厚木市旭町1丁目380番(地番)
用途:共同住宅、商業・業務、市営駐輪場
総戸数:163戸(事業協力者住戸4戸含む。他に、事務所・事業協力者店舗・厚木市営自転車駐車場<地下>)
階数:地上22階、地下2階
高さ:約85m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、制震構造
敷地面積:2,367.28
建築面積:1,866
延床面積:24,460
建築主:本厚木駅南口地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所レジデンス、フージャースコーポレーション
売主:三菱地所レジデンス、フージャースコーポレーション
設計者:アール・アイ・エー
施工者:フジタ・小島組建設共同企業体
工期:2018年3月1日着工〜2021年2月中旬竣工予定
入居:2021年3月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク