超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

みなとみらいにフォーシーズンズホテルが進出!水族館の併設へ

みなとみらいのフォーシーズンズホテル
イメージパース[出典:横浜市]

 昨日、6月5日に横浜市より「みなとみらい21中央地区62街区」の事業予定者をマレーシアのベルジャヤコーポレーションを代表企業とするグループ(構成企業:丸別、大和ハウス工業)に決定したと発表がりました。

 提案していた内容はグローバルラグジュアリーホテル&ホテルコンドミニアム、水族館、店舗の新設でホテルは「フォーシーズンズホテル」を含む国際的なラグジュアリーホテルブランドを誘致する予定とのことです。発表資料にはLOI(関心表明書)を取得したと書いてあるので確定ではありませんが検討中ということかと思います。

 規模は地上14階、地下2階、高さ59.95m、延べ面積82,661.98屬2022年10月着工、2026年3月の竣工を予定しています。

 この完成予想図の左側の低層棟が水族館部分かと思います。ホテル本体は地下2階にプール、地下1階にフィットネスルーム、1階〜2階にレストラン・バンケットルーム、3階にスパ、会議室、4階にウェディング施設、そして4階〜14階がホテルコンドミニアム、7階〜14階がホテル客室となっています。ホテルコンドミニアムは部屋を分譲し、オーナーが利用しないときは客室として運用できるタイプの部屋です。

 完成予想図を見ると川側には遊歩道が整備され船着き場も整備されるようです。ここに水上バスが寄るようになれば山下公園などにも気軽に行ける場所となりそうです。

▼横浜市(2020年6月5日)
みなとみらい21中央地区62街区の事業予定者を決定しました



みなとみらいのフォーシーズンズホテル
位置図[出典:横浜市]

 場所はみなとみらいの北端に位置しています。最寄り駅はみなとみらい線の新高島駅かみなとみらい駅になりますが、横浜駅からも歩いて行ける距離です。



みなとみらいのフォーシーズンズホテル

 2019年1月27日にセスナから空撮したみなとみらいです。写真中央あたりに矢印を付けたあたりが「みなとみらい21中央地区62街区」となります。



みなとみらいのフォーシーズンズホテル

 敷地上空から撮影。赤い網掛けをした川沿いの場所が計画地です。

 隣のタワーマンションは「ブルーハーバータワーみなとみらい」(地上27階、高さ97.70m)で、左下の空き地は「Kアリーナプロジェクト」の計画地でケン・コーポレーションによって音楽アリーナ(地上7階、延べ48,982.13屐法▲フィス棟(地上21階、延べ27,853.12屐法▲曠謄訶錙蔽肋25階、35,272.40屐砲建設される予定となっています。



みなとみらいのフォーシーズンズホテル

 みなとみらい橋から撮影した「みなとみらい21中央地区62街区」です。みなとみらいの端で駅からもちょっと遠い場所なので何ができるのかと思っていましたが、「フォーシーズンズホテル」を誘致とはビックリです。まだ確定はしておらずこのご時世なので不安要素はありますが楽しみな計画が増えました。超高層ではありませんがリゾート感溢れるホテルもいいですね。



みなとみらいのフォーシーズンズホテル

 「ホテルビスタプレミオ横浜」(地上20階、高さ約85m)から見た計画地です。みなとみらいの空き地が残りわずかになってきています。

■物件概要■
街区名:みなとみらい21中央地区62街区
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目3番2ほか
用途:グローバルラグジュアリーホテル&ホテルコンドミニアム、水族館、店舗
階数:地上14階、地下2階
高さ:59.95m
敷地面積:22,188.34
延床面積:82,661.98
建築主:BMD 62(代表企業:Berjaya Corporation Berhad、構成企業:丸紅、大和ハウス工業)
工期:2022年10月着工〜2026年3月竣工予定

地上48階「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.5.30)

ブランズタワー豊洲

 豊洲駅から徒歩4分の位置で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。目の前には豊洲ぐるり公園、豊洲六丁目第二公園、東電堀があり、そして敷地内にはスーパーマーケットという住みやすそうな場所が建設地となっています。

 名称には東急不動産のマンションブランド「ブランズ」の冠が付いていますが売主は東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社となっています。


ブランズタワー豊洲

 豊洲西小学校の隣あたりから撮影。敷地の一部を江東区に譲渡し定員オーバーとならないように豊洲西小学校が増築されます。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架を超えたところにある豊洲公園から撮影。テントを張ってくつろぐ家族連れもいました。



ブランズタワー豊洲

 こちらは6月3日に同じ場所から撮影した夜の「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園の広い芝生エリアは養生中で入れなくなっており撮りやすい状態となっていました。普段は走り回って遊ぶ子供が多く撮るのを諦めている撮影スポットです。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園と豊洲ベイサイドクロスを結ぶ新設された橋から見た「ブランズタワー豊洲」です。現時点でも結構大きなマンションに見えますが、地上48階建てなのでまだ高くなり、総戸数は1152戸という巨大なタワーマンションとなります。

 共用施設として4階に2つのパーティルーム、3つのゲストルーム、フィットネスルームなどが設置され、33階には東京都心方面を眺められるビューラウンジが設置されます。4階はグランドエントランスホールにもなっており、一旦その4階を経由して住宅フロアに行く導線となります。



ブランズタワー豊洲

 同じ橋から撮影した夜の様子です。



ブランズタワー豊洲

 おまけで豊洲公園の遊具と一緒に撮影。



ブランズタワー豊洲

 晴海大橋から撮影した「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 晴海側から撮影。緊急事態宣言に伴い営業は一時休止していましたが、今は完全予約制で営業再開をしており、2020年7月上旬から第2期3次販売の予定となっています。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

十三駅近くに地上40階、高さ142mタワマン!もと淀川区役所跡地等活用事業の事業予定者が阪急阪神不動産、高松建設に決定

もと淀川区役所跡地等活用事業
外観デザイン[出典:大阪市]

 大阪市は「もと淀川区役所跡地等活用事業(市有地不動産の貸付等)」に関する開発事業者予定者募集プロポーザルにおける価格提案審査を実施し、事業予定者として阪急阪神不動産(代表事業者)と高松建設(共有事業者)に決定したと発表がありました。

 場所は十三駅近くの未利用の状態となっている「もと淀川区役所跡地」及び「もと水道局十三サービスステーション用地」の市有地で、この場所に70年の定期借地権が設定された地上40階、高さ142mのタワーマンションなどが建設されることになります。

▼大阪市(淀川区):入札契約に関するお知らせ(2020年6月3日)
もと淀川区役所跡地等活用事業の事業予定者が決定しました



もと淀川区役所跡地等活用事業
立面図[出典:大阪市]

 複合施設棟、学校施設棟、駐輪場棟で構成され、複合施設棟の大部分は660戸の分譲マンションとなります。この図からすると1フロアは3.2mの階高があるようです。一般的なマンションは1フロア約3mの階高ですがグレードの高いマンションは階高が高くなります。



もと淀川区役所跡地等活用事業 断面図
断面図[出典:大阪市]

 このように分譲マンション部は4階〜40階となります。阪急阪神不動産の分譲マンションは「ジオ」シリーズで知られているので、ここは「ジオタワー十三」といった名称になるのかもしれません。ちなみに「十三」は「じゅうそう」と読みます。



もと淀川区役所跡地等活用事業 1階平面図
1階平面図[出典:大阪市]

 複合施設棟の1階には店舗としてスーパーマーケットが入ります。



もと淀川区役所跡地等活用事業 2階平面図
2階平面図[出典:大阪市]

 2階には市立図書館が入ります。



もと淀川区役所跡地等活用事業 3階平面図
3階平面図[出典:大阪市]

 3階は保育施設やマンション部のエントランスロビーなどが配置されます。



もと淀川区役所跡地等活用事業 4階平面図
4階平面図[出典:大阪市]

 そして4階からが住宅フロアとなります。集会室はいわゆるパーティルームのことでしょうか?4階にはゲストルームも設置されます。住宅は約50屐150屬箸覆襪茲Δ任后



もと淀川区役所跡地等活用事業
外観デザイン[出典:大阪市]

 学校施設棟には医療・スポーツ系の専門学校が入るようです。



もと淀川区役所跡地等活用事業
外観デザイン[出典:大阪市]

 建物周辺には緑道も整備されます。



もと淀川区役所跡地等活用事業
外観デザイン[出典:大阪市]

 整備される歩道の幅は約8m、そして約2700屬慮開空地も整備されます。



もと淀川区役所跡地等活用事業
外観デザイン[出典:大阪市]

 この完成予想図で見ると公開空地は広々としていますね。スーパーや図書館が入る低層部は扇形の特徴的なデザインとなっています。



もと淀川区役所跡地等活用事業 位置図
位置図[出典:大阪市]

 このように淀川通り沿いの十三駅からも近い場所が建設地なっています。十三駅は阪急電鉄の駅で神戸本線、宝塚本線、京都本線の3路線が通っています。



十三方面

 「梅田スカイビル」から見た十三方面です。淀川沿いの中央にある板状のマンションの背後あたりに地上40階、高さ142mのタワーマンションが見えるようになります。



もと淀川区役所跡地等活用事業 スケジュール
スケジュール[出典:大阪市]

 スケジュールです。2021年12月着工、2024年2月竣工予定となっています。


■物件概要(複合施設棟)■
計画名:もと淀川区役所跡地等活用事業(複合施設棟)
所在地:大阪府大阪市淀川区十三東1丁目
用途:集合住宅、スーパーマーケット、市立図書館、学校施設、保育・学童施設
階数:地上40階
高さ:142.00m
構造:S造、RC造
敷地面積:2,916
延床面積:70,196
事業者:阪急阪神不動産(代表者)、眈招設(共有事業者)
工期:2021年11着工〜2025年2月竣工予定
供用開始:2025年5月予定

地上51階、高さ250m「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」に建築計画のお知らせ設置!

東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 東京駅前の八重洲一丁目の大規模再開発「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせが設置されました!規模は既報より1フロア高い地上51階、地下4階、高さ250m、延床面積225,200屬罵囘咾六務所、店舗となっています。

 建築主は東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合(参加組合員;東京建物、都市再生機構)、設計者と施工者は大林組、工期は2021年10月1日着工、2025年3月31日竣工予定となっています。既存ビルの解体工事は2020年4月1日から2021年9月末までで、まずはアスベスト除去工事が行われます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 東京駅方面から見た「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。低層ビルのA地区と超高層ビルのB地区がありますが、今回建築計画のお知らせが設置されたのはB地区になります。また、手前のA地区の左側には低層のビルがいくつか描かれていますがこれは再開発に参加しないビルです。

▼東京都:報道発表資料(2019年1月10日)
東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合の設立を認可します



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京建物]

 反対側から見た完成予想図です。敷地で東京駅に一番遠い側が超高層棟となります。

▼東京建物:ニュースリリース(2019年1月18日)
「東京駅前八重洲一丁目東地区第一種市街地再開発事業」
B地区市街地再開発組合設立のお知らせ




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京建物]

 東京駅に近い側は店舗や医療施設のフロアとなります。完成予想図を見ると建物の外側に通路が配置され、一部は外もあるける通路となるようです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 店舗、事務所の他に地下には空港や地方都市を結ぶ大規模バスターミナルも整備されます。また、この断面図にも建築計画のお知らせの用途にも記載はありませんが、東京建物のニュースリリースによると劇場の整備も行われるようです。他にはカンファレンス施設や初期医療施設も整備されます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 この配置図の左側に東京駅があり、その東京駅前を通る外堀通り沿いのビルのいくつかが再開発には参加していません。そのためか超高層ビル本体は一番広い敷地北東角の配置となっています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 配置図

 解体工事のお知らせと一緒に設置されている建物配置図です。番号が73までありますが解体される建物の総数は数えたところ54棟となっています。左の赤い枠は「東京建物本社ビル」でその敷地の上半分がA地区、下半分がB地区となります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所は東京駅前で外堀通りと八重洲通りに接する一等地です。この辺りの高さ制限は約255mなのでほぼ制限いっぱいの高さとなります。ちなみにもう少し北に行くと高さ制限がなくなるため、近くの「東京駅前常盤橋プロジェクト」は高さ390mとなっています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業の空撮

 2019年11月30日にヘリから撮影した「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。赤い網掛けがB地区、青い網掛けがA地区の建設地です。八重洲通りを挟んだ左側は「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)の建設地です。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 グランルーフから見た「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」 の計画地方面です。近畿大学やサロンパスの看板があるビルが再開発には参加していないビルです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 東京駅前のビル複数が再開発に参加しないため、この位置から超高層棟が見えるようになるのは鉄骨が組まれ始めてからとなります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 八重洲通りから撮影。左がA地区で右がB地区となります。超高層棟は右奥あたりになります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 昨日の仕事帰りに撮影した超高層棟が建設される場所あたりです。ここには「八重洲センタービル」があり、小規模なビルが多数ある建設地内では一番大きなビルかと思います。



東京駅前の超高層ビル群の空撮

 最後は2019年12月14日に撮影した東京駅前の超高層ビル群です。大手町、丸の内側は皇居に近いこともあり高さは200m程度が限度ですが、八重洲側は皇居から離れるため高さ250m規模が可能となっています。東京駅周辺の超高層ビル群は新たな時代へ突入します。

■物件概要■
計画名:東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
所在地:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部、
用途:事務所、店舗
階数:地上51階、地下4階
高さ:250m(最高高さ250m)
構造:鉄骨・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:10,600
建築面積:8,400
延床面積:225,200
建築主:東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、都市再生機構
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2021年10月1日着工〜2025年3月31日竣工予定

月島のタワマン!地上32階「MID TOWER GRAND(ミッドタワーグランド)」の建設状況(2020.5.30)

ミッドタワーグランド

 月島駅のすぐ近くで建設中のタワーマンション「MID TOWER GRAND(ミッドタワーグランド)」(地上32階、最高高さ122.15m)です。ここから見ると既に完成しているようにも見えますが竣工予定は2020年10月下旬となっています。



ミッドタワーグランド

 最近のタワーマンションとしては珍しく地名もマンションブランド名も入らない名称になっています。売主は三井不動産レジデンシャル、丸紅、大成建設の3社ですが、名称からは売主がわからないパターンとなっています。

 というか、この近くのタワーマンションは「キャピタルゲートプレイス」(地上53階、最高高さ187m)、「アイマークタワー」(地上32階、高さ110.9m)、「ムーンアイランドタワー」(地上38階、高さ133.75m)と、知らなければ名称から場所も売主もわからないタワーマンションが揃っていますね。ムーンアイランドは月島を無理やり英語にしているのでギリギリ地名と言えるかもしれませんが。



ミッドタワーグランド

 この低層の建物は店舗棟ですかね。



ミッドタワーグランド

 建設地は「月島西仲通り 二番街」に面しており店舗29戸が入ります。



ミッドタワーグランド

 同じ場所から見上げた様子です。



ミッドタワーグランド

 都心向きとなる北西側は中央が凹んだデザインとなっています。



ミッドタワーグランド

 この「月島西仲通り」は「月島もんじゃストリート」とも呼ばれており、低層部に入る店舗の多くはもんじゃ屋さんになるかと思います。また、建設地には元々パチンコ屋があったため店舗部に再びパチンコ屋ができる予定となっています。



ミッドタワーグランド

 建設地は大きな通りには面していないため標準レンズだと低層部が少し欠けてしまいます。



月島

 朝潮運河に架かる「朝潮大橋」から見た月島駅前のタワーマンション群です。



ミッドタワーグランド

 少し移動して「MID TOWER GRAND(ミッドタワーグランド)」にズームです。



ミッドタワーグランド

 セットバックした最上階の32階部分はスカイラウンジやフィットネススタジオなどがある共用施設専用フロアとなっています。



ミッドタワーグランド

 最後は豊洲から見た月島方面です。「ミッドタワーグランド」は低いタワーマンションではありませんが、月島駅直結の「キャピタルゲートプレイス」(地上53階、最高高さ187m)があるのでちょっと低く感じてしまいます。



ミッドタワーグランド 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。低層部の工事もかなり進んで来たのでそろそろ撤去されてもおかしくない頃かなと思っています。

■物件概要■
名称:MID TOWER GRAND(ミッドタワーグランド)
計画名:月島一丁目西仲通り地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物
所在地:東京都中央区月島1丁目5000番 他(地番)
用途:共同住宅、店舗、ぱちんこ屋 他
総戸数:503戸(販売総戸数387戸、事業協力者戸数116戸含む、他に 店舗29戸)
階数:地上32階、地下1階
高さ:121.00m(最高高さ122.15m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、制震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:5,883.19
建築面積:3,407.76
延床面積:53,676.25
建築主:月島一丁目西仲通り地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、丸紅、大成建設
設計者:佐藤総合計画
施工者:大成建設
工期:2017年3月1日着工〜2020年10月下旬竣工予定
入居:2021年1月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク