超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

地上27階「新橋田村町地区市街地再開発事業」の建設状況(2020.8.10)

新橋田村町地区市街地再開発事業

 西新橋で建設中の「新橋田村町地区市街地再開発事業」(地上27階、高さ138.4m)です。西新橋一丁目交差点から撮影しました。建築主は新橋田村町地区市街地再開発組合で参加組合員として三井物産都市開発が参画しています。

 住所に新橋が入っていますが最寄り駅は虎ノ門駅、霞ヶ関駅、内幸町駅で、これからの次に近い駅が新橋駅となります。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 四方が道路に囲まれた敷地となっていますが、幹線道路に面しているのはこの面だけです。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 左端にチラッと写っていますがこちら側には「飯野ビルディング」(地上27階、最高高さ147m)があるのでこの面がエレベータホールなどがある裏側となります。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 東側も少しセットバックしていましたが、こちらの西側も少しセットバックしています。



新橋田村町地区市街地再開発事業

 この左側には緑地や道路が整備されますが今はまだ道は繋がっていません。



新橋田村町地区市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 1,2階は店舗フロアとなりますがその中央を東西に貫く屋内貫通通路も整備されます。その上階からはオフィスフロアとなり、セットバックしているフロアにはカンファレンス等を挟んで再びオフィスフロアとなります。



新橋田村町地区市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 このように東西に細長い敷地で西側には約1,500屬慮鯲広場(広場1号)、東側には約800屬慮鯲広場(広場2号)が整備されます。また、南東角には約1,500屬領价呂眄鞍されます。敷地南側には今は閉鎖されている車1台しか通れない路地が少し広くなって再び整備されます。



新橋田村町地区市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:港区]

 この完成予想図の通りビルに囲まれた立地のため撮影しにくい超高層ビルとなっています。こういったビルの竣工写真はどう撮るんでしょうね?横から撮るのか周辺のビルの屋上にでもお邪魔するのかプロの技が気になるところです。



新橋田村町地区市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:三井物産都市開発]

 中層階から南側は円柱があるデザインに変わるようです。



新橋田村町地区市街地再開発事業
オフィス平面イメージ図[出典:三井物産都市開発]

 その中層階以上の平面図です。幅92m、貸室面積は約2,380(約720坪)というかなりの広さとなっています。



新橋田村町地区市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。そう言えば緊急事態宣言であちこち工事が止まったと思いますが竣工時期が伸びたところは見ていないですね。ある程度余裕を持たせたスケジュールで工事をしていると思いますが、少しずつ詰めて当初の工期に間に合わせるんでしょうね。

■物件概要■
計画名:新橋田村町地区市街地再開発事業
所在地:東京都港区西新橋一丁目500番
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上27階、塔屋1階、地下2階
高さ:138.4ma(最高138.4m)
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,688.5
建築面積:4,547.56
延床面積:105,572.16
建築主:新橋田村町地区市街地再開発組合
参加組合員:三井物産都市開発
設計者:清水建設・日建設計設計共同企業体
施工者:清水建設
工期:2018年5月着工〜2021年3月31日竣工予定

地上45階、高さ156mタワマン「白金ザ・スカイ」の建設状況!タワークレーンが5基で建設中です(2020.8.10)

白金ザ・スカイ 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 白金高輪駅から北側へ徒歩3分の位置で建設中のタワーマンション「白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。

 売主は東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの5社で総戸数1247戸(非分譲戸数477戸含む)という巨大な分譲のタワーマンションとなります。



白金ザ・スカイ 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 右が東棟で地上45階、高さ156.10m、左が西棟で地上19階建てとなっています。



白金ザ・スカイ 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 白金高輪駅周辺ではここ以外でも2棟のタワーマンションが建設中で、他にも複数のタワーマンションが計画されていおりこの地区を検討している人にとっては複数の選択肢がある状態となっています。



白金ザ・スカイ 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 地上から見た完成予想図です。幅も高さもあるのでかなり迫力あるタワーマンションとなりそうです。



白金ザ・スカイ 東棟エントランス
東棟エントランス完成予想CG[出典:公式HP]

 超高層棟となる東棟エントランスの完成予想図です。敷地東側に接する第一京浜側で「白金高輪」駅に一番近い位置となります。



白金ザ・スカイ 商業ファサード
商業ファサード完成予想CG[出典:公式HP]

 敷地南側は細い路地がありますが道路は拡幅され、その道路沿いには商業施設が入ることになります。



白金ザ・スカイ 中央広場完成予想CG
中央広場完成予想CG[出典:公式HP]

 東棟と西棟の間には中央広場が整備されます。この広場の両側低層部も商業施設となります。



白金ザ・スカイ 敷地配置図
敷地配置図[出典:公式HP]

 配置はこのようになっており敷地北側には遊歩道も整備されます。



白金ザ・スカイ スカイラウンジ
スカイラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 共用施設として東棟の27階北東角に設置される2層吹き抜けのスカイラウンジの完成予想図です。東京タワーなど東京都心を望むことができる贅沢な空間となります。



白金ザ・スカイ スカイラウンジ
スカイラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]



白金ザ・スカイ オーナーズスイート
オーナーズスイート完成予想CG[出典:公式HP]

 東棟の27階に設置されるオーナーズスイートの完成予想図です。最近はスカイラウンジ以外は低層部に集約するタワーマンションもありますが、ここは都心の眺望を楽しめる階に設置されます。



白金ザ・スカイ オーナーズスイート
オーナーズスイート完成予想CG[出典:公式HP]

 室内まで見えるビューバス仕様となっています。



白金ザ・スカイ 西棟スカイテラス
西棟スカイテラス完成予想CG[出典:公式HP]

 西棟の19階に設置されるスカイテラスの完成予想図です。



白金ザ・スカイ パーティルーム
パーティルーム完成予想CG[出典:公式HP]

 西棟の19階に設置されるパーティルームです。



白金ザ・スカイ ルーフテラス
ルーフテラス完成予想CG[出典:公式HP]

 そのパーティルームにはこのようなルーフテラスも備えられています。



白金ザ・スカイ

 2020年8月10日に現地から撮影した建設中の「白金ザ・スカイ」です。地上45階、高さ156.10mとなる東棟の地上部の建設が始まっていました。



白金ザ・スカイ

 北東側から撮影。目の前には古川が流れており川沿いには遊歩道が整備されます。



白金ザ・スカイ

 北西側から撮影。目の前には首都高目黒線が通っています。



白金ザ・スカイ

 首都高を超えた場所から撮影。敷地内にはタワークレーンが5基いました。



白金ザ・スカイ

 タワークレーンは東棟に2基、西棟に2基、医療施設棟に1基といった感じになりそうです。



白金ザ・スカイ

 今はまだ空が広い状態となっていますが地上部の建設が始まっているのでもうすぐ空は狭くなります。



白金ザ・スカイ

 見ての通りかなり細長い敷地というのがわかります。同再開発によってこの道路が拡幅され道路沿いの低層部には商業施設が入ります。



白金ザ・スカイ

 タワークレーン5基をまとめて撮影。なかなか見られない光景です。



白金ザ・スカイ

 最後は路地から見た東棟です。現在は先着順で13戸が販売中で間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は44.16屐101.20屐販売価格は7540万円〜2億2880万円となっています。



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定

旧東京簡易保険支局跡地「(仮称)三田一丁目計画」の概要が判明!三井不レジと三菱地所レジによる約1100戸の14階建てマンションに!

(仮称)三田一丁目計画 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 昨日から「(仮称)三田一丁目計画」の港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧が開始されました。これは現在解体工事中の「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」跡地の再開発で、既存建築物の意匠や素材の一部を継承したマンションとなります。この完成予想図の正面部分が意匠を継承した部分となるようです。

▼港区:環境アセスメント(2020年8月11日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧【(仮称)三田一丁目計画】
縦覧期間:20202年8月11日(火曜日)〜2020年9月10日(木曜日)まで



(仮称)三田一丁目計画 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 同計画の規模は地上14階、地下2階、高さ約45.5m、敷地面積約25,200屐延床面積14,500屬5棟構成、約1100戸という巨大なマンションとなります。事業者は三井不動産レジデンシャルと三菱地所レジデンスの2社です。



(仮称)三田一丁目計画 配置計画図
配置計画図[出典:港区]

 このように南棟、西棟、北棟、東‥錙東棟の5棟構成となります。



(仮称)三田一丁目計画 立面図(南棟、東棟)
立面図(南棟、東棟)[出典:港区]

 南棟が「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」の意匠の一部を継承したデザインとなっています。



(仮称)三田一丁目計画 立面図(東‥錙∪湘)
立面図(東‥錙∪湘)[出典:港区]

 各棟の正確な規模は不明ですが西棟が一番低い棟となることはわかります。その西棟上階2層は完成予想図とこの立面図からしてルーフテラスがある部屋になるようです。



(仮称)三田一丁目計画 南北断面図
南北断面図[出典:港区]

 南北断面図を見ると両棟の間には共用部と書かれているので、格棟は1階部分で接続されるようになりそうです。南棟側は周辺駅からは遠い位置となりますがメインエントランスが配置されます。駅から近い敷地北西側にはサブエントランスが設けられる計画となっています。



(仮称)三田一丁目計画 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 場所は麻布十番駅と赤羽駅の間の南側で、幹線道路や取得からは少し離れた静かな場所です。



(仮称)三田一丁目計画 計画地周辺の鉄道網図
計画地周辺の鉄道網図[出典:港区]

 計画地周辺の鉄道網図を見るとJR田町駅も近くにありますが歩くにはちょっと距離があります。



旧東京簡易保険支局

 2019年12日14日にヘリから撮影した「(仮称)三田一丁目計画」の計画地方面です。いつもなら赤い網掛けをするところですが既存建物の「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」が特徴的で網掛けは邪魔になりそうなので無しです。

 手前の緑地で道路左側が「綱町三井倶楽部」、右側が「イタリア大使館」です。これらの緑地を借景できる立地です。



旧東京簡易保険支局

 少しズームです。今回は超高層物件ではないのでここで超高層情報を…左上のタワーマンションは「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)と「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)です。



旧東京簡易保険支局

 さらにズームです。屋上はバスケットコートなどがあったのでしょうか?色々線が引いてあるのが見えます。撮影時には既に仮囲いが設置され西側の建物は既に解体が始まっていました。



旧東京簡易保険支局

 こちらは解体が始まる前の2019年8月3日に撮影したの「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」です。



旧東京簡易保険支局

 こちらは2020年8月10日の撮影ですが両側が解体されたことがわかります。完成予想図を見るとこの正面部分の意匠が継承されます。



旧東京簡易保険支局

 横から見るとこの通り横側は既に解体されています。



旧東京簡易保険支局

 こちらは解体前に南西側から見た様子です。



旧東京簡易保険支局

 今はこのように解体されてしまっています。



旧東京簡易保険支局

 東側もこのように解体されています。



旧東京簡易保険支局

 東側にあった建物も解体され「パークコート麻布十番 ザ タワー」と「シティタワー麻布十番」が見えるようになっています。



旧東京簡易保険支局 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。工期は2019年10月9日〜2020年12月9日までとなっています。



(仮称)三田一丁目計画 工事工程
工事工程[出典:港区]

 「(仮称)三田一丁目計画」の工事工程です。55ヶ月間の工期が予定されています。

■物件概要■
名称:(仮称)三田一丁目計画
所在地:東京都港区三田一丁目4-60
用途:共同住宅、駐車場等
総戸数:約1100戸
駐車場:約510台
自転車:約550台
自動二輪車:約10台
階数:地上14階、地下2階
高さ:約45.5m
敷地面積:約25,200
延床面積:約145,000
事業者:三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス
工期:2020年度着工〜2024年度竣工予定
供用開始:2024年度予定

地上48階、高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.8.10)

ブランズタワー豊洲

 豊洲駅で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。「ブランズ」の冠が付くタワーマンションですが売主は東急不動産だけではなくNIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社となっています。

 これは昨日、2020年8月10日の撮影ですが工事用エレベータの表記では17階まで建設が進んでいました。ただ、3階部分が3フロア分くらいの高さがあるようなので階数表記以上の高さに見えます。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園から撮影。前回撮影に来たときは養生中で芝生には入れない状態でしたが既に開放されていました。



ブランズタワー豊洲

 普段はこの芝生で遊ぶ子供が多いのですが暑さのせいか少なかったです。それにしても「ブランズタワー豊洲」の北西向きの部屋ならばこの豊洲公園が目の前のため永久眺望と言って良い部屋になりますね。



ブランズタワー豊洲

 もし自分が「ブランズタワー豊洲」の住民ならばこの道を歩きながら自分の部屋を見ていそうです。



ブランズタワー豊洲

 周辺には大きな建物がないのでどこから撮っても絵になるマンションです。



ブランズタワー豊洲

 南側から撮影。



ブランズタワー豊洲

 こちら側には東電堀があるためこの方向も永久眺望が保障されていると言えそうです。



ブランズタワー豊洲

 隣では豊洲西小学校の増築工事が始まっていました。この土地は小学校が定員オーバーとならないように江東区に譲渡した土地となっています。総戸数は1152戸のため3000人くらい人口が増えることになると思いますがそうなると子供も一気に増えますからね。



ブランズタワー豊洲

 江戸川区の自宅からも「ブランズタワー豊洲」が見えるようになってきました。レインボーブリッジの主塔が隠れない位置で良かったです。



ブランズタワー豊洲 完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 東電堀越しに見た「ブランズタワー豊洲」の完成予想図です。



ブランズタワー豊洲 完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 敷地周辺には7950屬領价篭間が整備され「豊洲ぐるり公園」や「豊洲六丁目第二公園」などと繋がります。また、敷地内にはスーパーマーケット(図の左)と認可保育所(図の右)も建設されます。

 ゲストルーム、パーティルーム、フィットネスルームなどの共用施設は4階に集約されますが、33階の西角にはビューラウンジも設置されます。



ブランズタワー豊洲 スカイビューラウンジ完成予想図
スカイビューラウンジ完成予想図[出典:公式HP]

 そのスカイビューラウンジの完成予想図です。



ブランズタワー豊洲 スカイビューラウンジ完成予想図
スカイビューラウンジ完成予想図[出典:公式HP]

 億超えの部屋も多数あるタワーマンションなのでこういった共用施設の造りも豪華なんでしょうね。お金があれば住んでみたいタワーマンションです。公式HPを見ると現在は先着順受付中で販売戸数は49戸、間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は43.41屐112.52屐販売価格は4500万円〜2億1700万円となっています。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

淀屋橋に超高層ツインビル誕生へ!地上28階、高さ150m「淀屋橋駅東地区」と地上28階、高さ約135m「淀屋橋駅西地区」

淀屋橋超高層ツインビル

淀屋橋超高層ツインビル
完成予想図[出典:日経新聞]

 大阪の淀屋橋では御堂筋の両側でデザインを合わせた超高層ビル計画があります。左が「淀屋橋駅東地区都市再生事業」(地上28階、高さ約150m)で右が「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ約135m)です。



淀屋橋超高層ツインビル
完成予想図[出典:日経新聞]

 それぞれ事業者は異なるので一般的なツインビルではありませんが、大阪市がデザイン面の配慮を働きかけていたのことでデザインが統一されています。両棟とも高さ50mでセットバックしていますが、これは統一感のある街並みをつくるために市がデザインガイドラインを策定しています。

 東京だと高さ31mまでに規制されていた「百尺規制」を引き継いで高さ31mでセットバックしている地区があり、低層部の高さが揃っている街並みはキレイです。ここ御堂筋も超高層ビルが増えて低層部の高さが揃って来るとさらに街並みがキレイになりそうです。




淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業

淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:大和ハウス工業]

 8月6日に市街地再開発組合設立が発表された「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ約135m)の完成予想図です。同再開発には大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発が地権者かつ参加組合員として参画しています。



淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:大和ハウス工業]

 オフィスフロアは貸室面積1,000坪を超える規模となり、低層部の1、2階には商業施設となり、歩行者空間と一体となった風格ある街並みと上質なにぎわい空間が創出されます。また、地下鉄「淀屋橋」駅とは地下で接続され地下商業空間も創出されます。

 また、高さ50mの基壇部屋上階(地上11階)には一般の方も利用できる眺望空間となる基壇部屋上庭園、カフェラウンジ等が整備されます。中之島を一望できるビュースポットとなります。



淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:大和ハウス工業]

 場所は御堂筋と土佐堀通が交差する角地の西側で目の前の地下には大阪メトロ「淀屋橋」駅があります。北側には土佐堀川や中之島があり屋上庭園からは梅田の超高層ビル群も見えそうなので楽しみな場所です。



淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業

 今年の2月に土佐堀川越しに撮影した「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」の建設地方面です。こんな写真しかないので次に大阪に行ったときにはきちんと撮っておきたいです。新型コロナウイルスの影響で今年の大阪遠征は諦めていますけどね。。

■物件概要■
名称:淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
所在地:大阪府大阪市中央区北浜4丁目1番地
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上28階、地下2階
高さ:約135m
敷地面積:約7,200
延床面積:約131,800
施工者:淀屋橋駅西地区市街地再開発組合
参加組合員:大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発
工期:2021年着工〜2025年竣工予定




淀屋橋駅東地区都市再生事業

淀屋橋駅東地区都市再生事業
完成予想図[出典:京阪ホールディングス]

 昨年の7月23日にる都市計画案が都市再生特別措置法に定める都市再生特別地区として審議・可決された「淀屋橋駅東地区都市再生事業」(地上28階、高さ約150m)の完成予想図です。事業主体は日本土地建物と京阪ホールディングスとなっています。



淀屋橋駅東地区都市再生事業
完成予想図[出典:京阪ホールディングス]

 低層部には「淀屋橋」駅と直結する地下部分も含めた地下1階〜地下2階は商業施設となり、中高層部が高規格オフィスとなります。また、4層吹き抜けの多目的広場(淀屋橋広場)の整備や淀屋橋駅コンコースの歩行者空間の拡幅・リニューアルも計画されています。



淀屋橋駅東地区都市再生事業
位置図[出典:京阪ホールディングス]

 場所は御堂筋と土佐堀通が交差する角地の東側で目の前の地下には大阪メトロ「淀屋橋」駅があります。建設地は日土地淀屋橋ビルと京阪御堂筋ビルがある場所で、西地区よりは狭い敷地となっています。



淀屋橋駅東地区都市再生事業

 今年の2月に撮影した「淀屋橋駅東地区都市再生事業」の建設地方面です。2020年に既存建物解体開始が予定されています。

■物件概要■
名称:淀屋橋駅東地区都市再生事業
所在地:大阪府大阪市中央区北浜3丁目1番1他
用途:事務所、店舗
階数:地上28階、地下4階
高さ:約150m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約3,940
延床面積:約73,600
事業主体:日本土地建物、京阪ホールディングス
工期:2022年着工〜2025年竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク