超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

ミサワホームとトヨタホームによる地上24階建てタワーマンション「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」の建設状況(2019.10.5)

アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋
外観完成予想図[出典:公式HP]

 飯田橋駅近くで建設中のタワーマンション「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」(地上24階、高さ82m)の完成予想図です。場所は目白通りから一本中に入った場所で飯田橋駅からは徒歩2分の距離です。



アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋
外観完成予想図[出典:公式HP]

 ミサワホームとトヨタホームが売主の分譲のタワーマンションで総戸数99戸のうち販売総戸数89戸、事業協力者戸数10戸となっています。ハウスメーカー2社によるタワーマンションのため他のタワマンとは一味違う感じになりそうです。2019年12月下旬から販売開始予定となっています。



アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋

 「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」の建設地です。タワークレーンが1基設置されていました。



アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋

 撮影時は1階部分の鉄筋コンクリートの型枠の建設中でした。



アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋

 坂を登ったところから撮影。



アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋

 坂の下から撮影。右奥に一部見えているタワーマンションは「プラウドタワー千代田富士見」(地上38階、高さ129.6m)です。



アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋

 次回訪問時には住宅フロアの建設も始まっていそうです。



飯田橋

 「文京シビックセンター」の25階無料展望台から見た飯田橋方面です。中央にチラッと見えているタワークレーンが「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」です。



アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。面積等の数値は公式HPの数値を優先しています。

■物件概要■
名称:アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋
計画名称:(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事
所在地:東京都千代田区飯田橋4丁目7-4他
用途:共同住宅
総戸数:99戸(販売総戸数89戸・事業協力者戸数10戸含む)
階数:地上24階
高さ:82.00m
構造:鉄筋コンクリート造・免震構造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:1,745.02
建築面積:877.74
延床面積:9,966.80
施工者:ミサワホーム、トヨタホーム
設計者:淺沼組
施工者:淺沼組
工期:2018年11月上旬着工〜2021年2月中旬竣工予定
入居:2021年3月下旬予定

最高価格5億7800万円!高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2019.10.20)

ブランズタワー豊洲
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 豊洲で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)の完成予想図です。

 売主は東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産の3社でいよいよ今週末の10月26日(土)から第1期販売登録受付開始となります。総戸数1152戸のうち一気に450戸の販売となりますが、気になる販売価格は4430万円〜5億7800万円で、間取りは1LDK〜3LDKで専有面積は43.41屐228.42屬箸覆辰討い泙后K洲で5億7800万とは驚きです。



ブランズタワー豊洲
敷地配置イラスト[出典:公式HP]

 このようにゆとりある配置で約7,950屬緑化空間となり、プロムナードも整備され東電堀といった水辺にも気軽に行けるようになります。また、敷地内には保育所が整備され、そしてスーパーマーケットも隣に建設される予定となっています。また、右下の小学校増築予定地はこのタワマン建設による児童増加に対応するため、校舎建設用地として譲渡した土地部分です。



ブランズタワー豊洲

 完成予想図と同じような方向から見た「ブランズタワー豊洲」の建設地です。タワークレーンがいくつか見えますが一番手前です。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの車内から撮影した「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 まだ低層部の建設中です。住宅フロア部の建設が始まると高くなる速度は加速しそうです。



ブランズタワー豊洲

 この辺りがプロムナードの建設地かと思います。



ブランズタワー豊洲

 この辺りがスーパーマーケットの建設地です。



ブランズタワー豊洲

 ゆりかもめの高架下から撮影。



ブランズタワー豊洲

 まだ2階部分の建設が始まったところのようでした。



ブランズタワー豊洲

 晴海から見た「ブランズタワー豊洲」です。高さ約180mのタワーマンションとなるので、完成するとこの景色も大きく変わりそうです。背後のタワマン群は東雲です。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,271.01
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

2019年12月から戸田建設本社ビルが解体開始!高さ約173m「(仮称)新TODAビル」の建設地の様子(2019.10.19)

(仮称)新TODAビル計画

 東京都の「京橋一丁目東地区」の再開発「ミュージアムタワー京橋」(地上23階、高さ149.22m)と「(仮称)新TODAビル」(地上28階、高さ約173m)の完成予想図です。

 「京橋一丁目東地区」の街区名称は「京橋彩区」に決定しており、両棟の低層部にはアートと文化を核とした美術館などの施設が入ります。

 左の「ミュージアムタワー京橋」は既に竣工しており低層部には「アーティゾン美術館(ARTIZON MUSEUM)」が来年1月に開館します。この場所に元々あった「ブリヂストン美術館」の後継施設です。

 右の「(仮称)新TODAビル」は2024年竣工予定で、こちらも低層部は文化貢献施設となります。また、両棟の間には芸術・文化イベントが開催可能な「(仮称)アートスクエア」が整備されます。



(仮称)新TODAビル計画

 「(仮称)新TODAビル」は「戸田建設本社ビル」の跡地に建設される戸田建設のビルで、2019年12月から既存ビルの解体工事が始まり、2021年に着工、2024年竣工予定となっています。



戸田建設本社ビル

 昨日撮影した「戸田建設本社ビル」(地上9階、最高高さ39.970m)です。カメラの設定をミスっていてちょっとブレしまっています(^^;)



戸田建設本社ビル

 予定では2019年12月16日から解体工事が始まるのでこの姿を見られるのも残り数ヶ月となりそうです。



戸田建設本社ビル 解体工事のお知らせ

 「戸田建設本社ビル」の解体工事のお知らせです。解体工事の名称は「(仮称)新TODAビル計画に伴う解体工事[軍攻]」で、戸田建設自身によって2019年12月16日〜2022年2月15日の工期で解体工事が行われます。

■物件概要■
計画名:(仮称)新TODAビル
所在地:東京都中央区京橋一丁目
用途:事務所、店舗、展示施設、創作・交流施設、情報発信施設等
階数:地上28階、地下3階
高さ:約173m
敷地面積:約6,150
延床面積:約101,500
事業者:戸田建設
工期:2021年〜2024年竣工予定



TOKYO 2021

 そんな「戸田建設本社ビル」では本日、2019年10月20日までアートイベントの「TOKYO 2021」が開催されています。



TOKYO 2021

 ということでギリギリになってしまいましたが昨日、この「TOKYO 2021」に行ってきました。



TOKYO 2021

 『「TODAビル」が解体され一旦姿を消すその前に、再び京橋に新たな芸術文化施設と共に戻ってくることを宣言』との理由でこのアートイベントを開催したとのことでした。



TOKYO 2021

 どんなビルになるかの説明もありました。



TOKYO 2021

 会場は2箇所ありこちらは事前登録(無料)が必要な『課題「島京2021」』の会場側です。



TOKYO 2021

 広い会場ではありませんが天井を大胆に使用した作品もありました。これは解体される前だからこそできる展示でした。



TOKYO 2021



TOKYO 2021


TOKYO 2021

 こちらは事前登録なしで入場できる 「慰霊のエンジニアリング」側です。入ってすぐに大山顕さんの作品がありました。本日までの開催なので興味がある人は足を運んでみてください。

夜のライトアップが格好いい!東急プラザ渋谷が入る高さ約103m「渋谷フクラス」の建設状況(2019.10.5)

渋谷フクラス

 渋谷駅前で建設中の「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」(地上19階、高さ103.31m)です。現在は「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」によって既存ビル解体されたため「渋谷ストリーム」からこうして見ることができます。



渋谷フクラス

 建設地の大部分は「旧東急プラザ渋谷」の跡地で2〜8階と17、18階は再び「東急プラザ渋谷」となります。17階には屋上広場もあります。



渋谷フクラス

 9〜16階と17階の一部はオフィスフロアとなりGMOインターネットグループが入居します。既にGMOの文字が掲げられています。



渋谷フクラス

 渋谷駅とは反対側の裏にある路地から撮影。



渋谷フクラス

 少し斜めから撮影。



渋谷フクラス

 この飛び出ている部分がやはり気になります。



渋谷フクラス

 低層部です。この部分は歩道橋と接続されオープン前ですが既に通れるようになっています。



渋谷フクラス

 裏側の1階部分にはレンガ調の外壁があったりと雰囲気がガラッと変わります。



渋谷フクラス

 渋谷駅側ではスケルトンのエスカレータが整備中でした。



渋谷フクラス

 以前のリリースで『一般路線バスや空港リムジンバスも乗り入れるバスターミナルの設置』となっていたので、この渋谷駅側で整備中の車寄せはそのバスターミナルかと思います。



渋谷フクラス

 「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」は12月5日にグランドオープンとなります。



渋谷フクラス

 ところでこの「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」の外観、正直ちょっと何だか変な感じだとは思っていたのですが…



渋谷フクラス

 夜になってライトアップされると格好良かったです!



渋谷フクラス

 色も次々と変わって行ってキレイでした。



渋谷フクラス

 これは昨日の仕事帰りにスマホで撮影したのを軽く補正した写真ですが、今のスマホはキレイに撮れるものですね。



渋谷フクラス

 撮っているとポツポツと雨が降ってきたので、この方角以外は見ずに帰宅となりました。



渋谷フクラス

 渋谷はこういったギラギラしたイメージがあるので周辺もどんどん派手にライトアップして欲しいものです。





■物件概要■
名称:渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上18階、地下4階(建築基準法上は地上19階)
高さ:103.31m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,316.56
延床面積:58,679.49
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年11月1日〜2019年10月31日竣工予定
開業:2019年12月5日グランドオープン予定(東急プラザ渋谷)

竣工!地上41階、高さ約145m「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」の様子(2019.10.13)

パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 武蔵小山駅前の免震のタワーマンション「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)です。左手前の建物の地下には武蔵小杉駅があり本当の駅前タワマンとなっています。

 また、その駅ビルの背後にチラッと見えるタワークレーンが昨日のブログに載せた「シティタワー武蔵小山」(地上41階、高さ144.504m)でほぼ同じ高さのタワマンが並ぶことになります。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」の低層棟です。3階までが商業施設となっており、その商業施設は右側に見える全長800mのアーケード街「パルム商店街」にも面しています。

 ところで西側に馴染みのない人は武蔵小山と武蔵小杉が混ざることが多々あるようですが、武蔵小杉は神奈川県川崎市で武蔵小山は東京都品川区です。武蔵小山駅は東急目黒線の駅で目黒駅から2駅です。目黒駅側と逆側に行くと武蔵小杉駅があります。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 低層棟の4階〜7階は30戸の住宅フロアとなっていますがあまり目立たないですね。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 商業施設部の名称は「ザ モール」で、この広場は「ザ プラザ」という名称となっています。また、エスカレーターを登った先には「ザ テラス」と呼ばれる屋上庭園も整備されます。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 現地では建築計画のお知らせは既に見当たらなかったのですが、以前まで設置されていた建築のお知らせでは2019年12月末日完了予定となっていました。ただ、「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」の公式サイトを見ると2019年9月竣工済となっていたので建物としては内部も含めて完成しているようです。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 建物は完成しているようでしたが「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」と「シティタワー武蔵小山」の間には道路が建設中でした。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 その道路沿いに植えられていた竹やぶが台風の影響で一部倒れかかっていました。竹については詳しくありませんがもっと根付いてからだったら大丈夫だったんですかね。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 ここからはグルっと撮影していきます。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 先程の整備中の道の先から撮影。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 近くの近くのお寺越しにこうしてそびえ立っています。



パークシティ武蔵小山 ザ タワー

 公式HPを見ると先着順で最上階南西向き、3LDK、108.96屬良屋が2億787万円が販売中でした。これが売れると完売となるんですかね?建物は竣工済みですが入居できるのは2020年4月上旬予定となっています。

■物件概要■
名称:パークシティ武蔵小山 ザ タワー
計画名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:624戸(販売総戸数487戸、事業協力者住戸137戸含む)
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,000.01
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員(売主):三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:鹿島建設
工期:2016年3月1日着工〜2019年9月竣工
入居:2020年4月上旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク