超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

虎ノ門・麻布台地区に建築計画のお知らせ設置!高さ325.24m!高さ262.81m!高さ237.20m!色々と日本一が更新されます!

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:内閣府]

 虎ノ門と麻布台に森ビルと日本郵便によって建設される「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。商標ウォッチというサイトによると「虎ノ門麻布台ヒルズ」と「虎麻ヒルズ」が森ビルより出願されたようなので、正式名称が「虎ノ門麻布台ヒルズ」、略称が「虎麻ヒルズ」となりそうです。

 そんな「虎ノ門麻布台ヒルズ」の建設現場では建築計画のお知らせが設置されたのですが、まずは軽く概要を載せておきます。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:内閣府]

 A街区は地上64階、高さ325.24mで2023年3月の完成時には高さ日本一の超高層ビルとなります。2027年度には「東京駅前常盤橋プロジェクト」によって建設される地上61階、高さ390mの超高層ビルに高さ日本一の座は渡すことになります。ただ、A街区の高層部は住宅フロアとなるため住宅としては高さ日本一となります。

 B-1街区は地上64階、高さ262.81mのタワーマンション、B-2街区は地上54階、高さ237.20mで低層部にホテルが入るタワーマンションとなります。これはタワーマンションとしては高さ日本一となり、地上64階という階数でもタワーマンションとしては日本一となります。

※ タワーマンションの正確な定義は不明ですが、当ブログでは建物の半分以上が住宅フロアの場合にタワーマンションとして扱っています。そのためA街区はタワーマンションとしては扱いません。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:内閣府]

 敷地はこのようになっておりA街区は麻布郵便局の跡地となります。六本木一丁目駅に近い側がB街区でタワーマンションが配置され、神谷町駅に近い側はC街区として低層の建物が配置されます。また、再開発により新しい道路が整備され孤立していた場所だったのが大きく変わります。


虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業
歩行者ネットワークイメージ[出典:内閣府]

 同再開発では地下通路も整備され神谷町駅から六本木一丁目駅まで接続されます。


虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業
 東京タワーから見た「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。あちこちで既存建物の解体工事が始まっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 街区図
 同じような方向から見た街区図はこのようになっています。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区 建築計画
 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 A街区」の建築計画のお知らせです。今までの情報では地上65階、高さ約323mでしたが地上64階、高さ325.24mなっています。施工者は清水建設で今年の夏には着工し4年後の2023年3月31日には竣工予定となっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区
 東京タワーから見た建設地となる「麻布郵便局」です。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区
 このように既に解体工事が始まっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区
 正面の外観はまだ見ることができましたがもうすぐ見れなくなりそうです。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 A街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目314番3外
用途:共同住宅・事務所・店舗・各種学校・駐車場等
階数:地上64階、地下5階
高さ:325.24m(最高325.24m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎(一部場所打ちコンクリート杭基礎)
敷地面積:24,104.21
建築面積:15.589.10
延床面積:461,291.89
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区 建築計画
 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 B-1街区」の建築計画のお知らせです。こちらは今までの情報通りで詳細な数値になっただけで地上64階、高さ262.81mなっています。こちらの施工者は三井住友建設で今年の秋には着工し4年後の2023年3月31日には竣工予定となっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業
 東京タワーから見た建設地方面です。あちこちで解体工事をしているのがわかりますがB-1街区は写真上の方です。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区
 この辺りがB-1街区となります。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区
 奥の白いマンションあたりかがB-1街区です。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区
 周辺には高さ200mを超す超高層ビルが建っていますが、その高さを超えるタワーマンションがこの場所に建設されます。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-1街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目32番6外
用途:共同住宅・事務所・店舗・保育所・駐車場等
階数:地上64階、地下5階
高さ:262.81m(最高262.81m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,648.39
建築面積:6.311.38
延床面積:185,227.65
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:三井住友建設
工期:2019年10月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区 建築計画
 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 B-2街区」の建築計画のお知らせです。今までの情報では地上53階、高さ約233mでしたが地上54階、高さ237.20mとなっています。施工者は清水建設で今年の夏には着工し4年後の2023年3月31日には竣工予定となっています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 B-2街区は長細い街区で高台にある道路沿いの敷地となります。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 このようにあちこちで解体工事が行われています。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 B-1街区よりは低いタワーマンションとなりますが周辺の超高層ビルよりも高くなります。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 今はこうして建設予定地内を歩くことができますがもすうぐ閉鎖されるかと思います。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区
 見に行くなら今のうちに行っておいた方が良いかもしれません。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-2街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目12番、13番外
用途:共同住宅・ホテル・店舗・集会場・駐車場等
階数:地上54階、地下5階
高さ:237.20m(最高237.20m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:16,467.87
建築面積:8.191.56
延床面積:169,340.95
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-1街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-1街区 建築計画
 C-1街区の建築計画のお知らせです。ここからは超高層ではないので詳細は省略します。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-1街区
 低層ですが延べ面積は10,669.64屬竜模があります。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-2街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-2街区 建築計画
 C-2街区の建築計画のお知らせです。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-2街区
 延べ面積が32,057.06屬竜模となります。神谷町駅側からきたときの入り口の顔となる建物となりそうです。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-2街区



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-3街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-3街区 建築計画
 C-3街区の建築計画のお知らせです。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-3街区
 赤いビルあたりがC-3街区かと思います。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-4街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-4街区 建築計画
 C-4街区の建築計画のお知らせです。

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C-4街区
 この高台側がC-4街区となります。

解体される地上20階「国際赤坂ビル」の解体工事準備状況(2019.3.16)

国際赤坂ビル
 数年前の撮影ですが赤坂、永田町方面の空撮です。この中で左下の赤色の網掛けをしているビルが「国際赤坂ビル」(地上20階、高さ76.4m)で解体の準備が始まりました。

国際赤坂ビル
 昨日撮影した「国際赤坂ビル」です。解体工事の発注者は積水ハウス、解体工事の施工者は大成建設で解体工期は2019年2月1日〜2020年5月15日までとなっています。

国際赤坂ビル
 場所は「溜池山王」駅のすぐ上で敷地内に駅への出入口があります。また、少し地下通路を歩くことになりますが「国会議事堂前」駅にも繋がっています。

国際赤坂ビル
 この写真右端の部分が仮囲い設置の真っ最中でした。

国際赤坂ビル
 建設通信新聞の記事によると、日生が持ち分の50%を取得しており積水ハウスと日生の両社で建替え事業の具体化に取り組むとのことでまだ詳細は決定していないようです。

 右後ろに見えているのが道路を渡ったところに建つ「山王パークタワー」(地上44階、最高高さ194.45m)で、ここまでの規模は敷地的に無理だと思いますが駅直結の好立地のため超高層ビルに建て替えとなるかと思います。

国際赤坂ビル 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。ところでこのように地上20階となっていますが目視では18階までしかありません。たぶん塔屋が2階ありそれを含めた数値かと思います。

地上23階「ローレルタワー ルネ浜松町」の建設状況(2019.3.2)

ローレルタワー ルネ浜松町
 ゆりかもめ「日の出」駅前で建設中のタワーマンション「ローレルタワー ルネ浜松町」(地上23階、高さ88.69m)です。「ローレル」は近鉄不動産のブランドで「ルネ」は総合地所のブランドです。ここはこの2社が売主となっています。

ローレルタワー ルネ浜松町
 撮影時点では19階部分の建設が始まっていました。

ローレルタワー ルネ浜松町
 コンシェルジュカウンター、ラウンジ、宅配コーナーなどは6階に設置され、この6階を経由して上階へ向かうことになるようです。

ローレルタワー ルネ浜松町
 ゆりかもめ「日の出」駅から見た「ローレルタワー ルネ浜松町」です。また、JR「浜松町」駅までは徒歩10分、「田町」駅までは徒歩14分などちょっと歩ければ色々な路線も使えます。

バンクシー
 ところで建設地のすぐ近くのこの防潮扉。「通」の文字のところだけ取り替えられていますが、ここに話題となったバンクシーの傘を差したネズミの絵があった場所です。何度も目の前を通ったことがあったのですが気付いていませんでした。。

ローレルタワー ルネ浜松町
 東京湾から見た東京タワーと「ローレルタワー ルネ浜松町」です。

ローレルタワー ルネ浜松町
 この景色を見て思うのは…この海沿いの倉庫群はどっかに移転するなどどうにかならないんですかね。東京は海辺の大都市なのにあまり海を感じることはありません。こういった倉庫群を再開発するなり公園にするなりしたらだいぶ変わると思うんですけどね。

ローレルタワー ルネ浜松町 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ローレルタワー ルネ浜松町
仮称:(仮称)ミナトフロントタワー
計画名:(仮称)港区海岸2丁目計画
所在地:東京都港区海岸2丁目7-2,7-4
用途:共同住宅
総戸数:227戸
階数:地上23階、地下1階
高さ:88.69m
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場打造成杭
敷地面積:2,142.34
建築面積:934.36
延床面積:20,512.46
建築主:近鉄不動産、総合地所
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2017年6月15日着工〜2019年12月末日竣工予定
入居:2020年2月末日予定

ソフトバンクの本社が移転してくる高さ約209m「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2019.3.2)

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 竹芝で建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。「カレッタ汐留」の46階無料展望スペースから撮影しました。汐留に本社があるソフトバンクがこのビルに移転することが決定しています。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「浜離宮恩賜庭園」から見た様子です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 浜松町駅前にある「旧芝離宮恩賜庭園」から見た様子です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 高層部にズームです。ガラスの取り付けが着々と進んでいます。。

(仮称)竹芝地区開発計画
 同再開発では建物だけではなく「浜松町」駅からゆりかもめ「竹芝」駅まで繋ぐペデストリアンデッキも建設しています。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 このようにペデストリアンデッキは途中にある首都高の上も通ります。

(仮称)竹芝地区開発計画
 ここで「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」と接続され「竹芝」駅まで繋がっていきます。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」は角度によって見た目が大きく変わります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 形だけなくデザインも方向によって異なります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 このように細く見える場所もあります。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 こちら側から見るとガラスカーテンウォールの超高層ビルとなっています。ところで低層部の外壁がまだないのは、この場所にはスキップテラスと呼ばれる階段状のテラスが整備されるためです。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「竹芝」駅の改札近くから見ると目の前にタワークレーンがあります。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 ここでは住宅棟となる「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)が建設中です。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 この敷地の右側あたりにペデストリアンデッキが建設されます。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 地上から見た住宅棟の建設地です。右後ろがゆりかもめ「竹芝」駅です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 「竹芝」駅の隣の「日の出」駅から見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。足元の屋根が赤いマンション「イトーピア浜離宮」は地上32階、高さ118.60mのタワーマンションへの建替が計画されています。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 東京湾から見た竹芝です。右端が昨日のブログに載せた「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
 最後は3月2日に「恵比寿ガーデンプレイスタワー」から撮影した「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。やっぱり高さ200mを超えると存在感が大きくなりますね。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

劇場棟には劇団四季!高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況(2019.3.9)

ウォーターズ竹芝
 竹芝で建設中の「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。今まで「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」と呼んできましたが、先月、名称が『WATERS takeshibaウォーターズ竹芝)』 に決定したことが発表されています。

ウォーターズ竹芝
 「ウォーターズ竹芝」は横長の敷地で2020年4月に鬼として高層棟と駐車場棟が開業します。挟として2020年内に高層棟と駐車場棟の間に劇場棟が開業します。劇場棟は劇団四季のアートセンター四季劇場[春]・[秋]があった場所で再び四季劇場[春]・[秋]となります。既存の「自由劇場」を含めて劇場が3館となります。

ウォーターズ竹芝
 浜離宮恩賜庭園から見た「ウォーターズ竹芝」です。

ウォーターズ竹芝
 海側は竹芝の超高層ビルが建ち並んでいますが浜離宮恩賜庭園側は遮る建物もなく素晴らしい眺望となりそうです。

ウォーターズ竹芝
 低層部の1階〜4階はアトレが運営する商業施設、中層部の5階〜14階はオフィス、そして高層部の16階〜26階が日本ホテルが運営する265室(予定)のホテルとなります。また、この場所には広場・テラスが整備されます。

 アトレも日本ホテルもJR東日本のグループ会社で、日本ホテルは「ホテルメトロポリタン」シリーズ、「ホテルメッツ」シリーズ等で知られています。ここのホテルは「メトロポリタン」シリーズになるかと思います。

ウォーターズ竹芝
 反対側の竹芝ふ頭公園から見た「ウォーターズ竹芝」です。既に最上階まで達しています。

ウォーターズ竹芝
 建設地はゆりかもめの高架沿いです。

ウォーターズ竹芝
 駐車場棟の建設も進んでいます。

ウォーターズ竹芝
 ゆりかもめ「日の出」駅から見た「ウォーターズ竹芝」です。

ウォーターズ竹芝
イメージパース[出展:JR東日本]


ウォーターズ竹芝
断面図(フロア構成)[出展:JR東日本]


ウォーターズ竹芝
配置図[出展:JR東日本]


ウォーターズ竹芝 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。