超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜みなとみらいのロープウェイの建設状況!既に支柱が完成!ザ・タワー 横浜北仲から撮影(2020.7.23)

みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 横浜みなとみらいで建設中のロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」の完成時の景観イメージです。右上の位置△らの景観と書いてありますが、次の図を参考に見てください。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
事業概要[出典:横浜市]

 JR桜木町駅前の「桜木町駅前停留所」からワールドポーターズ前の「運河パーク停留所」まで結ぶ約630mのロープウェイで汽車道の南側を通るルートとなっています。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 JR桜木町駅前の「桜木町駅前停留所」の完成予想図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 支柱は地上2基、海上3基の合計5基で最大高さはおよそ40mとなっています。そこに8人乗りゴンドラが36基で運行される予定となっています。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 ワールドポーターズ前の「運河パーク停留所」の完成予想図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 これは2020年7月23日に「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)にお邪魔したときに撮影した、屋上スカイテラスから見た建設中の「YOKOHAMA AIR CABIN」の支柱です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 みなとみらいにロープウェイって本気なの?と半信半疑に思っていましたがもう支柱が出来上がっていました。海上の支柱の真ん中で段を数えた感じからしてこれが一番高い支柱かと思います。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 右上のワールドポーターズの目の前の建設現場が「運河パーク停留所」となります。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 その「運河パーク停留所」にズームです。着々と工事が進んでいるようでした。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 少し下がって「ザ・タワー 横浜北仲」の25階にあるビューラウンジから見た「運河パーク停留所」です。ロープウェイに載るときはパスモやスイカでサクッと乗れるようになるんですかね?価格や運用方法がどうなるのか気になるところです。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 8人乗りゴンドラということなので、左に乗るのか右に乗るのかで大きく眺めは変わりそうですね。楽しいのは汽車道を見下ろす側となりそうです。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 支柱の隣に船が係留されていますが支柱の点検や整備をするときは毎回船移動なんでしょうね。維持費もそこそこかかりそうですね。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 さらに下がって5階にあるパーティルームからの眺めです。5階まで来ると支柱は見上げる高さとなります。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 世の中、色々な再開発がありますがみなとみらいにロープウェイは全く予想できなかった未来図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 桜木町駅側の海上支柱です。手前の駐車場では住友不動産による再開発「北仲通北地区(A地区)再開発計画」(地上41階、最高高さ約162m)が計画されており、タワーマンションなどが建設されますが、ゴンドラと同じ高さの部屋だと落ち着かないでしょうね〜。

 もしこの都市型ロープウェイが成功したら全国各地で同じようなロープウェイが出現するのかもしれないですね。失敗すると支柱や土台だけ残る負の遺産となりそうですがここはどうなるんでしょうね?開業予定は2020年度末です。

十条駅前に39階建てタワマン「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」の既存ビル解体状況!建築計画も設置されました(2020.8.1)

十条駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:日鉄興和不動産]

 JR埼京線「十条」駅西口の大規模再開発「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」(地上39階、高さ146.16m)の完成予想図です。建築主は十条駅西口地区市街地再開発組合で参加組合員として日鉄興和不動産と東急不動産が参画、設計者と施工者は前田建設工業で低層部に商業施設が入る総戸数約580戸のタワーマンションとなります。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:日鉄興和不動産]

 同再開発の概要説明の後に現地の様子を載せますが、現地では既存ビルの解体工事が始まっており建築計画のお知らせも設置されました。それによると着工は2021年3月1日、竣工は2024年10月31日の予定となっています。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 このように低層部は業務・商業施設となり、その上がタワーマンションとなります。これは約3年前の情報で当時は地上40階建てで計画されていましたが、この程度の変更はよくあることで誤差の範囲です。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 場所はJR埼京線「十条」駅の西口の目の前で、駅前の交通広場隣接した形で配置されます。高層棟は南側に、商業施設となる低層棟は西側に配置されます。




十条駅西口地区第一種市街地再開発事業 再開発施行地区
再開発施行地区[出典:日鉄興和不動産]

 イマイチ西側の境界線がわかりませんが、この赤い網掛けの範囲が計画地となります。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業 計画図
計画図[出典:北区]

 周辺ではこのように道路の新設や既存道路の拡幅が計画されており、まずは駅前まで繋がる道路が整備されるようです。



板橋駅方面

 現地の様子の前に「サンシャイン60」の展望台から見た板橋駅方面です。この写真の右上の方が十条駅がある場所です。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 数年後にはこの写真の中央あたりに「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」のタワーマンションが見えるようになるかと思います。板橋駅前では2棟のタワーマンション計画もあるので「サンシャイン60」から板橋駅方面を見ると賑やかな景色となりそうです。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 それでは「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」の建設予定地です。十条駅前の交通広場越しに撮影。この方向あたりが高層棟の建設地となります。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 「再開発反対!」とデカデカと書いてあるビルもありますが、ここもこのまま解体されるのでしょうか?



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 西側の低層棟の建設地方面です。この右側の細い路地を通って計画地をグルっと一周してきました。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 既存ビルの隙間からは既存ビルの解体工事が行われているのが見えました。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 西側です。この仮囲いが西側の境界線となりそうです。ちなみに北西角でも解体工事行われているビルがありましたが、同再開発に含まれるのか別なのかはよくわかりませんでした。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 計画地の南側を通る本郷赤羽線から撮影。あちこちで解体工事が行われています。計画地内を通る道路がいくつかありますが、どこかのタイミングで廃道となるものと思われます。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 まだ解体工事が始まっていない既存ビルもありますが、近いうちに解体工事が始まるかと思います。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 以前、ここに来たときにはこの仮囲いがある場所に同再開発の事務所がありました。その隣には大きな駐輪場がありますがまだ稼働しているようでした。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 JR埼京線の線路側です。こちらは街区全体をまとめて解体するようです。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 線路沿いあたりです。配置図を見るとこの辺りは広場状空地となっているので、計画地内の道路を廃道する前にこちらに仮設の通路が整備されると思われます。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 線路越しに撮影。この方向に地上39階、高さ146.16mのタワーマンションがそびえ立つことになります。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 十条駅に近い場所の解体工事現場です。この幅の既存ビルはなかったはずなので数棟まとめて解体中かと思います。この辺りの解体工事が進むとホームからの計画地が見えるようになるかもしれません。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。7月27日に設置されたと読者の方に教えて頂きました。ありがとうございます!

■物件概要■
名称:十条駅西口地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
所在地:東京都北区上十条二丁目25番他
用途:物品販売業を営む店舗、飲食店、地方公共団体の支所又は支庁、事務所、共同住宅(ワンルーム形式住戸10戸を含む)
階数:地上39階、地下2階
高さ:146.16m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,071.32
建築面積:4,691.78
延床面積:80,980.16
建築主:十条駅西口地区市街地再開発組合
参加組合員:日鉄興和不動産、東急不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
工期:2021年3月1月着工〜2024年10月31日竣工予定

ドン・キホーテの超高層ホテル!地上28階「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設状況(2020.7.12)

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(旧名称:ドンキホーテホールディングス)による渋谷の再開発「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)の完成予想図です。店舗、事務所、ホテル等で構成される複合施設となります。

※出典名は計画が発表された時点のドンキホーテホールディングスとしています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 夜景バージョンの完成予想図です。目の前の通りは文化村通りで右端が「Bunkamura」です。そして左の方に進むと「渋谷」駅がある立地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 断面構成図
断面構成図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 フロア構成は1〜3階が店舗、4〜10階が事務所、11階〜28階がホテルとなります。11、12階のホテル共用部は帰宅困難者受け入れスペースに設定され防災備蓄倉庫が配備されます。表記は地上28階、地下1階となりますが、建築基準法上では地上27階、地下2階となります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 敷地の概要図
敷地の概要図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 この通り超変形の敷地で、今まで見た超高層ビルの敷地では一番グニャグニャしている気がします。

 「旧ドン・キホーテ渋谷店」の文字の下に赤枠に入っていない3棟がありますが、現地に行くと「(仮称)渋谷道玄坂Gタワー新築工事」(地上10階、高さ32.72m、延べ926.65)という店舗、事務所、住宅で構成されるビルと「(仮称)コラビル新築工事」(地上7階、高さ約25m、延べ780.00)という店舗、共同住宅で構成されるビルの建築計画のお知らせが出ています。施工者は「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」と同じ熊谷組のためか同じ仮囲いが設置されています。



IMG_0614_(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 「渋谷スカイ」の展望台から見た「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地方面です。



IMG_0616_(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 計画地にズームです。大きな通りからは見えない場所なので、渋谷に遊びに来ているほとんどの人はここで大規模再開発を行っていることを知らないと思います。



IMG_0618_(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 計画地にズームです。地下部の工事を行っている場所が先程書いた小さなビルの建設地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 地上から見た様子です。この左側の方が小さなビルの建設地で正面が超高層ビルの建設地となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 文化村通りの渋谷駅側から見た完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 ここがメインエントランスとなるものと思われます。



IMG_0632_(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 完成予想図では広々として見えましたが実際はこの程度の幅しかありません。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 「Bunkamura」側から見た完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 夜景バージョンです。明るくなっている場所がもう一つのエントランスです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ここも実際にはこの程度の幅しかありません。ちなみにここは「旧ドン・キホーテ渋谷店」があった場所です。すぐ近くに「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」があるので、同再開発ビルにドン・キホーテが入ることはないかと思います。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 完成予想図を見てもドン・キホーテとは似ても似つかないオシャレな店舗フロアとなっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:ドンキホーテホールディングス]

 これらはどの辺りの完成予想図かは不明ですが、大きな高低差があるため道玄坂小路沿いから入る場所かと思います。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
用途:店舗、事務所、ホテル等(300室)
階数:地上28階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)
高さ:116m(最高120m)
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:5,897.39
建築面積:3,850.00
延床面積:41,950.00
建築主:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:熊谷組
工期:2019年1月11月中旬着工〜2023年3月中旬竣工予定

高さ159m、131m「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設状況!住友不動産によるタワマンとオフィスビルが建設中(2020.7.19)

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 西新宿の大規模再開発「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の完成予想図です。

 右がA棟で地上35階、高さ158.85m、延べ90,823.78屬播絞沺▲フィスフロア、SOHO向けマンションで構成されます。左がB棟で地上35階、最高高さ131.57m、44,555.42屬竜模で店舗、SOHO向けマンション、共同住宅で構成されます。当初の計画ではA棟もタワーマンションでしたがオフィス中心のビルに大きく計画変更となっています。

 同再開発の建築主は西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合で参加組合員として住友不動産が参画しています。後半に載せていますが現地では既存建物の解体が終わり建設工事が始まっています。竣工予定は2023年3月下旬です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 低層部の完成予想図です。両棟とも十二社通り沿いの1、2階には店舗が入ります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 両棟の間には道路が整備されますが、どこに抜ける道ではなく左側のB棟をグルっと一周する道路となります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 上空から見た完成予想図です。「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)の完成予想図にCGを重ねているのかタワー60の方が目立つ仕様になっていますが、その左側が「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」です。ちなみにタワー60の右側に描かれているタワーマンションはまだ既存建物の解体工事すら始まっていない「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 真上近くから見た完成予想図です。敷地南側には親水公園が整備されることもわかります。また、敷地の南端はC地区となっており権利者向けの建物が建設されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 断面図です。左からC地区、B地区、A地区となっており、B地区の共同住宅部はC地区よりも全て高い位置となるようです。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 A棟はこのように下半分がオフィス、上半分がSOHOとなります。SOHO住宅は約94戸で計画されています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 B地区に建設されるB棟は404戸で計画されています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
配置図兼1階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 配置図兼1階平面図です。神田川側には広場など緑地が整備されます。また、十二社通り沿いには路面店が並びます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
2階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 2階部分も十二社通り沿いには店舗が入ります。また、B棟の2階には保育所も計画されています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
3階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 A棟は3階からがオフィスフロアとなります。B棟の3階にはSOHO住宅と共用施設が配置されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
A地区:3〜17階、B地区:5〜20階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 B棟は4階に駐輪場と免震層を挟んで5階からが住宅フロアとなります。北側のオフィスビルとのお見合い部屋は狭い部屋ばかりとなっています。ちなみにオフィス側はエレベータなど配置され住宅を覗けないような壁となります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
A地区:19〜22階、32〜34階、B地区:21〜35階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 A棟は19階からがSOHO住宅となります。1戸1戸がかなりの広さとなっています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
A地区:35階、B地区:21〜35階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 A棟の最上階となる35階は外側に柱があるため形状が他のフロアとは変わっています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 青梅街道と十二社通りがぶつかる成子坂下のT字路から撮影した「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の計画地です。この角地に地上35階、高さ158.85mのA棟、その背後にで地上35階、最高高さ131.57mのB棟が建設されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 青梅街道沿いから撮影。青梅街道沿いには10階建て程度のオフィスビルが建ち並んでいましたが解体され視界が広くなっています。目立つタワーマンションは「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)です。60階は現時点でマンションとしては日本最高階数です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 既存ビルが解体されたことにより今まで見れなかった西新宿の超高層ビル群が広がっています。地上部の建設が始まるとこの景色は見られなくなるので今だけの光景です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 神田川沿いから撮影。左にA棟、右にB棟が建設されますが、地上から見ても両棟の境目はよくわかりません。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 そのためどこが何地区かはあまり考えず、既存ビルが解体された今だけの景色を楽しんで歩きました。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 地上部の建設が始まるのはまだ先だと思うので、もうしばらくはこの景色が楽しめます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 権利者向けの建物が建設されるC地区あたりです。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 フェンスで区切っている箇所が各権利者の土地との境目かと思います。



AEA56

 一部ではもう既に基礎工事が始まっていました。ここには地上6階、最高高さ19.210m、延床面積549.14屬療絞沺共同住宅の建築計画のお知らせが出ていました。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 十二社通りにある横断歩道から撮影。この正面がB地区となります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 その信号から少しC地区側によって撮影。地上部の建設が始まるとこの景色も大きく変わります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 建築計画のお知らせ

 A棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 A棟■
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
階数:地上35階、地下2階
高さ:158.85m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90.823.78
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)
工期:2019年5月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟 建築計画のお知らせ

 B棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 B棟■
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目2番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:404戸(ワンルーム36戸)
階数:地上35階、地下2階
高さ:124.59m(最高高さ131.57m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:4,267.15
建築面積:2,072.25
延床面積:44.555.42
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(B棟)
工期:2019年6月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定

最上階にはプライベートプール!地上39階「パークコート渋谷 ザ タワー」の建設状況(2020.7.12)

パークコート渋谷 ザ タワー

 渋谷で建設中のタワーマンション「パークコート渋谷 ザ タワー」(地上39階、最高高さ142.69m)です。渋谷に昨年オープンした「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)の展望台「渋谷スカイ」から撮影しました。

 低中層部は角を削った普通の箱型をしていますが、高層部が最上部に向けて正方形になって行く花のように広がるデザインとなっています。



パークコート渋谷 ザ タワー

 高層部にズームです。特徴的なデザインですが角を削っているだけなので、バルコニーがある面は普通に垂直になっています。



パークコート渋谷 ザ タワー

 南西角部屋にズームです。「パークコート渋谷 ザ タワー」の特徴はデザインだけではなく最上階の部屋にプライベートプールがあるという日本のタワーマンションでは見たことのな仕様になっているところです。これは300mmのレンズで撮影したものを等倍で切り抜いたものですがそのプール部分が確認できました。



パークコート渋谷 ザ タワー
39階 PH-Dタイプ 間取り図[出典:公式HP]

 以前公式HPで公開されていたその角部屋の間取り図です。39階、南西角のPH-Dタイプ、3LDK+WTC+2WIC+SIC、208.89屐▲丱襯灰法19.88屐▲襦璽侫肇奪廛謄薀74.98屬箸覆辰討い泙靴拭いったいおいくら億円で分譲されたんでしょうね??



パークコート渋谷 ザ タワー
PH-Bタイプ プライベートプール完成予想図[出典:公式HP]

 これは北向きの部屋に設置されるプライベートプールの完成予想図です。シンガポールのマリーナベイ・サンズで有名になった外縁が存在しないかのように見えるインフィニティプールとなっています。住友不動産の物件では屋上にジャグジーがある物件もありますが、プライベートプールがあるタワーマンションは日本初ですかね?知っている限りでは他にはありません。



パークコート渋谷 ザ タワー

 最上階は全部屋にプライベートプールがあるようです。



パークコート渋谷 ザ タワー

 プライベートプールがあっても実際は使うことは滅多にないんでしょうね。それでいて管理費も他の部屋と比べたら跳ね上がっていそうです。ただ、こういった部屋を購入できる大富豪にとっては気にする額ではないんでしょうね。



パークコート渋谷 ザ タワー

 少し近づいて「渋谷PARCO」(地上19階、高さ100m)の屋上庭園から撮影。



パークコート渋谷 ザ タワー

 さすがにここからはプールを確認することはできません。



渋谷区役所

 もっと近付いて撮影。「パークコート渋谷 ザ タワー」の建設地は渋谷区の土地で2093年09月30日まで約70年の定期借地権がついていますが、その権利金の代わりにこの手前の板状の「渋谷区役所」とその右側にある「渋谷公会堂(LINE CUBE SHIBUYA)」の建設を無償で行っています。



パークコート渋谷 ザ タワー

 その「渋谷公会堂(LINE CUBE SHIBUYA)」横から撮影。



パークコート渋谷 ザ タワー

 目の前にある代々木公園の入り口あたりから撮影。渋谷駅からは徒歩8〜9分とちょっと距離はありますが、丘の上で目の前には代々木公園という立地になっています。



パークコート渋谷 ザ タワー

 自然と高層部を見上げてしまうデザインです。



パークコート渋谷 ザ タワー

 「渋谷公会堂(LINE CUBE SHIBUYA)」と「パークコート渋谷 ザ タワー」には階段状の道が整備されていました。



パークコート渋谷 ザ タワー

 車寄せ部分です。もう既に完成しているように見えますが竣工予定は9月末となっています。作業予定では内外装仕上げ、外構工事となっていました。



パークコート渋谷 ザ タワー

 このような立派なタワーマンションですが定期借地権付きのため2093年09月30日には更地にして渋谷区に返還されることになります。その頃の東京の街並みはどんな感じになっているんでしょうね?今ある超高層ビルも解体されて建替えられたり今とは全然違う光景になっていそうですね。



パークコート渋谷 ザ タワー

 再び高層部にズームです。



パークコート渋谷 ザ タワー
ザパークビューラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 共用施設として地上20-21階の吹き抜けの空間となるザパークビューラウンジの完成予想図です。



パークコート渋谷 ザ タワー
ザパークビューラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 こうして代々木公園越しに新宿の超高層ビル群を望む空間となっています。



パークコート渋谷 ザ タワー
フィットネスルーム完成予想CG[出典:公式HP]

 地上21階に配置されるフィットネスルームです。新宿から東京都心まで眺められるスペースとなっています。目の前の代々木公園でのジョギング、代々木公園を見下ろしながらランニング、こういった選択肢があるのは贅沢ですね。

 公式サイトを見ると現時点では15階の2LDK(76.29)が1億4680万円、26階の2LDK(80.56)が2億2010万円で先着順で販売されています。両部屋とも北向きの角部屋なので代々木公園ビューです。



パークコート渋谷 ザ タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:パークコート渋谷 ザ タワー
計画名:(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟
所在地:東京都渋谷区宇田川町28番49,28番79,96番3
用途:共同住宅
総戸数:505戸(総販売戸数355戸)
定期借地権:2093年09月30日まで約70年
階数:地上39階、地下4階
高さ:136.24m(最高高さ142.69m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,565.00
建築面積:1,690.00
延床面積:61,491.62
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:日本設計
施工者:東急建設
工期:2016年6月上旬着工〜2020年9月下旬竣工予定
入居:2021年4月上旬予定(2019年9月以前に契約締結していれば2021年1月下旬予定)

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク