超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

地上48階、高さ約178m「パークタワー晴海」の竣工後の様子(2019.4.13)

パークタワー晴海

 晴海で最も新しいタワーマンション「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)です。2019年2月に竣工しました。総戸数1076戸という巨大なタワーマンションで5月からは第7期の販売が開始されます。



パークタワー晴海

 建設地は晴海運河に面しており隣のツインタワーマンション「ザ・パークハウス晴海タワーズ」(地上49階、最高高さ約170m)とは同じような高さと太さのため、巨大なトリプルタワーのように建ち並んでいます。



パークタワー晴海

 これだけ大きなタワマンが並ぶとどこから見ても迫力があっていいですね。



パークタワー晴海

 キレイな青空の日に順光で撮影できれば「パークタワー晴海」の撮影は完了します。更地の頃から撮り続けていましたが途中で工事のやり直しもあったので結構な期間通いました。調べてみるとたぶん2013年7月12日のブログ「晴海2丁目に三井不動産レジデンシャルが49階建て分譲タワーマンション!「(仮称)中央区晴海二丁目計画」」が最初かと思います。



パークタワー晴海

 近くから見上げた「パークタワー晴海」です。36階にはお台場方面を望めるスカイラウンジ「天空キャビン」があります。



パークタワー晴海

 「パークタワー晴海」の敷地内の外構部です。



パークタワー晴海

 ディズニーランドでお馴染みオリエンタルランドが外構コンセプトのデザインを担当しているため他のマンションとは雰囲気も違います。



パークタワー晴海

 こういった案内図はディズニーっぽさがありますね。何枚がずらずらと載せておきます。



パークタワー晴海


パークタワー晴海


パークタワー晴海


パークタワー晴海


パークタワー晴海


パークタワー晴海


パークタワー晴海

 低層階でも運河側は視界が開けています。反対側も今は視界が開けていますが将来はわかりません。



パークタワー晴海

 最寄り駅となる月島駅に近い側の外構部です。木々の後ろに見えているのは豊洲の超高層ビル群です。



パークタワー晴海 建築計画のお知らせ

 建物は竣工していますが建築計画のお知らせはまだ設置されていました。入居開始は2019年9月予定のため、ここは入居できる状態になった日を完了予定としているようです。

■物件概要■
名称:パークタワー晴海
計画名:(仮称)中央区晴海二丁目計画
所在地:東京都中央区晴海二丁目104番、105番(地名地番)
用途:共同住宅、保育所、店舗
総戸数:1076戸(他に保育施設1区画、店舗1区画)
階数:地上48階、地下1階
高さ:169.99m(最高高さ178.49m)
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:19,161.72
建築面積:5,110.66
延床面積:120,790.75
建築主:三井不動産レジデンシャル
売主:三井不動産レジデンシャル、近鉄不動産、JX不動産、新日鉄興和不動産、住友商事
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2014年8月1日着工〜2019年2月竣工
入居:2019年9月下旬予定

大規模リノベーション中!一部外観が見えるようになった「大手町ビル」の工事状況(2019.4.20)

大手町ビル

 大規模リノベーション中の「大手町ビル」(地上9階、1958年4月竣工)の新しい外観が一部見えるようになっていました。リノベーションの工期は2018年5月下旬から2021年3月までとなっているため、外観が見られるようになるのはまだまだ先かと思っていましたが早かったです。



大手町ビル

 「大手町ビル」は大手町の超高層ビル群の中にある東西約200m超もある横長の低層ビルです。大手町では低層のビルがどんどん超高層ビルへ建替えが行われていますが、ここは建替えは行わずリノベーションによる機能更新を図ることになっています。当ブログは超高層ビル専門のブログですが超高層ビルに囲まれた場所のため載せています。



大手町ビル

 撮影したのは4月20日で足場の撤去などを行っている最中でしたので、GW前にはこちら側の外観は見えるようになっていそうです。



大手町ビル

 それにしてもこのレンガ調の外観は良かったです。完成予想図を超えていました。



大手町ビル

 この青っぽい窓もいいですね。



大手町ビル

 レンガ調の外壁は一部でその隣はまた違う感じとなります。



大手町ビル

 レンガ調の外壁が格好良すぎたのでこちら側は普通に感じますが、こういったのは好みの差が大きいかもしれないですね。



大手町ビル

 ズームするとこのような感じになっています。



大手町ビル

 皇居側は足場を組み始めたところのようでこれからリノベーション工事が始まるようでした。こちら側は「石垣」をモチーフとした外観となります。



大手町ビル
完成予想イメージ(西側)[出展:三菱地所]



大手町ビル
完成予想イメージ(東側)[出展:三菱地所]

 実際に見た外観は鮮やかなレンガでこの完成予想イメージを超えていました。



大手町ビル
完成予想イメージ【南北通路(中央北側)】[出典:三菱地所]

 東西約200m超と横長のビルですが、この建物中央には貫通通路が整備されます。ちょうど「丸の内仲通り」の延長となる感じになります。



大手町ビル
完成予想イメージ【南北通路(北側入口)】[出典:三菱地所]

 その南北通路内はここも東西でデザインが異なる外壁となるようです。



大手町ビル
完成予想イメージ(7階ラウンジ)[出典:三菱地所]

 7階の中央部分には就業者が自由に使うことが出来るランジ及び丸の内仲通りを一望できるテラスが設置されます。



大手町ビル
完成予想イメージ(7階テラス)[出典:三菱地所]

 ラウンジから夜景を眺めながらリフレッシュしてまた仕事という図だと思いますが…残業しないで帰りましょう。



大手町ビル
完成予想スケッチ(屋上)[出典:三菱地所]

 屋上にはオフィスビルとしては国内最大級となる約4000屬硫鮎緜躅爐整備されます。7階ラウンジ、テラスは就業者のみですが、屋上については使用者について特に記載はなかったので一般の人でも行ける空間になるのかもしれません。



大手町ビル
完成予想イメージ(屋上)[出典:三菱地所]

 超高層ビルに囲まれた場所ですが細い路地側なので静かに休める場所となりそうです。



大手町ビル
完成予想イメージ(屋上)[出典:三菱地所]

 目の前は「大手町タワー」(地上38階、高さ199.7m)の「大手町の森」があるため遠くまでは見渡せませんが眺めも良さそうです。こういった大規模リノベーションもありですね。

■物件概要■
名称:大手町ビル
所在地:東京都千代田区大手町1丁目6-1
用途:オフィス、店舗
階数:地上9階、塔屋3階、地下3階
高さ:31.0m(最高高さ39.0m)
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:10,496.00
建築面積:56,984.01
延床面積:111,272.00
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所
施工者:大成建設
工期:1956年5月着工〜1958年4月竣工

リノベーション設計:三菱地所設計
リノベーション施工:大成建設
内装デザイン:メック・デザイン・インターナショナル
リノベーション工期:2018年5月下旬〜2021年3月

六本木ヒルズ西側の地上54階、高さ200mタワマン「西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業」の都市計画決定!

西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
再開発建物完成イメージ[出展:野村不動産]

 昨日、2019年4月19日に「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」について、港区より都市計画決定の告示がなされたと野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店より発表がありました。

 今回の発表では階数などの情報は記載されていませんでしたが、2月に縦覧できた港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の情報(そのときの当ブログ記事)と合わせると「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」は住宅やホテルなどで構成され地上54階、最高高さ約200m、敷地面積約10,250屬紡个靴瞳築面積約5,090屐延床面積約99,700屬竜模で、2020年度から解体工事を始め、2021年度着工、2025年度竣工予定となっています。

▼野村不動産:ニュースリリース(2019年4月19日)
『西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業』都市計画決定のお知らせ



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
超高層棟低層部イメージ[出展:野村不動産]

 このように低層部は商業施設とオフィスフロアとなります。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
広場イメージ[出展:野村不動産]

 大きくはありませんがこのような広場も整備されます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
断面図[出展:港区]

 2月に公開されていた断面図です。当時の情報ではフロア構成は1、2階に商業施設、3〜5階に事務所、6階に駐輪場、そして7階〜47階が住宅フロアとなり、48階〜54階がホテルという複合ビルとなります。

 住宅部は地権者住戸を含めて約550戸で、たぶん分譲になるかと思いますが全戸億ションでも不思議ではない立地です。1キロちょっと離れた場所では「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」で日本一高いタワーマンションが建設されたりもしますが、こういった富裕層向けのタワーマンションの需要ってどれくらいあるんでしょうね?自分には縁のない世界なので想像が付きません。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:野村不動産]

 このように周辺の寺社を再開発に取り込んで容積率アップを図っているのでしょうか?寺社の周りには広場が整備され、六本木通り側に超高層棟が配置されます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 場所はこのように「六本木ヒルズ」の西側で、その「六本木ヒルズ」とはペデストリアンデッキで接続されます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 2019年1月27日の六本木方面の空撮です。赤く色を付けたあたりが「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」(地上54階、高さ200m)の建設地となります。部屋から東京タワーが見えるかどうか微妙な位置が建設地です。

 背後の「六本木ヒルズ 森タワー」は地上54階、最高高さ238.05mのため、高さ200mは展望台部分よりちょっとだけ低い位置か同じくらいかと思います。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 そんな展望台から見下ろした「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。今は地上からだと気付かれない場所に寺社がありますが、再開発後は目の前が広場となるので目立ちそうです。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 使いまわしている写真ですが地上から見た「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 この辺りの景色が大きく変わっていきます。

■物件概要■
計画名:西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区西麻布3丁目
用途:住宅、事務所、商業、ホテル、子育て支援施設、神社及び寺院並びにこれらに付属する建築物
総戸数:約550戸
階数:地上54階
高さ:約200m
敷地面積:約10,250
建築面積:約5,090
延床面積:約99,700
事業者:西麻布三丁目北東地区市街地再開発組合(予定)
事業協力者:野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店
工期:2020年度解体着手、2021年度着工、2025年度竣工予定

全体戸数約3255戸の巨大タワマン「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2019.4.13)

勝どき東地区第一種市街地再開発事業


勝どき東地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:東京都]

 勝どきで建設中のタワーマンション「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。全体戸数約3255戸という大規模タワーマンションで参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しています。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業
断面図[出展:東京都]

 A1棟がで地上58階、最高高さ194.53m、A2棟が地上45階、最高高さ164.85m、B棟は地上29階、高さ約106mとなります。A1棟とA2棟は既に着工していますがB棟はA1棟、A2棟の完成後に建設が始まります。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:東京都]

 このようにA1棟はトライスター型(Y字型)のタワーマンションとなります。トライスター型としては日本最高層となります。A2棟は…何型と言えばいいのでしょうか?L字型でいいんですかね?低層部はオフィスフロアとなります。B棟は板状のタワーマンションとなります。

 また、A2棟の敷地内には勝どき駅まで繋がる地下通路が整備されます。そして朝潮運河には人道橋が整備されます。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。目の前は新月島川と朝潮運河で2方向が水辺という立地です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから見た建設地です。左がA1棟、右がA2棟です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 背後に見えるのはツインタワーの「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)と「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)です。この写真には写っていませんが左側にはツインタワーの「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」(地上52階、高さ177.30m)と「ベイシティ晴海 スカイリンクタワー」(地上49階、最高高さ168.95m)があります。そこに「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」が加わり巨大なタワーマンション群がますます成長します。



黎明スカイレジテル

 B棟の建設地です。今は「黎明スカイレジテル」が建っています。数年間はこのままかと思います。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」(地上58階、最高高さ194.53m)の建設地です。A1棟とA2棟で施工会社は違ってこちらA1棟は鹿島建設が施工者です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 建設地にズームです。現地に掲載されている月間工程表によると今月は山留工事が続きます。そしてGWの10連休はしっかり休むようでした。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 反対の勝どき駅側から見た建設地です。奥に中央清掃工場の煙突が見えますが、東京五輪後にはその奥に50階建てのツインタワーが建設されます。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟 建築計画

 建築計画のお知らせです。建築計画が設置された当初とは高さなど少し修正が入っています。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:約1590戸(以前の情報)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300
延床面積:181,422.61
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定




勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」(地上45階、最高高さ164.85m)の建設地です。こちらは清水建設が施工者です。

 黒いタワーマンションは「勝どき」駅直結の「勝どきビュータワー」(地上55階、高さ193m)です。「勝どき」駅の位置を知るときに目印になるタワーマンションです。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 建設地にズームです。現地に掲載されている月間工程表によると今月は架設工事、液状化対策工事、土工事が行われています。こちらもGWの10連休は工事が休みとなります。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 「勝どき」駅に一番近い側から撮影。この角地に「勝どき」駅に繋がる地下通路の出入口が建設されます。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

 A1棟とA2棟の間から見たA2棟の建設地方面です。この角地には地上3階、高さ17mのA3棟が建設中で、この場所にあった「臨港消防署月島出張所」が再び戻ってきます。



臨港消防署月島出張所

 今はA2棟とB棟の建設地の境目に「臨港消防署月島出張所仮設庁舎」として移転しています。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟 建築計画

 建築計画のお知らせです。こちらは施工者が未定から清水建設になったくらいで、建築計画が設置された当初とは数値などの修正はありません。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:約1070戸(以前の情報)
階数:地上45階、地下2階
高さ:159.35m(最高164.85m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745
延床面積:138,312
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定

刈谷市最高層タワマン!地上28階「エクセルグランデ刈谷銀座タワー」の建設状況(2019.4.6)

エクセルグランデ刈谷銀座タワー

 名鉄三河線「刈谷市」駅から徒歩5分の位置で建設中の「エクセルグランデ刈谷銀座タワー」(地上28階、高さ95.10m)です。刈谷市で最高層となるタワーマンションです。

 ところで普段は関東がメインのブログのため刈谷ってどこ?って思う人も多いと思いますが、「刈谷市」駅は名古屋駅から1回乗り換えで40分くらいの場所です。隣の「刈谷」駅はデンソー本社がある場所です。



エクセルグランデ刈谷銀座タワー

 「刈谷市」駅側から見た「エクセルグランデ刈谷銀座タワー」です。21階部分まで建設が進んでいました。右側の20階部分に共用施設としてスカイラウンジとゲストルームが設置されます。



エクセルグランデ刈谷銀座タワー

 公式HPを見ると第3期の7戸が82.5屐103.46屬3420万円〜5890万円、先着順で82.52屐188.64屐3140万円〜1億5270万円の9戸が販売となっています。



エクセルグランデ刈谷銀座タワー

 その1億5270万円の部屋の間取りです。188.64屐4LDK+N+2WIC+SIC)で1フロア独占です。バルコニー面積だけで108.54屬妊▲襯魁璽廚筌肇薀鵐ルームを足すと300崢兇┐箸覆辰討い泙后タワマンで1フロア独占は夢ですね。



エクセルグランデ刈谷銀座タワー

 裏側から撮影。借地期間63年の物件です。



エクセルグランデ刈谷銀座タワー

 エレベータホールからも景色が楽しめそうです。タワーマンションのエレベーターはそれなりの時間を待つことが結構あるので、景色が見られるエレベーターホールがあるマンションは好きです。



エクセルグランデ刈谷銀座タワー

 「刈谷市」駅のホームから見た「エクセルグランデ刈谷銀座タワー」です。次回訪問時は完成後か上棟後だと思うのでもうちょっと見えるようになっているかと思います。



エクセルグランデ刈谷銀座タワー

 刈谷市宅地開発事業指導要領に基づく開発事業です。

■物件概要■
名称:エクセルグランデ刈谷銀座タワー
事業名称:銀座AB地区整備事業
所在地:愛知県刈谷市銀座三丁目34-1、31-2、124、銀座四丁目10-1、21、寺横町五丁目89、93
用途:マンション、駐車場、テナント施設、保育所等
総戸数:81戸
階数:地上28階
高さ:95.10m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積:6,305.17
建築面積:3,571.94
延床面積:15,813.43岫
建築主:角文
設計者:鵜飼哲矢事務所
施工者:日本国土開発
工期:2017年9月1日着工〜2020年2月竣工予定
入居:2020年3月予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク